« 大晦日 | トップページ | 謹賀新年 »

PCR検査だけにこだわる

2a57215c0b7a443d94eec0706e71705c 大晦日に東京都の新型コロナウィルス感染者が1,337人にもなりました。888人、949人、944人と増え続け、ついに千人を超えたのです。

 新型コロナウィルス感染については、ニュース・マスコミ・政府の意見や報告は、PCR検査の感染者の数や重傷者の事しか告げていません。検査結果の情報だけで、コロナ感染が減ると思えますか?

 検査結果よりも感染者の数を減らすことが最重要に決まっています。減らすためには、GOTOトラベル禁止・クラスター禁止だけでは成果が得られませんでした。自宅にこもることを政府が要請したにもかかわらず、家族全員が感染した事実がいくつもあるくらいです。

 新型コロナウィルスの感染の根拠を正確に理解しなければなりません!感染は飛沫感染と空気感染です。感染者の呼気や咳・クシャミから飛沫したウィルスは、周囲の人に直接の飛沫感染と、空気感染をします。エアロゾル・スタイルで空気中を浮遊するのです。それも2時間もです。1分間に1メートル浮遊したとして、2時間で120メートルも浮遊し続けるのです。感染者が飛沫しながら、200メートル歩けば320メートル以上も広がるのです。

 人体の感染経路は空気吸入だけではなく、目からも侵入します。マスクだけでは防ぐことは出来ないのです。ですから空気感染を積極的に防止するのです。

Fa24d7cfe3954425bd6b6856b4fd8c59

 コロナウィルスを殺菌できるのは、アルコールと次亜塩素酸水溶液=次亜水しかありません。アルコールは、手の消毒とスプレー噴霧で家具などの消毒はできますが、人にスプレー噴霧したり、室内に常時ミスト噴霧はできません。その理由はアルコールで気管や皮膚や目などに酸化炎症を起こすからです。ですから、空気飛沫感染の新型コロナウィルスを殺菌することは出来ないのです。

 次亜水は手の消毒はもちろんのこと、うがい、吸入、空気のミスト噴霧が出来ます。しかし政府が次亜水の噴霧すると副作用があるかもしれないと、否定した6月初旬頃から、感染者の数は増え始め、第二派になり、さらに現在では第三波になりました。政府も自分たちの体を使って、真実を見つけるべきだったのです。私は去年2019年の9月から次亜水の噴霧を使い続けて、身体的にも精神的にも全く異常はありません。

Jiasuimist6_20201203165001 感染者の数だけにこだわるのではなく、積極的に感染防止対策を具体的に公表すべきです。日本中、そこら中に次亜水噴霧器を設置すれば、感染者はー十分の1以下になるでしょう。飲食店、レストラン、コンビニなどの販売店、病院の待合室・診察室・廊下・病室、会社の受付・事務室・会議室、映画館、コンサート会場、調理室、歩道など全ての場所に次亜水ミスト噴霧器を設置するべきです。噴霧器は高価ではありません。1台2万円程度です。その程度の価格で自分の命を守ることできるのです。

 

 

|

« 大晦日 | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大晦日 | トップページ | 謹賀新年 »