« バッジ | トップページ | 冬至のカボチャ »

障子の張替え

Syoji年末恒例の障子の張り替えです。
まずは古く汚れた障子紙を丁寧にはがします。軽く水を絞った雑巾で障子の桟の汚れを取り除きます。

Syoji2障子紙の位置決めをします。
この障子紙はアイロンの熱で接着するすぐれものです。説明書の通りの手順でアイロンを利用して桟に接着します。

Syoji3全部の桟に接着したら、四隅の部分をカッターナイフで除去します。
軽く霧吹きをして乾燥させて終了です。
12月8日(日)に行った4枚の障子が背景に見えます。今日、12月12日(木)午後に最後の2枚を張り替えたので終了です。

|

« バッジ | トップページ | 冬至のカボチャ »

コメント

 高橋先生こんにちは!!いつも有難うございます!

 先生が障子の張替えをなさるんですね!奥様にとって、さぞや素敵な旦那様であることでしょう…。素晴らしいですね。お疲れ様でした!
 
 うちは転勤族なのですが、子供が生まれた頃は障子のある比較的古いアパートに住んでいました。子供が成長すると、全ての障子紙をびりびりに破いた為廃屋の様になりましたが、私も夫もまったく直す気が起こらず(ひたすら面倒で…)、次の引越し時まで、荒んだ気持ちで暮らしたことが良い思いでです。 先生は本当に凄い!
【回答】
手術と同じで、自分の力で正常に近づけるという醍醐味があって楽しいですよ。
本職の人間の仕事には負けますが、今では障子張りは主人の仕事と決め込んでいます。

投稿: | 2013/12/17 13:41

先生!お世話になります、写真拡大してみましたが、プロも顔負けですね!!障子貼りもなさるとはお仕事柄にしても器用ですね、先生の目の具合良いようで安心いたしました、私も飛蚊症で来年1月に検査予定です、良いクリスマスを奥様と、今年は山下達郎の曲はかけないように

投稿: けんじ | 2013/12/21 14:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« バッジ | トップページ | 冬至のカボチャ »