« 何故に免疫抗体が出来ないのか? | トップページ | イソフラボンに効果がある理由 »

普及協会の意見広告

30ba986256af42ac8bc4103bd9ba766d

次亜塩素酸水溶液普及協会が次亜水のコロナウィルスに対する殺菌消毒作用と人体への安全性について、正式に意見広告を出しました。この写真は、週刊文春の記事です。

Jiasuiasahi

朝日新聞にも意見広告を出しました。これで次亜塩素酸水溶液の安全性と重要性が国民に認識されれば、コロナウィルス感染者数は、絶対に減少するでしょう。

 

Jiasuimist3

 その考えをもう少し詳しく解説しましょう。

 アメリカでは、1日の感染者数の最高が21万人です。日本人のようにマスクはしない、手を洗わない、土足で家に入るなどが原因です。空気感染が100%効果が出るのです。

Jiasuimist4

 それと比較して、日本では、1日の感染者数の最高が、2,500人です。アメリカと違い、マスクをして、手を洗い、土足で家に入らないからです。人口を換算しても、28倍もの感染者がアメリカに多いのです。それでも1日2,500人も日本で感染するのは、コロナウィルスが飛沫感染で眼に付着して、さらに鼻涙管を介して鼻腔内、口腔内にウィルスが侵入するからです。 

Jiasuimist5 日本の感染者の数を少しでも減らすためには、眼からの侵入を回避すれば良いのです。その方法として、❶メガネや伊達メガネをする。❷自分の存在する場所に、次亜水(次亜塩素酸水溶液)をミストする。

以上のことから、空気飛沫感染をするコロナウィルス感染症に対しては次亜水ミストが必要です。

 

 

|

« 何故に免疫抗体が出来ないのか? | トップページ | イソフラボンに効果がある理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 何故に免疫抗体が出来ないのか? | トップページ | イソフラボンに効果がある理由 »