« 81歳の歯科開業医 | トップページ | 咬まれた犯人は何処に? »

劇症型インフルエンザの劇症の訳

本日2007年1月18日各紙朝刊に、下記の記事が掲載されています。
免疫暴走が強毒性の鍵か スペイン風邪、東大が解明
 1918年に世界で大流行した「スペイン風邪」の原因となったインフルエンザウイルスに感染すると、暴走的な免疫反応が起きることを、東京大医科学研究所の河岡義裕(かわおか・よしひろ)教授を中心とする国際チームがサルへの感染実験で突き止めた。18日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 死者5000万人とも言われる同ウイルスの強い毒性の正体は謎だったが、こうした異常な免疫反応が影響した疑いが強い。
 日本でも確認され、人に感染した場合に高い致死率を示すH5N1型の高病原性鳥インフルエンザも、人や動物に異常な免疫反応を起こすことが分かっている。チームは「ウイルスによる免疫異常を妨げる方法が見つかれば、H5N1型の治療にも役立つはずだ」と指摘している。
 チームは遺伝子情報を基に人工合成したスペイン風邪ウイルスをカニクイザルに感染させ、通常のインフルエンザウイルスと症状を比較した。
 通常ウイルスに感染したサルは軽い症状が出ただけで自然に回復が始まったが、スペイン風邪ウイルスのサルは、重度の肺炎や肺出血などの症状が急激に進行し、回復の兆候はみられなかった。
 免疫などの反応を詳しく調べると、スペイン風邪のサルはウイルスの撃退に必要なインターフェロンの一種の働きが大幅に落ちる一方、炎症反応がより激しくなるなど、免疫が制御のきかない状態に陥っていたことが分かった。
 実験は厳重な防護措置が取れるカナダの施設で実施された。
2007年01月18日06時13分

【補 足】
この記事は、インフルエンザの最新の知見についての報告です。しかし、ここに報告されている現象は、日常の診療を真面目に見ていれば、容易に想像できることですし、私は臨床に応用しています。
普通の風邪をひいても、風邪症状のほとんどない人もいれば、風邪をこじらせて肺炎・化膿性扁桃腺炎・髄膜炎になる人もいます。こじらせた人は、強い風邪ウィルスにたまたま感染したか、初めからウィルスではなく肺炎双球菌や髄膜炎菌に感染したと思われます。

しかしこれは、感染したウィルスや細菌だけの一方通行の偏った考え方です。臨床医は、風邪症状、つまりは生体反応は強い病原体には強く反応し、弱い病原体には弱く反応しているという思い込みがあります。また、免疫が強い人は、病原体を直ぐに死滅させるから、風邪症状は出ないのだという思い込みもあります。

この考え方は、半分正解で、半分は不正解です。この考え方だけで治療すると、風邪をこじらせる人を作るリスクが高くなります。風邪ウィルスは免疫抗体で退治しますが、感染直後から免疫抗体が産生される訳ではありません。風邪ウィルスが体の免疫システムに認識されてから、それにピッタリの免疫抗体が産生されるまで数日のタイムラグがあります。この数日間は、体は風邪ウィルスに対して、全くの無抵抗状態です。しかし、なすすべもなく体は黙っていません。仕方がなく、抗体産生に無関係系の免疫システムが発動します。ケガなどの時に活躍する白血球の炎症反応です。ところが白血球は細菌を攻撃する専門家であって、ウィルスに対しては全くの無力です。ウィルスの存在する患部に白血球は緊急出動はしたものの、ウィルスを攻撃できないので、患部に存在する無害の常在菌に八つ当たりをします。その常在菌が肺炎双球菌や髄膜炎菌なのです。(そうなのです、肺炎双球菌も髄膜炎菌も、もともとは無害な常在菌なのです。)

一般的に医師は、風邪はウィルスが原因だから、抗生剤を処方する必要がないと様子をみます。発熱しても体がウィルスと戦っているのだから解熱させる必要なないと解熱剤を処方しません。大学病院などの医師ほどそのような対処の仕方をします。
しかし、体の白血球はウィルスを殺す免疫抗体が登場するまで黙っていませんから、化膿性の扁桃腺炎や細菌性肺炎を併発して、重篤な風邪になるのです。
私は風邪の場合、原因がウィルスと分かっていても、まず抗生剤と解熱剤を少量処方します。なぜなら、どちらの薬も白血球の炎症反応を適度にコントロールしてくれるからです。その間に免疫抗体の登場を待つという算段です。

実は、白血球の炎症反応がまったく無意味だとばかりはいえません。白血球の作った炎症の存在が、追っかけ出動到着する免疫抗体の活躍しやすい場を作ってくれたと考えられるからです。


|

« 81歳の歯科開業医 | トップページ | 咬まれた犯人は何処に? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劇症型インフルエンザの劇症の訳:

« 81歳の歯科開業医 | トップページ | 咬まれた犯人は何処に? »