« 膀胱括約筋の変形 | トップページ | 膀胱炎を繰り返すご婦人 »

未病と病気

病気には必ず原因があります。
だからと言って、必ず症状が出るわけではありません。
しかし、ひとたび症状が出ると、なかなか治らない病気もあります。
その理由を簡単に示すと、右のイラストのようです。
Mibyo
原因と脊髄神経回路が密接に繋がるから、症状が発現するのです。
ところが、原因と神経回路が十分にリンクしていない、あるいは、神経回路が未完成であると、症状は出ないのです。それが、いわゆる「未病」です。
症状が出ないから安心とは言えません。例えば、慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の患者さんは、病気が発症する前から、軽度の頻尿や冷え症があります。

Mibyo2
それらの症状が極端に悪化して、極端な頻尿や足のシビレや痛みなどが出て、慢性前立腺炎や間質性膀胱炎と初めて診断されるのです。
脊髄神経回路は、ある意味で、ブラック・ボックスです。医学がどんなに進歩しても、神経回路を認識・把握することはできません。

Mibyo3
未病の状態が長く続くと、神経回路が完成されて、ある日突然に症状が出現するのです。患者さんの多くが、「それまで何でもありませんでした。ある日、突然です。」とおっしゃいます。何でもなかったのが「未病」だったのです。
神経回路が完成されて、症状の強度が高まったり、複数の症状が出たりするのです。排尿障害が原因の場合は、イラストのような症状、頻尿・残尿感・尿意切迫感・痛み・かゆみ・シビレ・違和感などになるのです。
これらの症状の強さと組合せにより、現場の医師が、慢性前立腺炎、慢性膀胱炎、過活動膀胱、間質性膀胱炎、膀胱疼痛症候群、前立腺症、慢性骨盤疼痛症候群と、簡単なパズルゲームの解答のような診断をするのです。医師は、もっと想像力を働かせて診断・治療しなければならないのです。

|

« 膀胱括約筋の変形 | トップページ | 膀胱炎を繰り返すご婦人 »

コメント

先生お世話になってます。
一つ質問なのですが、先生のブログで
「術後、症状の安定しない患者さんには、仙骨神経ブロックを積極的に実施すると、10回~40回程度で症状の安定が得られることが分かった。症状の安定は持続的で、中には恒久的に得られた患者さんも多く存在した。」
とありますが、
手術後に関連痛の症状がいまいち改善しない場合に
トラムセットやリリカなどを長期間服用し、脊髄中枢の興奮を抑えることで
ブロック注射のように症状の安定が恒久的に得られることはありますでしょうか?
【回答】
脊髄神経回路は、一生消えませんから、恒久的には保証できません。」

それとも上記の薬剤はブロック注射とは根本的に異なるものなのでしょうか?
【回答】
仙骨神経ブロックは、脊髄神経回路への情報ルートを変更させるための処置です。
タムスロシン・リリカは、脊髄神経回路に入力した情報を軽減させる処置です。

投稿: ハセ | 2018/06/12 23:28

昔々、大昔、私が「法華経」に没頭していた頃

「この世は業の深い人、罪深い人ほど長生きになると思うよ。この世は修行の場だからね。」

と、説く人と

「霊界から許された人が寿命を貰えるんだと思うよ。」

と、説く人がいらして
あれから何十年も経ったというのに未だ私は解らないでいます。

高橋先生は私に「あなたと同じ病気で一番小さい子で8歳という患者さんだっている。あなたは今まで取り敢えず知らないで生きて来れた。楽しい青春時代だってあったはず。結婚もし子どもにも恵まれた。幸せだったと思わない?」

そう言われ私は心が折れそうな時、繰り返し繰り返し自分に言い聞かせて来ました。

高橋先生、ズバリお聞きします。
私の症状、病状は0~10段階に例えると何段階でしょうか?
★回答
6〜7でしよう。

それでも生きて行く事には変わりなく日々は流れて行きますが私は知っておきたいのです。

診察券NO.32159です。
どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: | 2018/06/16 16:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 膀胱括約筋の変形 | トップページ | 膀胱炎を繰り返すご婦人 »