« 天皇陛下の祝賀パレード | トップページ | いろいろな患者さん#8 »

いろいろな患者さん#7

ある日、青年が尿道炎で来院しました。尿道から膿が出たと言うので、おそらくは淋菌生尿道炎=淋病と診断し、特効薬を処方しました。その後の2年後にも同じ症状で再び来院しました。『また遊んだのかよ?』と思いながらも、再度、お薬を処方しました。

42f32f96a9d9411ea0463589bd0e8b03 その数年後、警察官が問い合わせに訪れました。過去に2回来たその患者さんについての問い合わせだったのです。また病気にかかるかもしれないと、当院の診察券を保持していたのでしょうね。実は、目黒区で何回も虐待した末に、奥さんの連れ子の女児を死なせた犯人だったのです。犯人が精神的に異常はなかったかどうかの質問でした。「特に精神的異常は感じられませんでした」と回答しました。精神疾患であれば、告訴することが出来ないからでしょう。

その後調べてみると、亡くなった女児は、何と私と同じ「四国香川県善通寺市」で生まれたお子さんだったのです。同郷であることを知ったら、さらに『クソ〜!』と思ってしまいました。そんな悪い奴を治療してしまったことを後悔しましたが、医師としては残念ながら避けることはできないのです。(◞‸◟)⤵️

 

|

« 天皇陛下の祝賀パレード | トップページ | いろいろな患者さん#8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 天皇陛下の祝賀パレード | トップページ | いろいろな患者さん#8 »