« 善光寺参り | トップページ | クリニックの忘年会 »

オーデコロン

先日、23回目の結婚記念日でした。早いもので来年には、干支が2回廻ったことになります。

私は善いにつけ悪いにつけ「無味無臭」の人間です。活動的な人間でもなく、趣味もなく、会話が上手でもなく、全てのスポーツは下手で、医師になったとはいえ飛び抜けて頭脳明晰でもなく、ご婦人から見れば本当に面白みのない人間です。
こんな私を妻はどういう訳か好いてくれたのです。医師とはいえ当時私は病院勤めのサラリーマンです。私の実家が裕福でもなく、外見も彼女が好みの郷ひろみや西城秀樹でもなくです。
Gucciそんな妻から結婚祝いに、オーデコロンをプレゼントされました。父の日にもオーデコロンをプレゼントされましたが、今度は冬バージョンで柑橘系の温かみのある香りです。今でも「無味無臭」の私ですが、56歳にもなると彼女にとってもさすがに「加齢臭」が心配になるらしいのです。

定期的に大田区の泌尿器科専門医が集まり、意見交換を行なっています。「大田区泌尿器科医会」という名称です。その会議終了後、食事会を地元の居酒屋で行なうのですが、一人の先生が「今日は結婚記念日なので先に失礼します。」とおっしゃいました。すると別の先生が「俺のところはきのうだった。」とおっしゃるのです。「私のところの結婚記念日はおとといです!」つまりたまたま集まった大田区の泌尿器科医の5人のうち3人の結婚記念日が3日連続の連番であったという偶然に、驚いた一瞬です。(そのような偶然は、ありえないほどのわずかな確率です・・・どうでもいい話ですが・・・)

蒲田駅西口の「むぎとろ千田」という小さなお店で「大田区泌尿器科医会」の食事会を行ないました。先客に眞田先生(開業医でみのもんたのテレビ番組出演で有名な脳外科医)がおられました。同じ大田区の医師会に所属しているので全員面識があります。ご挨拶をしました。
また話の中でワインのポリフェノールが話題にあがり、同級生の近藤和雄先生の話がでました。私ともう一人の先生が大学で同級生だったのですが、東大出身の先生が「その先生と飲んだことがある!」と驚いていました。近藤先生は早稲田大学を卒業してから医科大学に入ってきたので、私よりも年齢が上なので同級生に見えないのでしょう。
さて「むぎとろ」とうたっていますが、酒も酒の肴もとても美味しかったです。注文したのが、お刺身の盛り合わせ、鯨の竜田揚げ、あんきも、鯨ベーコン、生牡蠣、最後に麦とろ飯です。(西蒲田7-62-8)

|

« 善光寺参り | トップページ | クリニックの忘年会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーデコロン:

« 善光寺参り | トップページ | クリニックの忘年会 »