« アニサキスの治療薬と・・・ | トップページ | リンデロンVG »

65歳! 定年年齢!

Img_0106私は慢性腎不全で死ぬことなく、先日、めでたく65歳になりました。年金を受給できる年齢になったのです。

小学生の頃、雑誌で「ノストラダムスの大預言」の記事が出ていました。
「 1999の年 7の月、空からアンゴルモアの大魔王が降りて世界を破壊する。」という内容でした。当時は、私も含め小さいながらもみんな信じました。1999年は、私が47歳です。小学生から見れば、充分な年齢です。その時、父親の年齢が44歳でしたから、今の父親よりも長生きできれば充分と考えても不思議ではありません。


1999年の7月には、何も起こりませんでした。
ところが、その年の9月11日にアメリカ同時テロ9.11が起きました・・・。この事件がノストラダムスの予言結果?と思えました。ここで、我々は命拾いしたのです。その後の人生は「オマケ」、ラッキーと考えれば、自由に生きようと考えました。自分の考えを恥じも外聞もなく行きていこうと思ったのです。それが、ブログで言いたいことを制限もなく掲載している今の私です。


さらに、私の父親は64歳で亡くなりましたから、少なくても、父親よりも長生きできた!残りの人生を無駄に終わらせるか、有意義に過ごすかによって、努力の掛け方は変わります。人生のスタートは、自分の意志とは無関係に「出産」という形で始まりました。人生の最期くらいは、自分の意志でフィナーレを飾りたいものです。そういう意味で、癌は時間を年単位から月単位で制限されますから、管理しやすい病気です。心臓疾患や脳血管系疾患は、時間的予想ができないので、自分の意志は反映できません。


一年後輩の外科医は、体調が変化したので家族や周囲の医師に内緒で検査をしました。そして、CT検査の結果を放射線科専門医に自分の検査所見だとは言わずに、読んでもらいました。すると、「癌の末期で手の施しようがないね。余命3か月かな?」と率直な回答を得ることが出来ました。その結果を聞いた彼は、突然、周囲の人が驚くほどテキパキと仕事を片付けるように豹変しました。そして、残された妻子が困らないようにと、自分の死後の諸問題もすべて片付けました。亡くなった後、彼の葬儀の際に、集まった参列者は、彼の身辺整理の話しで持ちきりでした。私の下で働いていた研修医の頃、ただの面白い人間にしか見えませんでしたが、死後、彼の立ち振る舞いを知って見直しました。自分のフィナーレを私の理想とする充実したものにしたからです。

|

« アニサキスの治療薬と・・・ | トップページ | リンデロンVG »

コメント

愛知の患者 柴田でございます

いつも拝見しております。
先生の生き方は菩薩様そのものですから
すでに理想でございます。
元気になられて本当に、本当に良かったです。

投稿: 柴田 | 2017/05/25 12:15

東京都在中の三平です😊
いつも先生のブログを楽しみに
拝読させていただいています。
私の目標はこの病気発症から
先生に出会って、治療を始めてそして
良くなって、こちらのブログに
ぜーんぶ私の経緯を書かせて頂くことが
目標です😊まだ道半ばですが、
「地道に焦らず年単位で・・ゆっくり時間をかけて症状がやっと出てきた病気だから。」
先生のお言葉を信じて一歩ずつ👣ですね。
先生、改めまして
「おめでとうございます😄👏」
私にとって「高橋クリニック」は
パワースポットです✨✨
クリニックの前の桜の木も🌸
近くを通る新幹線も好きです🚄(笑)
そして先生は私の心からの恩人です。
私から見たところでは(笑)先生の影は
「めちゃくちゃ超色濃い😊✨」です
主人と良く話します、
先生は「超若いよね」と。
エネルギッシュだと。
私以外にも先生を頼りにしている
全国各地の
患者さんの為と何よりも大切な御家族の為、
先生には沢山のことが
乗りかかる宿命なのでしょうが、
そのいつも燃えて生きてる感じが
私は大好きです😄💘
一言一言の重みが、
私が今まで出会った
医師の先生方と
全然違うのです。
先生の知的好奇心のアンテナの高さには
本当に尊敬尊敬です✨
先生いつもいつも
お世話になっております、ありがとうございます😄
どうやって、感謝の意をあわらせれば
いいのかなぁといつも考えるのですが、
何よりも私が良くなることが
先生に感謝をお伝えできる
一番の方法かなと思い、日々精進しております。

投稿: いっちゃん | 2017/05/26 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« アニサキスの治療薬と・・・ | トップページ | リンデロンVG »