« 大晦日 | トップページ | 四季と神々 »

謹賀新年

C6b7131e22064fba9277c73ded51bcf0 53087e530a7c49b8b03b24bb9e66c968 明けまして、おめでとう御座います。皆さん、今年こそさらにお元気でご活躍下さい。

 

|

« 大晦日 | トップページ | 四季と神々 »

コメント

「懐中電灯やろうか?足元、大丈夫?」

あの日、既に暗くなったクリニックの前の道を杖をつきながら歩き出した私に高橋先生はそのように声掛けして下さいました。

あの日は本当に長時間の闘いでしたね。
正午過ぎに始まった手術の麻酔は何回打っても、私の身体が受け付けず、高橋先生を困らせました。
どうしても手術を諦めたくない私に、しかし時間だけが悪戯に過ぎて行き高橋先生も本当にお困りの様でした。
「もう一本だけやってみよう。」
その一本が入ったのは実に15時を回ってからの事でした。

手術時の高橋先生は診察時とは雰囲気がまるで違い様々な話を深い領域で楽しそうに話されていらっしゃいました。
一体、どれだけの話をどれほどの時間をかけて話して下さったのだろう?かと、今は懐かしく思い出します。

高橋先生の熱意と執念と直向きさとで無事に手術も終わり、しかし私が歩き出したのは20時になってからの事で
高橋先生は本当に長時間の闘いで、お疲れだった事と思います。

「懐中電灯やろうか?」
夜空に響いた、その声を私は生涯忘れない事でしょう。
そこには最早、医師と患者という関係性を超えている
人としての関わりの理想郷を感じました。
最後に高橋先生がコンビニに走られ、
「これを食べて頑張りなさい。」と、手術台の上に横たわっている私におにぎりを渡して下さった事を申し添えて
今日はこの辺で終わりにしたい思います。
【回答】
人生はいろいろな事がありますね。

投稿: | 2020/01/08 22:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大晦日 | トップページ | 四季と神々 »