« 男性の3割が座って小用 | トップページ | お薦めの獣医さん »

腸閉塞

Ileus13646m6term4月7日(土)朝、いつもの静かな診療が始まる筈でした。
木曜日と土曜日は、地元の患者さん専用にオープンしています。(インターネット来院する遠方の患者さんはご遠慮下さい)
以前ご近所に住んでいた患者さんの6歳のお子さんが、お腹が痛いので来院しました。
先日、引越しをしたのですが、昨日の朝からお腹が痛くなりました。引越し先の地元の開業医に診せたところ、急性腸炎の診断でお薬をもらいました。
しかし今朝になっても痛みは変わらないので、わざわざ東京の私のクリニックに両親がお子さんを連れてきたのです。
まずお腹を拝見します。お臍から下の下腹部を痛がっています。軽くお腹を押すと痛がります。これを圧痛といいます。臓器の直接の痛みを意味します。左右の下腹部を痛がっています。
次に、圧迫しながら、突然に圧迫した手を離します。その時に出現する痛みを反跳痛といいます。腹膜炎を意味します。左側の反跳痛が出現しました。
虫垂炎であれば、右側の圧痛と反跳痛が著しい筈ですから、それ以外の炎症疾患を疑います。

次に、超音波エコー検査を行ないます。
すると、写真のような、異常に拡張した小腸と腹水を確認しました。あきらかな腸閉塞の所見で、腹水が貯留していることから、かなり時間が経過していることがうかがえます。昨日のお腹の痛みは、腸閉塞の痛みであることが想像できます。
小児は予備力がない(キャパが少ない)ので、急性の病気を見つけたら急を要します。
蒲田に定期的に通院していた病院があるというので、紹介状を書き、直ぐに車で行ってもらいました。

後日、父親から電話連絡がありました。
虫垂炎の腹膜炎を疑って、緊急手術になりました。5時間に及ぶ開腹手術になったそうです。結果は予想通り、腸閉塞でした。お子さんは無事だとのこと。開業医としては、それが何よりです。
私が誤診をした最初の医師でなかったことは幸運に過ぎません。神様は医師に誤診させるよう様々な罠を仕掛けるのです。簡単に診断できる時は要注意です。丁寧に論理的に診察して、診断を組み立てなければなりません。

その後、お子さんが退院して、両親に連れられ元気に訪問してくれました。前述はしませんでしたが、腸閉塞の原因が腫瘍だったとお父さんから聞いていました。病理結果が出るまで2週間かかるということでした。その結果は、良性のものだったそうです!心から良かった!

|

« 男性の3割が座って小用 | トップページ | お薦めの獣医さん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 腸閉塞:

« 男性の3割が座って小用 | トップページ | お薦めの獣医さん »