« 第39噺 (145噺中) 「潰瘍性大腸炎」 | トップページ | 「旬」 »

第40噺 (145噺中) 「インフルエンザ」

Influ乾燥した寒い冬の到来です。
インフルエンザの季節になりました。予防接種をお受けになりましたか?予防のために外出から帰ったら、手洗いとうがいは必ず行いましょう。

Influ4hybrid毎年いろいろなタイプのインフルエンザウィルスが海外、主に中国から季節風や渡り鳥によって飛来します。黄砂に乗って飛来するのでは?と私は思っています。
毎年なぜ違うのかというと、中国のある地域では人間と豚と鳥が密接に生活している環境にあるそうです。すると、鳥のインフルエンザと豚のインフルエンザがミックスされ、人に感染するインフルエンザウィルスが生まれるのです。

Influ2ウィルスの遺伝子はRNAで、それがカプセルに乗って細胞から細胞へ放出されるのです。

Influ5インフルエンザの治療薬で有名なのがタミフルです。
中華料理の調味料で使用される八角という乾燥した植物の実から抽出した物質が、有名なタミフルの原料です。植物の実から抽出していますから、植物の収穫量によって左右されるのがタミフルの欠点でした。また、タミフル抵抗性のあるインフルエンザウィルスも出現するようになり、臨床医を困らせていました。
しかし、近年販売されたイナビルという吸入型のインフルエンザ治療薬は、1回の吸入で治療は終わりという簡便さと効果が強く評価が高いのが現状です。

【注意】
この時期、高熱が出て、身体がだるければ、インフルエンザ検査がたとえ陰性であっても、インフルエンザと判断し、積極的なインフルエンザの治療を行うべきです。インフルエンザ検査は、100%当てに出来るものではなく、陽性率が70%~80%程度です。5人に1人は外れる計算になります。インフルエンザ検査で陰性だからと言って、治療されなかったために、翌日インフルエンザで亡くなった高齢者もいます。本当に笑えない現実があるのです。

【参考資料】
クリーンPCライフHP
東工大Science TechnoHP
日本臨床薬協会HP

|

« 第39噺 (145噺中) 「潰瘍性大腸炎」 | トップページ | 「旬」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 第39噺 (145噺中) 「潰瘍性大腸炎」 | トップページ | 「旬」 »