« いろいろな患者さん#21 偽の五十肩 | トップページ | いろいろな患者さん#23 老人性イボ »

いろいろな患者さん#22 術後出血

間質性膀胱炎で手術したご婦人の術後にエピソードです。間質性膀胱炎の原因は、膀胱頸部硬化症の排尿機能障害が原因ですから、膀胱出口を切開手術をするのです。

手術後1週間ほどしてから、夕方近くになって、術後出血で患者さんが来院されました。午前中から出血が止まらないと言うのです。

Kazan

早速、エコー検査を行うと膀胱内に出血のかたまりが出来ているのです。膀胱にカテーテルを入れて膀胱を洗浄しても出血の塊は吸引できません。それどころか、洗浄液が真っ赤です。……動脈性の出血なのです。手術中に止血した動脈が、排尿でカサブタが剥がれ出血しているのでしょう。早速、緊急止血手術を決定しました。

ご主人とお子さんが待合室で待っていたので、終了するまで2時間以上かかるので、近くのファミレスで時間をつぶしてくださいとお願いしました。

仙骨神経ブロックで麻酔をかけて、緊急止血手術を開始しました。出血の塊を吸引洗浄器で吸い出し、出血部位を確認して止血していた、ちょうどその時です。患者さんが気持ち悪いと言い出し、手術を休止して、患者さんを確認したら、呼吸停止、意識消失、脈も触れません。

午前中から出血して、かなりの出血量で、さらに麻酔をかけて血圧が一気に下がったのです。マスクを当て人工呼吸をしても全く反応がありません。このままでは、出血死になります。ファミレスでお待ちのご主人とお子さんが1時間後に来た時に、どんなに辛い思いをするでしょうか!でも影は薄くありません。絶対に助かる!と

18e8026c49504db686cde2cebfc778e3 マスクして人工呼吸をしましたが、反応がありません。マスクを外して、マウスツーマウスで患者さんの口に直接私の口を当て、鼻をつまみ人工呼吸をしました。……人の呼気に『命のエネルギー』があるので、助かると以前から考えていましたから実行したのです。予想通り、数回の人工呼吸で意識と呼吸が回復しました!早速、止血手術を済ませました。意識は問題ないのですが、大量出血のために血圧が100以下なのです。輸血の必要があります。ご主人とお子さんが戻って来ましたので、経過をお話しし、輸血の必要があることを伝えました。地元の大学病院に連絡して輸血をお願いしました。

Ame4 救急車を呼び、夜11時に大学病院へ一緒に搬送しました。無事に大学病院に入院し、輸血をお願いしたのですが、検査結果で貧血が大したことがないので、様子を見ますと言われてしまいました_| ̄|◯。急な大量出血の場合、血液は濃縮され、見かけ上、正常な血液になるのです。……患者さんには「明日必ず輸血するからね。」とお話しをして、病院を出ました。真夜中の病院前で、雨に降られて傘も持たずに、ず〜っとタクシーが来るのを待っていました。

翌日の昼に見舞いに行くと、予想通り検査結果で貧血がひどく、至急輸血が5本されることになったのです。それから10日ほどしてから退院され、ご挨拶に来院されました。ホッとです。その後、ご自分の祖母も同じ間質性膀胱炎症状で、私を紹介し手術をさせたのです。嘘みたいでしょう?その後、お二人とも元気になられました。……やれやれ……。

 

|

« いろいろな患者さん#21 偽の五十肩 | トップページ | いろいろな患者さん#23 老人性イボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« いろいろな患者さん#21 偽の五十肩 | トップページ | いろいろな患者さん#23 老人性イボ »