« 上から目線 | トップページ | 月遅れの誕生日会 »

子宮内膜症のサプリメント

Img_0060
子宮内膜症は、日本で推定260万人罹患していると言われています。生理のたびに腹痛が起き、ご婦人にとっては辛い人生です。更年期になり卵巣からホルモンの分泌が低下すれば症状は改善します。しかし、50歳近くまで我慢しなければならない人生は、本当に辛いものです。

現在の治療法は、大雑把に言って、疑似更年期や偽閉経を作るのが主流です。卵巣からホルモンが分泌しないようにするGnRHホルモン治療も、男性ホルモンを投与して更年期のホルモンバランスに近づける治療法も、黄体ホルモン(プロゲステロン)や黄体ホルモン類似物質(ディナゲスト)を投与して嘘の妊娠状態のホルモンバランスにする治療法も、どの治療も全て相対的あるいは実質的にエストロゲンを低下させる方法です。ひどい人の場合は卵巣を摘出する場合もあります。

Agly_type今年の第69回日本産科婦人科学会学術講演会での発表で、アグリコン型イソフラボンが子宮内膜症に効果があることが判明しました。
その研究発表は、京都府立医大産科婦人科が報告しました。
研究発表の内容は、次の2つです。
❶アグリコン型イソフラボン(麹菌発酵大豆胚芽抽出物、商品名アグリマックス)を人から採取した子宮内膜症間質細胞に投与して、その効果を観察した。
❷子宮内膜症モデルマウスに投与を行い、その効果を観察した。

Glyco_type
実験・研究結果で、アグリコン型イソフラボンは子宮内膜症に顕著に有効であるが、豆腐や納豆に含まれる自然なグリコシド型イソフラボンでは、子宮内膜症を防止する有効性が得られませんでした。

アグリコン型イソフラボンは、子宮内膜症に関与する幾つもの活性物質(ERβ、SGK1、NFkβ、サイトカイン、COX2、プロスタグランジンE2、アロマターゼ)を抑えることで、子宮内膜症の増殖、増悪をストップすることが判明しました。
アグリコン型イソフラボンは、子宮内膜症の一番の要因である卵胞ホルモンのエストロゲンに類似していますが、そのエストロゲンと競合して、エストロゲン本来の作用を抑えてくれるのです。それでいて、アグリコン型イソフラボンが生体に程よくエストロゲン様作用をしますから、エストロゲン欠乏症状にはなりません。その証拠に、エストロゲン欠乏症である更年期障害の患者さんに、アグリコン型イソフラボンを服用してもらうと、更年期障害症状が消えます。

子宮内膜症とアグリコン型イソフラボンについて詳しくお知りになりたい方は、下記にご連絡ください。
ニチモウバイオテックス株式会社
http://www.nichimobiotics.co.jp/
電話:03-3548-3510
FAX:03-3548-4330

直接の質問メールもできます。
医師チーム 専用メールアドレス
dr.aglymax@nichimo.co.jp

コメント蘭で質問された「静岡県」さん、お役に立てれば良いのですが。


|

« 上から目線 | トップページ | 月遅れの誕生日会 »

コメント

先生、詳しい説明ありがとうございます。よく解らない事があるのですが、ピルで、女性ホルモンを抑えて、無排卵生理にしている時に、アグリマックスを飲んで女性ホルモンが増えすぎてしまうって事はありますか。先生の説明にある、エストロゲン本来の作用を抑えてくれて、それでいて程よくエストロゲン作用をしてくれるって事なんでしょうか。。
【回答】
その通りです。
人間の体内で作るエストロゲンは、作用が強いのですが、その分、副作用も過多になります。
イソフラボンは、植物の作るエストロゲン物質で、動物の作るエストロゲンは、その二番煎じ物質です。
なぜなら、生物学的には、植物細胞の方が、動物細胞よりはるかに歴史が古いからです。
したがって、イソフラボンが本物で、エストロゲンがコピー商品になります。
本物のイソフラボンは、作用は適度で、副作用もないのです。」

私も3か月前から、膀胱痛や頻尿に、薬と一緒にアグリマックス1錠を飲んで様子見しています。アグリマックスは、他にも良い作用が沢山有りそうなので、主人も飲んでます。。ニチモウさんにきいてみます。
【回答】
相談してみてください。

投稿: 静岡県 | 2017/06/03 20:45

先生、とても解かりやすい説明ありがとうございました。

投稿: 静岡県 | 2017/06/03 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 上から目線 | トップページ | 月遅れの誕生日会 »