« 研究開発・・・ | トップページ | 空耳 »

入院・手術

Syositaiop3月26日(月)の午後3時半に入院し、翌27日(火)の午前10時半から左眼を手術(硝子体手術)しました。手術時間は約2時間でした。
硝子体手術は、目玉の硝子体(しょうしたい・がらすたい)という物質を細かく砕いて吸引して水に置換する方法です。手術の際に3本の鉗子を挿入して行います。局所麻酔で行われるので、手術の模様はリアルに眼前で行われ、それを2時間もの間、患者である私も観察し続けるのです。

 

Ca3i0116手術時間が長ければ、術後の出血・感染・眼圧上昇などのリスクも上がる訳で、手術後も点滴の針は抜かずに翌日まで写真のように留置されたままです。

 

Ca3i0119この入院した病院の食堂からは中原街道とTSUTAYAが近くに見えます。
術後、安静にしていなければならず暇を持て余していました。眼の前のツタヤにCDやDVDを借りてこようとも思いましたが、いちいち外出届を提出しなければならずに、持参したCDを何度の何度も聞いていました。その時に小椋佳さんの歌う「愛燦燦」がこころに沁みました。

|

« 研究開発・・・ | トップページ | 空耳 »

コメント

先生、手術お疲れ様でした。
慢性前立腺炎のブログで 高橋先生がご紹介した
「患者さんのブログ」を見て、先生の手術がうまくいった事を知りました。どうか無理をせず、ご自愛下さい。

投稿: 東京タワー | 2012/04/08 23:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入院・手術:

« 研究開発・・・ | トップページ | 空耳 »