« 薬の処方量 | トップページ | アルツハイマー認知症と口内細菌 »

前立腺肥大症にα1ブロッカーが効く理由

 前立腺肥大症の患者さんに、排尿困難や頻尿や尿意切迫感の治療でユリーフやハルナールなどのα1ブロッカーを処方すると、症状が軽快します。泌尿器科学会の公式のテキストを読むと、α1ブロッカーが前立腺の平滑筋をゆるめてくれるから、尿道の圧迫が軽減して排尿が改善するからだと記載されています。この理論をイラストで示しました。

Alfab1 これが前立腺の平滑筋がα1ブロッカーでゆるみ、尿道が圧迫されないでオシッコが出やすくなる説明のイラストです。前立腺の平滑筋がゆるんでいるので、尿道が圧迫されていないので、オシッコがスムーズに出ると言うことを示しました。

Alfab2 ところが、前立腺肥大症の多くの人は、前立腺が膀胱側に飛び出ているのが普通です。右のイラストは、膀胱が収縮して前立腺に膀胱圧力がかかっている状態です。出っ張ってる膀胱出口に膀胱内圧がかかると、前立腺がゆるんでいるとすれば、前立腺が柔らかくなっているので、膀胱出口は閉じてしまいます。この状況でオシッコがスムーズに出ると思えますか?どう考えても間違いでしょう?ですから、前立腺の平滑筋がゆるむから、前立腺肥大症の症状が軽快すると言うのは嘘です。

 医学理論は概念だけで構成されてしまいますから、間違った理論になってしまうのです。医学は生物学だけでなく解剖学的・物理学的・構造学的視点で考えなければならないのです。イラストで示したように前立腺の平滑筋が緩むだけで、排尿が改善する訳がありません。逆に尿の出が悪くなるはずです。

Alfab3 本当は膀胱出口を囲む平滑筋で作られている「膀胱括約筋」をα1ブロッカーが緩めてくれるので膀胱出口が開き易くなり、排尿が改善するのです。イラストの左はα1ブロッカーで膀胱出口が緩んでいる状態を示します。膀胱内圧がかかると、前立腺は硬いままでも出口は開くので、尿がスムーズに出るのです。

 膀胱括約筋は前立腺ばかりでなく、女性の膀胱にも当然存在します。ですから前立腺肥大症で処方する全てのα1ブロッカー(ユリーフ・ハルナール・フリバス)が女性の方にも効くのです。でも、女性には健康保険では、前立腺肥大症の薬ですから処方できないのです。………残念です。政府の厚生労働省は病気の本質が正確には分かっていないのです。エブランチルと言うα1ブロッカーが神経因性膀胱と前立腺肥大症には適応が許可されていますから、女性患者さんに保険で処方できます。だったら、前立腺肥大症の治療薬であるユリーフやハルナールも適応を認めるべきです。

 

|

« 薬の処方量 | トップページ | アルツハイマー認知症と口内細菌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 薬の処方量 | トップページ | アルツハイマー認知症と口内細菌 »