« ストーブの前 | トップページ | 夏の鰻 »

永田町小学校同窓会(還暦記念)

20120707kanrekinagatatyo小学校の同窓会が秋葉原のスペインレストランを貸切で開催されました。
千代田区立永田町小学校を卒業して何と48年!、3クラス合同の有志が集いました。ざっと30人です。全員還暦の60歳です。永田町小学校は残念ながら閉校(廃校?)になりました。建物だけは自由民主党本部の前に懐かしく位置していて、今では千代田区立小・中学校の建て替え時期だけの「仮住まい」になり、現在は麹町中学校の仮校舎になっています。
卒業生としては、本当にさびしい限りですが、昨年同窓会を行ったら、私も含め全員の心に火が付いてしまったらしく、毎年の勢いで同窓会が行われる予定です。

当時音楽の先生は大津三郎先生で、この先生が作曲した有名な曲が「花のまわりで」です。この曲を60歳の若人が声を嗄らしてみんなで合掌しました。「花のまわりで鳥が回るよ!鳥のまわりで・・・」という歌詞は懐かしく感じます。1964年4月5月にNHK「みんなのうた」で放送された曲です。

男性陣はお爺さんもいれば若々しい人もいます。女性陣はお婆さんばかり・・・と思いきや、何の何の素敵なご婦人ばかりです。可愛い小学生が今も可愛いご婦人であり、当時は興味を感じられなかった女の子が(失礼します)、とてもチャーミングなご婦人になっています。当時の自分の見る目のなさを痛感しました。
小学生の私は勉強ができる訳でもなく、かと言って活発な子どもでもない、特に特徴のない影の薄い子どもでした。そんな子供が何とかやっていけたのは、この同級生のお陰だったのでしょう。

小学校・中学校の同窓会に参加して思うことなのですが、医師になっているのが、確認しているだけで私も含め10人くらいはいます。その誰もが当時は、勉強ができる訳でもなく、活発な子でもなく、本当に目立たない子どもたちだという印象です。一般的に、医師になる人は頭脳明晰で出来る人というイメージですが、現実ではその真
逆です。頭脳明晰で出来る子は、医師には興味なく、他の職業を選択するようです。この現象は、私の周囲ばかりに限った事ではないでしょう。つまり、日本全国の医師たちは、少なくても頭脳明晰で出来る子どもではないのです。(一部には例外もあるでしょうが・・・)

|

« ストーブの前 | トップページ | 夏の鰻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 永田町小学校同窓会(還暦記念):

« ストーブの前 | トップページ | 夏の鰻 »