« 膀胱出口の欠点#3 | トップページ | 前立腺ガンの発生率が高い理由 »

コロナ感染の後遺症は何故続くのか?

2928bacc120f4d999bc18930edbe7262 テレビニュースで、コロナ感染になった当時に無症状だった感染者が、コロナ感染が陰性になったのに、次第に後遺症が出ていると発表されました。

30代の感染者の77%が一番多いそうです。後遺症症状として、頭痛、倦怠感、脱毛、その理由が判明していません。味覚障害、嗅覚障害です。それについて、これから考えてみましょう。

コロナ感染によって、全ての細胞が傷害を受けるのは当然です。感染した当初は、肺炎などで呼吸困難が出現して、人工呼吸器を装着しても、治らずに亡くなられた方が多かったのです。

Plasma2

 通常の細胞は、感染し死滅しても、すぐに再生されて蘇るのは当然ですね? 例えば、ケガや火傷で皮膚が欠損しても、1ヶ月も治療を続ければ、新たな皮膚が再生しますよね?

 ところが、怪我の際に腕の神経を切断されたら、皮膚は再生しますが、神経が再生することは無いですね。それから考えれば、コロナ感染して呼吸困難になって、自発呼吸が回復せずに亡くなった方の理由は、肺炎だけではなく、呼吸器の神経細胞が死滅して再生されなかったからです。神経細胞には、電気信号を伝達するために、1個の細胞に1,000個以上のミトコンドリアが存在します。普通の細胞は100個前後ですから、生命体から観れば永久細胞と考えてしまうのでしょう。だから再生企画はないのです。

135e8fcf047c4ffb97c75ede2cb3a445  頭痛は脳の血管血流を維持するための神経が傷害を受けて再生されないので、脳血流のバランスが乱れて、結果、頭痛になるのです。

2c36c273038d460f93c9fe39f03d75b7 倦怠感は、体のバランスを維持する自律神経、交感神経と副交感神経のバランスが壊れたのです。特に交感神経が傷害を受けると元気が無くなり、副交感神経が優位になるので、動き回るとダルさが出るのです。それが倦怠感です。

味覚障害や嗅覚障害も神経そのものですから、傷害を受けると、味覚神経・嗅覚神経は当然再生しません。

3101389b7f164828b4ec303623bbbbcc コロナ感染の前まで、脱毛の主な原因は、自己免疫疾患によるものだとされています。その理由が細胞を攻撃するTリンパ球が、毛根の細胞を異常細胞と錯覚して攻撃するからです。もしもそうだとすれば、コロナ感染で異常に増殖したTリンパ球が、間違って毛根の細胞を攻撃したのです。するよ、免疫細胞は、その後、毛根の細胞をが感染細胞と誤解し続けるので、後遺症として脱毛が継続するのでしょう。

3929e852ff334275929acb9d928e7d00 しかしながら、他の後遺症症状、例えば手足の痺れや麻痺、難聴、視覚傷害にならないのでしょう? 恐らく呼吸器感染だからなのでしょう。上気道感染だから、嗅覚障害、味覚障害、肺炎、呼吸困難になるのです。コロナウィルスは目からも侵入しますが、涙腺でノドに侵入するので、やはり上気道感染です。耳からは鼓膜がウィルスをブロックするので侵入できないのです。手足の末梢神経は、上気道感染からは大分離れているので感染しないのです。

7213f03e0cb6459981060e1476e7634f もしかすると、コロナウィルスの気持ちで、このような現象が起きるのかもしれません。その理由は、感染した人が視覚が完璧で、手足を使って動き回り、そこら中で、咳やクシャミで感染者を増やして欲しいからです。

 以上の事から、コロナ感染症は、どう考えても空気感染です。マスクをしていても目から侵入します。伊達メガネをして目からの侵入を防ぐべきです。また、次亜水ミストスプレーを持ち歩き、外出から帰ったら必ず噴霧して吸引してください。またコップに次亜水をスプレーしてウガイをしてください。

 

|

« 膀胱出口の欠点#3 | トップページ | 前立腺ガンの発生率が高い理由 »

コメント

高橋先生、今日はありがとうございました。
お薬を処方していただいたのに、先生にお話を聞かせていただいたり、先生の笑顔を拝見したら....今日は薬が欲しいような症状が全く出ませんでした。
有り難いばかりです(;_;)本当にいつもありがとうございます!
又、コロナの人数が増え不安が大きくなりつつ有りましたが、
先生のお話にまたあらためて勇気づけられました。次亜水や伊達メガネで対策を続けたいと思います。

ミネラルパウダー、味がマイルドになることを早速実感しました*^^*
続けることが楽しみになりました♫

高橋先生、いつもありがとうございます。
先生、お体ご自愛ください*^^*

投稿: YANASE | 2020/11/19 23:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 膀胱出口の欠点#3 | トップページ | 前立腺ガンの発生率が高い理由 »