« きれいなお姉さん二人 | トップページ | 乗り換え »

家庭教師の先生

Kateikyosi
私の中学生時代にお世話になった家庭教師の先生が、今日久しぶりに訪れました。
私が公立中学の進学校の1年生の時に、学力に心配した両親がお願いした家庭教師の先生です。当時、一橋大学の学生さんでした。勉強に熱心でなかった私は、課せられた宿題をやらずに、この先生によく怒られたものです。
活発でない私を見かねた先生は、大学で卓球部であり、当時「第一次卓球ブーム」でもあり、代々木体育館に卓球を教えに連れて行かれました。卓球でもしごかれたのです。この時の思い出に、その卓球場にハーフのきれいな卓球少女がいました。後日、その子がNHKの卓球紹介番組で出演したのが印象的でした。私が高校生になった時点で、この先生は弟の家庭教師になりました。
この先生は本人も頑張り屋で、住友銀行に入行し、都内の銀行の支店長をいくつかを務め、さらには海外支店の支店長を務め、最後は銀行の関連企業の役員になりご出世街道をひた走りした御仁です。
まさかあんなに出来の悪かった教え子が、医師になり自分の病気についてセカンドオピニオンを聞きに来るとは思いもしなかったでしょう。今年で70歳になる先生は、今日も元気溌剌です。実は7年前に前立腺癌であることが判明し、手術療法を受ける直前に、セカンドオピニオンで来院したのでした。術後も経過良好で、最近のPSA値データを持参し意見を求めにいらしたのです。
こんなに長い時間、50年以上も経過しても、お付き合いできるとは不思議な縁です。

【イラスト】家庭教師のトライのCMから

|

« きれいなお姉さん二人 | トップページ | 乗り換え »

コメント

この人とは将来的に延々と末長く関わっていたいと願っていても何かの弾みやボタンの掛け違いで疎遠になってしまったり、そうかと思えばたいして印象的でもなくインパクトが弱いはずなのに十年経っても二十年経っても細く長く縁が切れない人もいます。

縁とは理屈では説明出来ない不思議な繋がりだと思います。

先生とも長いお付き合いとなりました。
また桜の季節になりました。
来年の桜咲くころ、先生の病状は?私の症状は?と、一年後を想像しています。

病気が治り通院の必要がなくなっても
やっぱり私は時々は先生のお話が聞きたくなると思います。

どうか良質な縁がずっとずっと続きますように。

投稿: | 2016/03/31 20:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« きれいなお姉さん二人 | トップページ | 乗り換え »