« ウィルスによる肺炎 コロナウィルス#2 | トップページ | ウィルス感染の対策 次亜水 コロナウィルス#4 »

新型コロナウィルスの状況 コロナウィルス#3

Coronapp

透析クリニック(品川腎クリニック)の主治医の加藤先生に、新型コロナウィルスが日本で流行したら大変ですね?とお話しをすると、その先生から最新の文献(2020年1月24日)を頂きました。この文献のグラフが右のようです。発熱発症して7日目で41人(100%)が入院すると、8日目に21人(51%)が呼吸障害を来たし、9日目には11人(27%)が急性呼吸困難症状が出現し、10.5日目には16人(39%)が最終的な悪化状態になりICU入院になります。要するに、発熱してから10日目で39%の感染者が重篤になりICU入院したのです。ですから、コロナウィルス感染症が流行した場合は、発熱したら、そのまま放置しないで、直ぐに治療しなければなりません。

Corona2pp

症状は次の通りです。

発熱:37.3℃以下2% 37.3~38.0℃20% 38.1~39.0℃44% 39.0℃以上34% 
咳:76% 筋肉痛/倦怠感:44% 喀痰:28% 頭痛:8% 喀血:5% 下痢:3% 呼吸困難:55%
発症後呼吸困難までの日数:8日間

 

写真は、肺炎を起こした患者さんの胸部CT検査の所見です。
【A】の患者さんは40歳男性で、発熱してから何と15日間も放置した人です。CT所見では広範囲に渡って肺炎の所見が認められます。
【B】の患者さんは53歳女性で、発熱後8日間の写真です。すりガラス様陰影が明確です。
【C】発熱後12日間の写真です。陰影が薄くなってきています。炎症が軽快したのです。

6795a3dbf31c4f88b16bb6cdad374c9eさらにインターネットで見つけたSARSと新型コロナウィルスとの比較が表のようです。最近の情報によると、死亡率は5.5〜11%と言われていますから、SARSよりも悪性度が高いようです。

 

|

« ウィルスによる肺炎 コロナウィルス#2 | トップページ | ウィルス感染の対策 次亜水 コロナウィルス#4 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ウィルスによる肺炎 コロナウィルス#2 | トップページ | ウィルス感染の対策 次亜水 コロナウィルス#4 »