« 実学 | トップページ | シャント血流 »

九段会館の思い出

A5872416cc67439cb154fc095178d56d私は千代田区にある麹町中学校に通っていました。
音楽の時間に歌唱テストがありました。その日は、声が裏返ることなく、キレイに歌えました。でも、たまたまです。ところが、実は、そのテストが千代田区中学校の合唱コンクールの選抜試験だったのです。当時50人の10クラスありましたから、各クラスから5人ずつ選抜されました。何と私が選抜されたのです。ビックリです。人前でパフォーマンスするのが大嫌いな私でしたから、どうしよう😟という思いでした。
歌は、ヨハンシュトラウスの「美しく青きドナウ」でした。休み時間に招集されて練習に励みました。

Img_0419
その合唱コンクールの会場が九段下にある九段会館でした。日本家屋の形をしていて、高くて大きな古い建物でした。戦時中は軍の建物でした。
舞台から初めて見た会場は、天井がとても高〜く広〜い空間でした。『さあ!歌うぞ!』と緊張していたら、音楽の先生が指揮者として登場しました。とっても太った女性教師だったのですが、いつもの格好ではなく、マリーアントワネットのような縦ロールの髪に、ゴージャスな飾りがたくさんの付いたロングドレスだったのです。

F3eb4b4f9972407fa565e3a1a177b25d見た瞬間、思わず吹き出しました。それまでの緊張がプツンと切れたせいか?可笑しくて可笑しくて仕方がないのです。「遥かな〜🎵」と歌は始まりました。苦しくて苦しくて……。
コンクールの結果は忘れましたが、65歳になっても鮮明に覚えているエピソードでした。
そんな思い出の九段会館が、3.11の地震で、高〜い天井から物が落ちて、卒業式に参列していた2人の人が犠牲になりました……。
問題になった天井のあるホールは壊され、一部記念として残し、他に高層ビルが建つ予定だそうです。


|

« 実学 | トップページ | シャント血流 »

コメント

高橋先生

 お早うございます。九段会館に佳い思い出をお持ちなのですね!
 私は、若かりし頃の1980年代ここに何度も来日アーティストのコンサートを聴きに行きました。バブル前夜の好景気で来日ラッシュが始まり、クラシックな場所も盛んに使われたのでしょう。とても響きが良く重厚な内装が印象に残っています。和洋折衷な外観も独特で壊してしまうのは勿体無い気がします。欧州ならこの程度の古さでしたら補修されて良い雰囲気の街並みを創っているものですが、震災、オリンピック、経済最優先で再開発もやむを得ないのでしょうね。
 今では考えられない事ですが、当時はお酒やタバコの会社がスポンサーになるイベントが多く、元軍人会館という九段会館でさえもコンサート前にビールやバーボンを無料で振る舞うカウンターが用意されていたり、善し悪しは別にして明るく自由な空気に満ちていました。
 バブルで大儲けなど縁のない人(が殆どだったはずです)でも、風通しが良く生きやすい世の中だったと思います。最近はバブル時代を小馬鹿にする言説を良く見ますが、息苦しい社会に市民を慣れさせるための洗脳では、と疑ってもいます。
【回答】
詳細な九段会館のイメージをありがとうございます。

投稿: 金沢のY | 2017/09/20 09:09

こちらこそ有難うございます、九段会館のお話を読むことができて色々思い出しました。年代は違っても同じ場所の思い出というご縁があるのも嬉しいものです。それにしても、先生は舞台の方からあの高い天井をご覧になったとは素晴らしい体験ですね!

投稿: 金沢のY | 2017/09/20 10:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 実学 | トップページ | シャント血流 »