« 男性の下部尿路症のタイプ | トップページ | AIM »

病気と知識の関係

Ill
この宇宙がわずかしか解明されていないのと同様に、人間という小宇宙も十分に解明されていません。
もちろん人間が造る病気も解明されていません。病気の表面的な部分しか解明されていないのです。本質は全て解明されていませんから、患者さんで病気が治ったと思う方は一部です。

Ill2
イラストの四角の部分が病気のイメージです。そこに、三角形の医療知識が食い込むのです。しかし、イラストで見て分かるように、医療が病気をすべて網羅する訳ではありません。
教科書的な医学知識は、研究熱心で、論文発表が大好きで、人前に出たがりで、出世欲の強い著名な医師たちが作成した知識の結集です。中には、嘘の報告をする輩も存在します。基本的な過去の知識に対する再検討はまったくしていません。当然として、基本的知識には、古い考え方で作り上げた知識ですから、盲点がいくつもあるはずです。

Ill3
不完全な教科書的知識で病気を診て治療する訳ですから、不完全な治療になります。基本にかえって、観点を変えて病気に対処すれば、新たな解決策が必ず見つかるはずです。
病気のハッキリした原因が見つからないからと言って、気のせい、ストレスですね、と言うのは、医師として恥ずかしいことです。

東大出の森鷗外は、脚気の原因は感染症だと信じて陸軍に感染症対策を取りましたが、多くの陸軍兵士は脚気で亡くなりました。慈恵医大の開祖の高木兼寛先生は、脚気の原因が栄養素不足たと考え、海軍の兵士を一人も死なせませんでした。高木先生の考えは、当時としてはマイナーな考え方でした。

産婦人科の病気で産じゅく熱と言う感染症があり、多くの妊婦さんが亡くなりました。ある医師が、目に見えないバイ菌が原因では?と考え、手の消毒、手術器具の消毒を実施したところ、産じゅく熱が激減しました。学会で報告しましたが、当時の学会に馬鹿にされて、その医師は転落の人生を歩むことになったのです。

胃の中の常在菌であるピロリ菌が、「胃潰瘍の原因ではないか?」と言われた時に、当時の世間は、常在菌がそんな訳がないだろう!と言う反応でした。しかし、数年後には、その理論が常識になり、ピロリ菌対策で胃潰瘍は激減しました。私が、救急病院で勤務している頃は、胃潰瘍の穿孔で緊急手術をたくさん行った覚えがあります。今では、胃潰瘍の穿孔は皆無です。

新たな根拠の発見のためのヒントがあります。それは、目的の知識の証明のためのいろいろな学会報告やエビデンスを詳細に読むことです。そして、その中で、互いに矛盾する事が発見できます。その矛盾点をグラフにしたり、表にしたり、イラスト化すると、矛盾点の理由が明らかになります。そしたら、仮説をいくつか立てて、実際の臨床で実証してください。

|

« 男性の下部尿路症のタイプ | トップページ | AIM »

コメント

高橋先生
先日、ノーベル医学生理学賞をとられた本庶先生も「教科書は信じるな」とおっしゃってましたが、医学的な知識は変化しますので、常に教科書的知見には疑いの目を持って臨まないと革新的な進歩はないでしょうね。昨今の傷の治療の変化や心不全にベータ遮断剤を使ったりするようになった事等、学生時代に習ったことが、間違いや不完全である事は本当によくあります。
おそらく科学のブレイクスルーは先見性のある偉人が凄いアイデアを出すことから始まるものと思います。ニュートン力学の世界から相対性理論を打ち出したアインシュタインもそうでしょう。しかしながら、権威となった彼も新たに出てきた量子力学には懐疑的な態度を取っているのが、人間の限界を見るようでしたが、、
ところで、医師も科学者の端くれだと思うので、病気の本質を常に問いかける心構えが必要と思います。
最近、処方のしばりがきついザルティアをもらうために近所の泌尿器に通院するようになりましたが、慢性前立腺炎や膀胱頸部硬化症に対して知見はお持ちでないですね。手術を考えていることを伝えると、懐疑的でしたが、1000人以上の症例で7〜8割の方が改善していると伝えると「ふーん、やってみる値打ちはあるということですか?」という反応でした。
食い入って質問して来る印象は無かったです。
泌尿器科の医師はガンなどの直接に生命に関わる疾患には熱心な印象がありますが、命に直接的には関与しない心気的に訴える慢性前立腺炎などの疾患にはあまり興味がないようですね。患者にとってはQOLが低下して相当辛いのですが、もうちょっと、「どういう仕組みで起こってるの?」と突っ込んで欲しいところでしたが。(患者には聞けないか;笑)
それにしても、本庶先生のオプジーボは2〜3割で効いたといわれていて、免疫チェックポイント阻害の仕組みの解明でノーベル賞であれば、慢性前立腺炎の治療が7ー8割の方に有効ですので、慢性前立腺炎の仕組みが解明されたとして疾患単位として認められ、「教科書は信じるな」ということからは逆説的ですが、教科書に載って欲しいところです。
全世界で苦しんでいる患者達としてはノーベル賞ものです。本当にブレイクスルーが早く来るように願ってます。

投稿: ◯◯泰則 | 2018/10/05 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 男性の下部尿路症のタイプ | トップページ | AIM »