« 高圧酸素カプセルの導入 | トップページ | インフルエンザ重症化の理由 »

仕事の本質

Gegege2NHKの朝の連続ドラマ「ゲゲゲの女房」が終わりました。
診療前にいつも見ていました。その中で主人公の水木しげるを慕っていた、元漫画家の女性教師が次のような内容のことを話します。
『教師は世の中の面白いことを子供たちに教えるのが仕事だと思います。漫画家は世の中の面白いことを漫画の世界で子供たちに教えるのが仕事だと思うのです。』

Gegegeこのシーンを見て、私も次のように考えました。
つまり、『医師は生命の面白さを病気を通して人に伝えるのが仕事ではないか?』と思ったのです。
私は、このブログや病気関係のブログを中心に約900テーマ以上で生命の不思議さ難解さを解説しています。病気の本質や治療法を見極めようと努力していますが、そういう過程の中で生命の神秘さを感じています。開業医として臨床現場でたくさんの患者さん(開業20年間で現在24900人以上)と病気の相談・診断・治療を通して接していますが、その行為がある意味で伝道者になっているのかも知れません。

|

« 高圧酸素カプセルの導入 | トップページ | インフルエンザ重症化の理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の本質:

« 高圧酸素カプセルの導入 | トップページ | インフルエンザ重症化の理由 »