« 慢性前立腺炎の患者さんに隠れた病気 | トップページ | 患者さんへのお知らせ »

ペットの病い

7b301dd8c71543ba95285b66d2280346 数日前から、13歳のペットの体調が悪くなりました。いつもガバガバと食欲があったのに、急に食べなくなったのです。奥さんが心配して、日頃かかっている動物病院に行きました。血液検査をすると、驚くべき事実が分かったのです。貧血と腎機能低下の検査結果だったのです。私と同じ腎不全になってしまいました。人間のように定期的に透析は出来ません。そして医師から予後があと1ヶ月から3ヶ月と診断されたのです。悲しい気持ちです。妻に抱かれて落ち着いています。

|

« 慢性前立腺炎の患者さんに隠れた病気 | トップページ | 患者さんへのお知らせ »

コメント

高橋先生
ワンちゃんの具合が悪くなると悲しいですね。
お察しします。
我が家の愛犬も15歳の時具合が悪くなり
獣医さんの診察で腎不全と診断されました。
もって3ヶ月との宣告をうけました。
透析はできないのでできることは脱水対策で
皮下点滴をするくらいと言われました。
毎日獣医に連れて行くのも難しいので
点滴セットとリンゲル液をもらってきて
自宅で点滴治療をしました。
その甲斐もあってそれから1年半がんばることができました。
先生のワンちゃんにもいろいろできることがあると思いますので大事にしてあげてください。
【回答】
ありがとうございます。

投稿: 愛犬家 | 2020/02/18 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慢性前立腺炎の患者さんに隠れた病気 | トップページ | 患者さんへのお知らせ »