« お便り | トップページ | ケーキ »

目からウロコ

2009年11月に左眼、20010年5月に右眼の白内障手術を地元の大学病院で受けました。
その結果、左眼視力は0.2から1.0に、右眼は0.4から1.2にまで改善しました。
ところが、良いことばかりではありませんでした。
Eye20091217大量の光が眼底に届くようになり、網膜がびっくりして浮腫むようになってしまったのです。平らであるべきスクリーンとしての網膜が部分的に浮腫むので、見えている画像がゆがむのです。
網膜黄斑浮腫という状態です。私のように糖尿病などの持病がある人間がなりやすいのです。理由は、糖尿病であると血管が動脈硬化で細く血流が悪くなります。すると末梢の網膜に十分な血流が確保されないので、網膜細胞が毛細血管に刺激を与え血管透過性が亢進し、血管から水分が浸み出てきて網膜が浮腫むのです。

それを回避するために、視力には影響しない部分の網膜をレーザー光線で破棄するという方法が取られます。
2009年に左目の白内障手術後にすぐに黄斑浮腫をおこしたので、右目は白内障手術前にレーザー光線で十分に網膜を焼きましたから、2010年の右眼手術後は、右目の黄斑浮腫はそれほどひどくならないで済んでいました。しかし、左目はレーザー光線を照射すると、その刺激でまた浮腫むというジレンマに陥ってしまい、定期的に眼科の診察を受けている状態です。

Mekarauroko今回も左目に黄斑浮腫が認められ、眼底を観察すると、浮腫の近くに微小動脈瘤が3個発見されました。
微小動脈瘤から水が浸み出る原理を準教授からご説明を聞いている最中に、問題の左目側の眼鏡レンズだけが唐突に「ポロッ」と私の膝に落ちました。準教授と助手の女医さんはビックリ、早速、出張眼鏡店のスタッフが直してくれました。その際、私が「先生のお話を聞いて、目からウロコですね。」とつぶやいたら、二人の先生にとてもうけました。

|

« お便り | トップページ | ケーキ »

コメント

先生の眼が良くなるよう、切に願っています。
どうか無理をせず、お体を大切にして下さい★
【回答】
ありがとうございます。

投稿: 東京タワー | 2011/01/24 23:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 目からウロコ:

« お便り | トップページ | ケーキ »