« 前立線ガンを見つけるための設定 | トップページ | テンコフカテーテル抜去 »

慢性前立腺炎の気持ち?

病気の複雑な振る舞いを考える際に、自分が病気そのものになって考えると、病気が見えてきます。
私が前立線の意志の立場になって物語を書きます。

私、前立線が所属する人間は、以前から尿の出が悪いのです。理由は、膀胱出口が充分開かない状態で排尿するのです。おかげで、膀胱からの駆出力が膀胱出口から尿道にかけてスムーズに通過しないのです。そのため、その力が作用反作用の法則で、膀胱と前立線に物理的な負荷として、絶えず負担になっています。本当に辛いです。この状況を症状として、宿主の人間に知らせたいのですが、これと言った症状が出せないで困っていました。

この負担が、長期に渡り繰り返し襲いかかってくるので、膀胱も前立線である私もダンダンと辛くなってきました。これ以上我慢出来ません!この現状を打破するために、膀胱三角部が肥厚し過敏になりました。前立腺の私も、力に負けないように少し肥大傾向にあります。

人間に現状を知らせる手段として、通常は、頻尿や残尿感になるのですが、私の宿主である人間の神経回路がユニークで頻尿や残尿感になりません。仕方がないので、情報をさらにたくさん脊髄回路に送信しました。数打ちや当たる的ですね。

すると、脊髄回路がいくつか反応してくれて、色々な症状を作ってくれました。痛み、痒み、シビレ症状などいろいろです。この症状を訴えて、この人間はやっとの事で病院を受診しましたが、医師は尿の検査だけで「異常なし」「気のせいです」「慢性前立線炎は治らない病気です。」と診断してしまったのです。「念のため抗生剤を処方しましょう」で終わりです。急性前立線炎と比べて軽い症状で、長期にわたって続く症状なので、慢性前立線炎と短絡的に診断しているだけだ!もっと想像力豊かに診療に当たれ!勝手に自分たちで「炎」という言葉を付けておいて、抗生剤を処方するな!前立線から言わせると、この医師の大馬鹿野郎!です。

Cp35399m55uonomeこの人間は、苦しいために病院を転々としました。前立線の私から言えば、よく努力したね?です。しかし、どこに行っても同じような診断でした。人間も私も諦めていた頃、インターネットで無名のクリニックを見つけました。ダメ元で受診したところ、超音波エコー検査で、初めて排尿障害を指摘されました。排尿障害が原因で、前立線が丸く膀胱出口に突き出ていて、膀胱三角部が肥厚していると言われました。そして、排尿障害の治療薬と、膀胱の過敏さを和らげる薬を処方したのです。

おかげで、排尿の負荷が軽減しました。膀胱も前立線の私もホッと一息です。まだ安心は出来ません。症状は少しずつ少なくするつもりです。もう少し監視しながら様子を見たいと思います。安心するなよ!人間。

この物語はフィクションです。信じるか信じないかは、貴方次第です。

|

« 前立線ガンを見つけるための設定 | トップページ | テンコフカテーテル抜去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 前立線ガンを見つけるための設定 | トップページ | テンコフカテーテル抜去 »