« 前立腺ガンは何処まで増えるのか? | トップページ | 薬の可能性と応用 »

針生検を受けて11年間の苦悩

Pca36040m66ps
平成18年にPSA値が4.0をチョッと越えたと言うことで、大分の病院で針生検を受けました。
結果は、悪性度の低いグリソンスコア6でした。そして、「何もしないで様子を見ましょう」と判断され、その後、定期的にPSA検査を行ってきました。
平成18年~平成19年(大分)PSA値4.0~7.0
仕事の都合で各県を転々としていました。
平成20年~平成23年(熊本)PSA値6.0~8.0
平成24年~27年(大阪)PSA値8.0~10.0
平成28年~現在(広島)PSA値10.0~11.8
PSA値に一喜一憂しながら、上がると前立腺ガンが増えている?と悩みながら、この11年間悩み続けました。この状況で患者さんが、ご夫婦で広島から当院にお越しになりました。排尿に関してお聞きすると、排尿障害の症状が顕著に出ていました。排尿間隔が1.5時間に1回、1日10回以上、夜間頻尿2回~3回でした。
エコー検査の所見は、前立腺の大きさが44cc、前立腺が膀胱に突出していて、排尿障害を示唆しています。エコー検査の設定を前立腺ガン向けに変えて、前立腺を観察すると、矢印で示す部分に前立腺ガンを認めました。大きさは0.41ccです。また、触診でも同じ部位に硬結が触れました。

総合的に考えて、大分でのPSA値の高さは、前立腺肥大症による排尿障害が原因でしょう。PSA値を理由に針生検したことで、ステージⅠのラテント癌が発見されてしまったのです。11年の間、大分→熊本→大阪→広島と四カ所で医師も4人が、ただひたすらPSA検査するだけです。前立腺触診もエコー検査もしていませんでした。その間、前立腺ガンが徐々に大きくなりエコー検査で確認できるようになったのでしょう。
前立腺ガンの倍加速度(体積が2倍にかかる時間)は早いもので2年ですから、現在0.41㏄の癌は、2年前で0.2㏄、4年前で0.1㏄、6年前で0.05㏄、8年前で0.025㏄、10年前で0.0125㏄だったのでしょう。超音波エコー検査では、0.1ccくらいで確認できますから、4年前には前立腺ガンと診断できたでしょう。
針生検を実施して、前立腺ガンが発見されたら、放置しないである程度の治療をすべきです。
早速、プロスタールを処方しました。触診とエコー所見から、良性に近い前立腺ガン(グリソンスコア6前後)ですから、取り敢えず、排尿障害治療薬のユリーフと前立腺を縮小させるプロスタールを処方しました。おそらく、この処方で半年後には前立腺ガンはエコー所見・触診でも確認できなくなるでしょう。前立腺ガンを針生検で刺激することで、癌細胞の増殖するキッカケを作るのです。

|

« 前立腺ガンは何処まで増えるのか? | トップページ | 薬の可能性と応用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立腺ガンは何処まで増えるのか? | トップページ | 薬の可能性と応用 »