« 同級生の教授就任祝い | トップページ | ローマのカフェテラス »

ノルディック・ウォーキング

Cat_info_80_03開業医の仕事ばかりであまり体を動かさない日々を過ごしていると、さすがに年をとったせいか筋肉が落ちてしまいました。
最近では硬いものに座ると、坐骨が直接当たりお尻が痛くなります。

30歳代の頃は、地方の基幹病院勤務でしたから周囲の環境もよく、自然の中を毎日ジョギングをしながら体を鍛えていました。しかし都心の救急病院勤務の頃より、そのような時間も作らなくなり、体を鍛えることは自然消滅してしまいました。

健康法を成長ホルモンのサプリメントやアンチエイジングの点滴などに興味を持ち実践していたところ、奥さんに「体を鍛えなければダメ!」とたしなめられる状況になりました。もともと運動が好きではない性分で頑固な性格ですから、ただひたすら走るのがどうしても好きになれません。
悩んだ挙句、ノルディック・ウオーキングを見つけ出し始めました。インターネットでノルディック・ウオーキング用ポールを購入し、ユニクロでスポーツウェアをそろえ、ABCマートでニューバランスのウオーキングシューズを購入し(私は形から入る性格です)、いざ出発です。

クリニックが大田区馬込です。北上すること3.5kmで品川区五反田、南下すること3kmで量販店コジマ、東に向かえば2.5kmでJR大森駅、西に向かえば2.5kmで中原海道沿いの昭和医大病院に届きます。往復で5km以上、汗だくで帰宅し、早速シャワーを浴び、最後に成長ホルモンのサプリメントを飲んで就寝です。

ノルディック・ウォーキングは、通常のウォーキングに比べて20%以上も運動量増加になります。ですからノルディック・ウォーキング5kmは、通常のウォーキング6kmと同じ効果が出ます。また、ポールを使いウォーキング速度は速くなり、ポールの補佐でヒザ関節や足関節への物理的負担も軽減するので、運動嫌いの私ににとっては一挙両得です。

お陰で下半身の筋肉がつき、硬い場所に座ってもお尻が痛くありません。ノルディック・ウオーキング用ポールを使用するので、上半身も鍛えられます。道具を使用した運動は飽きが来ません・・・次はどんな用具を購入しようかと・・・。

|

« 同級生の教授就任祝い | トップページ | ローマのカフェテラス »

コメント

いつも楽しく拝見させていただいています。アンチエイジング興味あります。成長ホルモンのサプリってどのようなものですか?また点滴は胎盤エキスでしょうか?ビタミン?
【回答】
成長ホルモンの注射剤は存在しますが、とても高価であり直接的に効果があり、逆に強い副作用が出ます。
成長ホルモンの明らかに分泌低下の患者さんにしか利用できません。
しかし、年齢とともに成長ホルモンの分泌が悪くなるのは事実で、私のように50歳代で30%~40%以下、60歳代で15%にまで落ち込みます。
そこで成長ホルモン産生のための材料であるアミノ酸を補給すれば、間接的ながら成長ホルモンの分泌を促すことができます。
そのアミノ酸は、L-グルタミン、L-アルギニン、L-トレプトファン、L-フェニルアラニン、L-リジンです。その他にビタミンを加えた製品を私は服用しています。
私の服用しているのは、H.G.H.Zリアージュという商品です。

点滴は、動脈硬化の改善のために、Mg-EDTAというキレート剤(輸入薬剤)とビタミンCの点滴です。
ビタミンCは、1回の点滴で25グラム(25000mg)の大量投与です。

慢性前立腺炎にも効果ないですかね?たとえば術後の硬化部の可逆を促進するなど?
【回答】
効果があるかも知れませんが、自由診療になるので行ってはいません。

歳をとることに逆らうことは無理でしょうが何とか抵抗はしたいものですね。
【回答】
同感です。

是非アンチエイジングの最先端について教えてください

投稿: スイカ | 2010/07/29 19:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ノルディック・ウォーキング:

« 同級生の教授就任祝い | トップページ | ローマのカフェテラス »