« 神の子と、自分の子の違い | トップページ | アナログからデジタルへ、デジタルからハイレゾへ »

誤解 尿量ゼロの頻尿患者さん

頻尿を訴え、千葉から40代の男性患者さんが8月の初めに来院されました。症状は3月頃より発症し、膀胱炎の診断で、抗生剤と抗コリン債を処方されましたが治りません。頻尿の程度は、1時間に1回のペースです。

Renalfailer34858ps
実は、この患者さんは、慢性腎不全が原因で、血液透析を実施しており、尿が1滴も出ない人でした。それでも、頻尿と残尿感が出るのです。膀胱内に尿がたまっていないので超音波エコー検査ができません。そこで患者さんに許可を得て、尿道からカテーテルを入れ、水を100ml注入し、超音波エコー検査を実施しました。膀胱と前立腺が描出され、診断のための貴重な判断材料が確保できました。
すると、膀胱三角部が肥厚し、膀胱三角部の粘膜が硬化していました。この所見は、膀胱三角部の過敏さを示唆しています。つまり、過去において排尿障害が潜在していたことが予想できます。過去の既往をお聞きすると、膀胱尿管逆流症で、両側の尿管膀胱再吻合手術をされていました。そのため、両側の腎臓がダメになり、その後、慢性腎不全になった経緯がありました。
膀胱尿管逆流症がおきたということは、排尿障害が以前からあって、そのため、膀胱内圧が極端に高くなり、膀胱尿管逆流症になったと推察もできます。もしかすると、過去の主治医は、形態学的な異常に目を奪われ、膀胱尿管逆流症のみを治し、膀胱内圧の上昇の原因である排尿障害に手を付けなかったために、腎臓がさらに悪くなったのかも知れません。

前立腺の過敏さを抑える意味でハルナールを、膀胱三角部の過敏さを抑える意味でベタニスを処方しました。1か月後患者さんが来院しました。予想通り、頻尿は改善し、2時間に1回のペースになったと大喜びです。

余談がありました。地元の薬局で処方箋を渡したら、そこの薬剤師の先生が、「おしっこが作られないのに、何故、おしっこの出やすくする薬を処方されたのですか?」と質問されたそうです。腎臓内科の主治医にも同じ質問を受けたそうです。私の説明をその患者さんは、しどろもどろにしましたが、「???」と分かってもらえなかったそうです。
ハルナールをはじめとするαブロッカー(エブランチル・ハルナール・ユリーフなど)は、前立腺や膀胱三角部の興奮を抑える薬剤です。その結果、おしっこが出やすくなるということなのです。
薬の作用機序の本質を考えないで、病名と短絡的な概念で薬剤を決める悪しき慣習があるのが、治療を妨げるというエピソードです。

|

« 神の子と、自分の子の違い | トップページ | アナログからデジタルへ、デジタルからハイレゾへ »

コメント

子どもに向精神薬を処方する際にも、同様の「悪しき習慣」がぬぐえません。深刻です。

投稿: カボスワイン | 2016/08/31 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神の子と、自分の子の違い | トップページ | アナログからデジタルへ、デジタルからハイレゾへ »