« 神様 | トップページ | 歌舞伎 »

炎症

細菌や病原体が原因で炎症が起きる。だから、細菌や病原体を殺せば炎症は起こらない。
肺炎や化膿性扁桃腺炎は細菌やウイルスが原因だから、抗生剤や抗ウィルス剤で病原体が叩ける訳である。
しかし実は、そんなに単純な話しではない。この単純な理論で患者を治療するものだから、治ったり治らなかったりなど不安定な結果になる。

病原体が常に攻撃側であり、免疫力が常に守護神である。この構図は、病原体が常に絶対的な悪であり免疫力が常に絶対的な正義である。
医師は、この悪を抗生剤や抗ウィルス剤で叩き潰す治療だけに終始専念する。治らなければ病原体に抗生剤が合っていないと考え、次々に抗生剤を変えることになる。炎症が治ると、抗生剤の選択が正しく病原体を適確に抑え込めたと考える。

Battleshipこのような考え方は人間の長い「戦い」の歴史に起因している。
戦争の相手(敵)は常に悪であり、自国の味方は常に善である。敵に負けた時には、作戦が未熟だったか、兵力が貧弱だったと考える。次に勝利するために新兵器を投入したり、兵員•物資を増強し有能な参謀を発掘する。まるで病原体と抗生剤の追っかけっこと同じである。

戦争の悲劇は周知の事実である。今では悲劇を起こさないために、戦争を回避すべく、話し合いや国際的な調停が行なわれる。平和主義の人たちが主導権を握れば戦争は回避出来るが、国粋主義者や民族主義の人々が世論を扇動すれば戦争に突き進む。
炎症の病態生理も同じで、病原体だけが悪いのではなく、白血球が国粋主義者のように興奮し、病原体に襲い掛かるのである。病原体は、白血球の攻撃に対抗して仕方なく分裂を繰り返して数を増やす。増えた病原体に対して白血球はさらに興奮し攻撃をかける。この炎症の負の連鎖が炎症を重篤なものに変化させ、最終的には敗血症や髄膜炎や肺炎になるのである。

風邪で化膿性扁桃腺炎や肺炎や髄膜炎になることがある。風邪は一般的にウィルスが原因だが、このような病態に進展した時には、ノドの常在菌である肺炎双球菌や髄膜炎菌が風邪の原因とされる。こんな後出しジャンケンのような診断がまかり通るのが非科学的である。

Flame炎が燃えるためには、酸素と燃料が必要になる。燃える物が存在しても酸素がなければ燃えないのは常識である。
燃料が病原体で酸素が白血球と例えると理解できるであろう。
燃えないためには、どのようにすれば良いかを考えると解決策が見えてくる。酸素を減らし、燃料を絶やせば良い。酸素、つまり白血球を抑え、燃料、つまり病原体を増やさないようにすれば良い。
白血球を抑えるために抗生剤を利用する?抗生剤は読んで字の如く、生物を抑える働きがある。抗生剤によって白血球の興奮は抑えられる。
燃料、すなわち細菌、例え常在菌(髄膜炎菌も肺炎双球菌も常在菌)であっても、キッカケによって病原体になる。だから前もって抗生剤で叩く。最近の医師は、風邪はウイルスが原因で抗生剤が効かないからという短絡的な理由で、抗生剤を処方しない。確かにウィルスに対して抗生剤は効かないが、ウィルスの攻撃を担う免疫抗体が産生されるまでタイムラグがある。その時間差を埋めるべく白血球が患部に集中し炎症を作る。炎症を作ることで、出来上がった免疫抗体が患部に集中しやすくなる。ところが、炎症にブレーキが掛からなくなると、炎症が炎症を呼び、化膿性扁桃腺炎、肺炎や髄膜炎、最終的には敗血症になるのである。そうならないように、初めのうちからウィルスには効き目のない抗生剤を少量投与することが風邪に対する安全策である。肺炎双球菌ワクチンを接種するよりも安全である。

|

« 神様 | トップページ | 歌舞伎 »

コメント

先生、お世話になります、私3月に微熱があったりで内科の先生に診てもらい風邪の初期で体が冷えてるだろうとの事で漢方を処方していただきました、3週間ほど寒気・微熱がありましたがその先生は確かに抗生剤は効かないからと言われてました、これからは抗生剤効かなくても風邪の症状の場合は効かない抗生剤を処方してくださいと言った方が良いようですね
【回答】
そのような言い方では角が立つので、「素人なので詳しいことは分かりませんが、抗生剤を服用すると具合が良いような感じがするので下さい」と言えば良いでしょう。

投稿: けんじ | 2013/06/27 19:09

先日初診で触診とエコーで診ていただき
ありがとうございました。
ブログを読み難病と知り癌でなかった喜びも
半減です。
常に尿意がありノイローゼになりそうです
特効薬はなさそうですが傷みがないだけ
ましと思うしかないです。
早く完治の方法が見つかるように
神頼みです。先生にはパイオニアとして更に
突き詰めてほしいですね。
健康に留意され頑張ってください
他に頼れる先生はいなさそうですから。

投稿: 前立腺炎難病 | 2013/07/21 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 神様 | トップページ | 歌舞伎 »