« 間質性膀胱炎の原因 | トップページ | PSA値と排尿障害 »

ウィルスと人体の生命体としての違い

Jintaivirusイラストで示したのは、人間の細胞とウィルスの生体を示しました。

人体の細胞の大きさは、20μm=0.02ミリです。コロナウィルスの大きさは、0.1μm=0.0001ミリです。コロナウィルスは人間の細胞の1/200しかありません。他にも色々な違いがあります。

人体は細胞の数が60兆個が集合して、総合体を形成しています。脳細胞から神経を伝って各臓器に命令をしています。消化管を経由して食べ物から、エネルギー・ビタミン・ミネラル・タンパク質を吸収して、肝臓で人体に相合するように処理します。人体の内部環境を維持するのが血液で、血管が補助します。その血液を送るのが心臓です。さらに肺呼吸を経由して、必要な酸素を心臓が送り続けています。体に出来た不必要な物質は、肝臓と腎臓で処理されて、胆汁・尿で排泄されます。食べ物の残骸は排便として人体から排泄されるのです。 

Corona4

ところが、ウィルスは自分1人では増殖できません。男女の区別もないのです。ただひたすら人間の細胞に侵入して、人間の細胞に自分の体をコピーして作ってもらうのです。人間の細胞とウィルスの鑑別を具体的にイラストで表現しました。

ウィルスの中心の遺伝子であるRNAは、塩基が3万個で出来ています。人間の細胞の核内に存在する遺伝子はDNAで塩基の数が30億個もあり、ウィルスの10万倍です。ウィルスと細胞の大きさの比較の200倍よりもはるかに大きい倍率です。

ウィルスは人間に侵入して人間の細胞でコピーしてもらいます。6時間で100万個にもなります。しかし母体のウィルスは分解して存在しないのです。その点、人間は50年もかけて5人の子供が作れます。細胞の数は、60兆個✖️5人で300兆個にもなるのです。さらに母体も80年も生きれるので、ウィルスとはかなりの段差です。

こんなに素晴らしい人間ものお陰で。自分の子孫を100万個も作ってくれるのに、何の感謝もしないばかりだけではなく、人間を殺してしまうのです。何と卑劣な生命体なのでしょう。コロナウィルスい何の感情もないのですから、殺しても罰は当たりません。ですから積極的に殺すべきです。

Corona6

殺すために人間の体を使う、薬剤・点滴・ワクチンではなく、コロナウィルスと同じ無感情の次亜塩素酸水溶液=次亜水で殺すべきです。空気感染ですから、エアロゾルを次亜水のミストで殺菌しましょう。絶対に罰は当たりません。

私が親身におつきあいして頂いているミネラル株式会社は、収益を無視して、真面目で清潔で人間のために一生懸命に次亜水を販売している企業です。無感情のコロナウィルスを徹底的にやっつけてくれるでしょう。

|

« 間質性膀胱炎の原因 | トップページ | PSA値と排尿障害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 間質性膀胱炎の原因 | トップページ | PSA値と排尿障害 »