« 四足歩行から二足歩行への進化の盲点 | トップページ | 前立腺ガンの悪性度の追求 »

猪突猛進

Ecf36729756d40ca9f0f53e93bb69f4b
今年は猪年です。猪のイメージは体当たり攻撃の姿です。周囲の確認もしないまま激走して体当たりです。言葉通り猪突猛進です。
ヒトは年齢を重ねるほど、社会的立場を考え周囲のことを気にしながら生活するようになり、残りの人生のゴールも何となく見えてきて、気弱になって、どう考えても猪突猛進にはなれません。
Dd7b77b0c0324b4795b70d2646700416
テストステロンという男性ホルモンが、実は脳内の海馬で直接合成されていることが最近判明したのです。(https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2016.880342/data/index.html)
その論文によると、海馬は男性ホルモンだけではなく、女性ホルモンも合成していて、神経ニューロンの相互間の連結=シナプス結合の構築に重要な働きを持っていたのでした。
男性・女性ホルモンは、睾丸・卵巣・副腎だけで合成されて、その性的ホルモンの影響を海馬が受けていたとと思われていました。ところが、睾丸や卵巣から遠く離れた脳組織の海馬でも性的ホルモンを直接合成分泌していたのです。いわゆる輸入消費ではなく、現地生産していた地産地消という現象だったのです。
22f25530d93b4fee9abde9494536a352
更年期(50歳前後)以降の海馬では、男性ホルモンや女性ホルモンの合成分泌が低下してしまうのです。すると、神経間のシナップス結合の数が極端に少なくなり、それが記憶障害や認知症の原因になるとされています。
ですから、更年期を過ぎたら、男女問わず性的ホルモンの補充療法をすることで認知症の予防になるとされています。そう言う意味では、性的ホルモンの類似作用・代用作用のある大豆イソフラボンの摂取が必要になるかも知れませんね?

私も男性ホルモンを充実させて、海馬の状態を健全化して認知症にならないように努力します。

|

« 四足歩行から二足歩行への進化の盲点 | トップページ | 前立腺ガンの悪性度の追求 »

コメント

私はゴミ(生ゴミ、粗大ゴミ)のような人間で時間だけは、ひと様の何倍もあるので、例えば「間質性膀胱炎」、「水圧拡張」、「頻尿」などのキーワードでパソコンでいろいろと検索しています。

全国の患者さんの、その痛みや苦しみが手に取るように分かり(高橋先生の治療を受ける前の私と同じ)涙なしでは読めないです。


高橋先生の回し者ですか?
あなたは何かしらの報酬を得ているのですか?


私はどう思われてもかまわない。とにかく少しでも楽になってもらいたい。
そんな思いから高橋先生のホムペを伝えたりしています。
(本当に余計なお世話かもしれませんが。)

数年前にK先生から
「馬込まで行ってみますか?馬込には私の師匠がいます。必ず何かしらの道が開けると思います。」

このように言っていただき私は速攻で馬込に向かいました。
仮に北海道であったとしても沖縄であったとしても行く覚悟でした。

私はツイートやブログを読む度に自殺まで考えた当時の自分が重なり高橋先生の治療方法を一秒でも速く知ってもらいたいと思うのです。


投稿: | 2019/01/30 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 四足歩行から二足歩行への進化の盲点 | トップページ | 前立腺ガンの悪性度の追求 »