« マイナンバー通知書が届く | トップページ | 入院13日目(腹膜機能検査) »

第87噺(145噺中) 「バイタルサイン」

入院も10日を過ぎると、毎日のバイタルサインの記録に明け暮れている自分がいます。
バイタルサインは、一般的に生命活動の兆候を意味します。「生きていこう!」とする合図=サインです。

バイタルサインは診療科や目的によって柔軟に変化します。
救急医療室ERでは、バイタルサインと言えば、意識・呼吸・血圧・脈拍になります。手術室では血圧・心電図・尿量・酸素分圧になります。
現在私が入院している慢性腎不全患者さんがたくさんいる腎臓内科病棟では、体重・体温・血圧・尿量・飲水量・血糖がバイタルサインになります。
慢性腎不全は尿が十分に出なくなる病気ですから、浮腫みやすくなり体重増加が指標になります。私のように腹膜透析の患者さんの場合、合併症として腹膜炎を併発しますから発熱は重要なサインです。浮腫みとナトリウムは同じ動きをします。そしてナトリウムは血圧に重大な影響を与えるとされていますから血圧も指標になります。慢性腎不全と言えば尿ですから、飲水と尿量つまりインとアウトが重要になります。現在、慢性腎不全の一番の原因が糖尿病性腎症ですから血糖は最重要項目になるのです。

バイタルサインを毎日せっせせっせと記録していると、その記録そのものが自分であるかのように錯覚します。もちろん私の一部の記録に違いないのですが、毎朝1回の体重測定と1日3回の血圧測定・体温測定・血糖測定・酸素圧測定に1日中の尿量チェックと飲水量チェックが記録されているノートを見ていると、自分のログ(Log日誌)はこれだけなんだろうか?と感じるようになってしまいました。私にはもっと他に残すべき記録や思い出がないのだろうか?と深夜、夢の中で自問自答しているのです。面白い感覚です。

このように私の思いや記憶をブログ(ウェブ・ログ)に留めておく行為は、自分自身のあらゆる面を残しているに違いありません。細かく書けば書くほど、そこには私自身が存在することになるのです。

|

« マイナンバー通知書が届く | トップページ | 入院13日目(腹膜機能検査) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マイナンバー通知書が届く | トップページ | 入院13日目(腹膜機能検査) »