« イソフラボンに効果がある理由 | トップページ | 奥さんの反応 »

サバクトビバッタ(砂漠飛びバッタ)

D6a472c23fb946deaf7daf35d9ea7188 アフリカでは現在、バッタが異常繁殖をして、畑を食い荒らしています。豪雨の悪天候が原因で、異常に繁殖したそうです。バッタの寿命は3ヶ月〜6ヶ月で、3ヶ月に3回卵を産み、1匹のメスが240匹の子供を生みます。6ヶ月後には2代目のバッタも卵を産み400倍にさらに1年後には16万倍になります。つまり1匹が1年後には16万匹にも繁殖するのです。300匹が1年後には4千万匹を超えるのです。

3c95ef15daa342c5b47ce41985d77931  4千万匹のバッタが1日食べる農作物が、3万5千人分を食べられてしまうのです。また、バッタの集団が、農作物を次々に食べるために1日100Kmも移動するそうです。

Batta2 アフリカの住民は、それをただ単に見ているだけです。ヘリコプターで殺虫剤を巻いていますが、効果があるとは思えません。住民の一人ひとりが大きな網などでコツコツとバッタを採取すれば、バッタの数は必ず少なくなります。10人くらいで、大きな網をグルグル回してたくさん取れたら、網の中のバッタを足で踏みつけて殺虫して、網を空っぽにしたら、またグルグル回すのです。この操作を10回も行えば、1人で千匹以上も捕獲できます。10人で1万匹以上、100人で10万匹を捕獲死滅できます。

 この現象は、コロナウィルス感染の拡大と似ていませんか?手の消毒とウガイだけで感染を抑えることはできません。空気感染ですから、一人ひとりが次亜水を噴霧したり、部屋の中をミストしたり、次亜水でウガイをすれば、かなり抑えることができる筈です。政府が当初、次亜水を否定したので、日本全国に普及しなかったのです。クラスター感染を防ぐためには、喫茶店、料理店、会議室、映画館、コンサート会場、病院、駅の構内に次亜水のミスト器を設置すれば、かなり防げた筈です。単純な事をコツコツと行えば、コロナウィルスのコツコツと繁殖することを抑えることができたのです。

 

 

|

« イソフラボンに効果がある理由 | トップページ | 奥さんの反応 »

コメント

No.37960です。
先日は電話で副作用についての相談乗っていただきありがとうございました。
最近、先生のblogいつも見てます。症状が気になっていろいろ読んでますが、他の内容の記事もとても興味深く読んでいます。
まだ調子変わらずなので...また次回、薬の変更や手術の検討について等色々相談させてください。
あと、質問なのですが、他院でとったCTの結果など取り寄せて持参したほうが参考になりますでしょうか?
【回答】
必要ありません。

投稿: よ | 2020/12/01 19:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« イソフラボンに効果がある理由 | トップページ | 奥さんの反応 »