« 比較して分かる前立腺ガンの正体 | トップページ | いろいろな患者さん#3 »

いろいろな患者さん#2

5386a627c01740c68dd17b3d46bcda07 中年で小太りのキャリアウーマンのご婦人が、高血圧で時々おいでになりました。ある日のこと、最近太ってきたので、相談に来院されました。しかし、いつもと同じ印象で太ってきたの?というイメージでした。

その後、何回か起こしになったので、エコー検査を行いました。いつもと同じで、お腹はパンパンです。ところが、お腹の中をよく見ると、腹水がたまっていたのです。通常、腹水は腹膜炎かガンの腹膜転移の場合しか考えられません。そこで、大病院で精密検査を受けるように指示しました。

後日、患者さんが不満そうなお顔で来院されました。ガンが発見されたのです。ステージⅣの末期の状態だったのです。そして、私に文句を言っていました。「私が太ったと言った時に、どうして早く見つけてくれなかったのか」と。私は謝りましたが、もっと以前から腹膜転移はあったはずだったのに……_| ̄|○。

296fd1cc9309464ca361a1284a47aa01

太った時には、すでにガンの腹膜転移あったということです。腹膜転移して腹水がたまるまでに、転移の数が相当数増えなければなりません。それから考えると、腹膜転移が始まったのは。1年以上も前のはずです。ですから、私としては仕方がないと思いました。また残念ながら、半年以上の命がある方だったので、影が薄く見えなかったのです。その後、一度も来院していません。

 

|

« 比較して分かる前立腺ガンの正体 | トップページ | いろいろな患者さん#3 »

コメント

高橋先生
ステージⅣでも半年以上、生きることができると白く見えないということですね。よっぽど、切羽詰まった状況という事ですね。
ところで、やはり、面前でその人を見ないと白く見えないものなのでしょうか。先生はご自身のお顔を鏡に写った際に白く見えたと記載されていましたが、iPhoneで撮影した写真なんかでも白く見えたりするものなんでしょうか。というのも、今度、ステージⅣbの膵臓癌の方達と年末に旅行に行こうと予約していますが、余命3ヶ月と言われていますので行けないかも、とも思っています。しかし余命も割と誤差の幅が大きいとも聞くので、写真で判明できて、白く見えなかったらもっと一緒に過ごせる時間があるなあ、と思ったもので、、、少しでも思い出を作りたいので行けると良いんですが。

【回答】
ロス疑惑事件でロサンゼルス警察に逮捕された三浦和義が、テレビニュースで護送風景が出ていました。
その時にテレビ画面を見て、影が薄いな?と思いました。
そしたら、翌日に首つり自殺したのです。
ですから、写真でも分かります。


投稿: 大塚  | 2019/11/07 14:15

特殊な能力をお持ちの方々は良かれと思って口にした事でも時には逆怨みをされたり攻撃されたり、と、口にする事によってリスクを背負われます。

それでも高橋先生が口にされるという事は、それなりの理由があっての事なのでしょう。

私は若い頃、ある宗教に狂い透視が出来ると言われていた方々に自分の寿命というものを何人も何回も見てもらいました。
今では笑ってしまう話ですが、当時は真剣そのもので、その宗教団体に一体どれだけのお金を投入してしまったのか考えるのが恐ろしいくらいです。
若さ故の大失敗でした。

今、歳を取り思うのは生老病死はままならないという事です。
宗教を熱心にやったところで病気なんて治りません。→これは悪魔でも私の考えですが。

そもそも、ままならない日々を生かされているのだから、寿命に執着しない方が良いという結論に達しました。
こう思えるのは、あの狂ったような宗教に打ち込んだ日々の産物かも知れません。

投稿: | 2019/11/07 17:19

特殊な能力をお持ちの方々は良かれと思って口にした事でも時には逆怨みをされたり攻撃されたり、と、口にする事によってリスクを背負われます。

それでも高橋先生が口にされるという事は、それなりの理由があっての事なのでしょう。

私は若い頃、ある宗教に狂い透視が出来ると言われていた方々に自分の寿命というものを何人も何回も見てもらいました。
今では笑ってしまう話ですが、当時は真剣そのもので、その宗教団体に一体どれだけのお金を投入してしまったのか考えるのが恐ろしいくらいです。
若さ故の大失敗でした。

今、歳を取り思うのは生老病死はままならないという事です。
宗教を熱心にやったところで病気なんて治りません。→これは悪魔でも私の考えですが。

そもそも、ままならない日々を生かされているのだから、寿命に執着しない方が良いという結論に達しました。
こう思えるのは、あの狂ったような宗教に打ち込んだ日々の産物かも知れません。

投稿: | 2019/11/07 17:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 比較して分かる前立腺ガンの正体 | トップページ | いろいろな患者さん#3 »