« GO TO キャンペーンが続く理由 | トップページ | 何故に免疫抗体が出来ないのか? »

ファイザー製薬のコロナウィルス・ワクチン

コロナウィルス・ワクチンがアメリカで近日開始するそうです。そして日本でも、政府が、このファイザー製薬のワクチンを購入します。

55fe134f331b454aa18faa1686156056

 ファイザー製薬のメッセンジャーRNAワクチンが、通常のワクチンと、どのように違うのか解説されていませんので、私なりに考えてみました。

 初めのイラストはアビガンとレムデシビルの薬効について、以前に私が作成し解説したものです。コロナウィルスが細胞内に侵入すると、核内にコロナウィルスRNAが侵入します。DNAの前に入り、RNAポリメラーゼを利用して、自分を作るメッセンジャーRNA(mRNA)を変化させるのです。そしてメッセンジャーRNAが、リボソームを利用して、コロナウィルスRNAと外殻タンパク質を大量に作らせるのです。

 今回のファイザー製薬のコロナウィルス・ワクチンは、ウィルスが作ったメッセンジャーRNAを体内の免疫システムを使って攻撃させるためのワクチンなのです。しかし、細胞内に人体の免疫システムの何が入り込むのでしょう。マクロファージも白血球も大きな細胞で、一般の細胞内に侵入はできません。すると、細胞外に居ても、感染したメッセンジャーRNAを認識出来るのでしょうか?

Mrna5_20201126105401  もしかすると、感染した細胞から大量のメッセンジャーRNAが周囲に漏れ出てしまい、それが近くの細胞に入り込み、コロナウィルスをコピーするのかもしれないですね。すると、感染した細胞の表面には、メッセンジャーRNAがたくさん付着しているので、ワクチンで作られたIgG抗体が、周囲のメッセンジャーRNAに付着するので、マクロファージ・白血球が、その感染細胞を貪食するのでしょう。

 一般的なワクチンは、ウィルスの外殻のタンパク質に反応するだけでづ。メッセンジャーRNAに反応するとは、コロナウィルスの増加システムに対して、細かく詳細に治療出来るのでしょう。

 

|

« GO TO キャンペーンが続く理由 | トップページ | 何故に免疫抗体が出来ないのか? »

コメント

先生、ご無沙汰しております。臍炎の際にお世話になりました。ありがとうございます。
ワクチンのこと難しくてよくはわからないのですが、インフルエンザのワクチン打って2日後の今日、ちょっと痛いし触ると熱を持っていて、赤く腫れてしまいました。去年は何ともなかったのですが、大丈夫でしょうか...
【回答】
大丈夫です。

投稿: 50代女性 | 2020/12/02 20:06

先生ありがとうございました!地元のコロナ感染が倍の勢いで急増しており、ちょっとした体調の変化にも不安を感じてしまいます。知らないうちに感染していたらと怖いです...

投稿: 50代女性 | 2020/12/12 05:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« GO TO キャンペーンが続く理由 | トップページ | 何故に免疫抗体が出来ないのか? »