海外からのお便り

高橋先生、こんにちわ。

沢山メールを貰っておられる中、読んで下さりありがとうございます。
私は○○○○在住が長い、36才ですが、最近気になる事で考えていた所、先生のサイトを拝見いたしまして、安心して産婦人科に足を運べました。ありがとうございます。
性病ではないはずなのに、おかしい、そんな覚えは無いと数日考えていて、アメリカのサイトとかも色々研究したのですが、アメリカの場合はすぐに法律沙汰になる為か、表面上の情報がご存知の通り限られていましたので、とても参考になり、また勉強にもなりました。
実際に一般の私達の中途半端に得る情報では、混乱が多い中、色々なケースの拡大写真付きで詳しく、ハッキリと説明をしてくださっている先生は、高橋先生だからこそ出来る事では無いでしょうか。
私自身は、あくまでも勉強をしたくなり、色々と自分以外の症状のケースも全て読ませて戴きました。医学は面白いですね。
高橋先生の様な先生が日本にもっと増えればいいですね。また、海外在住の私達、日本人にとり、先生の様なサイトがもっともっとあると、どれだけ助かる事でしょう。
今回は、お礼を言いたくて、メールを書いてしまいました。私は世界を飛び回る仕事を持っていた者です。前年も○○○○とか○○○○とかもいきました。○○○○も数え切れない位いきましたので、今36才ですが、これが何したいとか言う事も、欲も無いのですが、勉強だけには欲がいつもありますが。

先生も、もし○○○○に奥様、御家族と足を運ばれます際は、御声をお掛けください。なんて、ただ厚かましい事言っていますが、ただ単に、海の向うより、海外在住日本人を代表して?ありがとうの声を差し上げたかったのみです。私の写真添付もどういう人物が記載したメールなのかを、礼儀がてら、御送りした迄ですので、変にお取りにならないで下さいね。先生のご活躍、御家族の健康をお祈り申し上げます。

ありがとうございました。 

| | Comments (2) | TrackBack (0)

包皮腺、タイソン腺

真珠様陰茎小丘疹と区別がつきにくいものに、包皮腺(タイソン腺)があります。解剖学的に包皮小帯(裏筋)の左右にあるツブツブです。
包皮の垢で恥垢と呼ばれる臭気ののある分泌物を放出する皮脂腺です。若い方のご相談で、尖圭コンジローマと誤解される部分です。

患者さんのご厚意により写真を掲載しています。興味本位の方は、ご遠慮下さい。【写真】では、包皮小帯、俗に云う「裏スジ」の左右に小さなツブツブがいくつも観察できます。病気ではありませんから、治療する必要がありません。
このツブツブは、十人十色で様々なパターンがあります。この写真とソックリでなくても、ここに出来た場合は包皮腺です。
悪徳クリニックでは、尖圭コンジローマの疑いで手術をすることがしばしばです。罠にはまらないように気をつけて下さい。

ただし、病気ではない包皮腺を劣等感に思い、精神的に落ち込んでいる方だけ治療します。
純粋に美容外科の領域で私のテリトリーの診療ではありませんから気が進みません。
それでもどうしてもという方だけ、当院では足元を見て手術料金5万円です。
(・・・金額の割には、手術はとても簡単で短時間です。傷もほとんど残りません・・・お金が勿体ないですよ・・・)

| | Comments (24)

フォアダイス(fordyse)

【概念】
尖圭コンジロームと勘違いして悩む若者が多くおられます。フォアダイス(fordyce)はSTD・性行為感染症ではありません。成人男性の65%に認められる生理的な現象です。

もともとは毛根の周囲にあるはずの脂腺が独立して存在し、皮膚・粘膜表面から脂肪の黄色い粒が透けて見える状態です。ペニスの陰茎(さお)や包皮の部分に多く認められます。「毛のない毛根」と考えれば気にならないでしょう。

肉眼的所見:陰茎の皮膚を透して黄色の脂肪が観察できます。
患者さんのご厚意により写真を掲載しています。興味本位の方は、ご遠慮下さい。

ご婦人のフォアダイス所見です。
患者さんのご厚意により写真を掲載しています。興味本位の方は、ご遠慮下さい。21歳のこの女性は尖圭コンジローマになったと思い心配になり来院されました。膣口から肛門にかけてツブツブが確認できます。女性のフォアダイスですと知ったら、安心してお帰りになりました。


顕微鏡所見:毛のない毛根の感じがよく出ています。白いブドウの房のような組織がフォアダイスの本体です。
fordysemicro.jpg
(外陰部皮膚疾患アトラスp63 日本医学出版より転写)

【治療】
病気ではありませんから治療の必要はありません。それでも美容的に気になったり、劣等感になっているのであれば、その心を治すという意味で電気焼灼で治療します。ただし、病気ではないので保険が利きません。当院では自費診療になります。
私は病気を治すのが信条の泌尿器科医であって美容外科医ではありませんから、病気ではない真珠様陰茎小丘疹を治したくありません。それでも治療して欲しいという方には、5万円で治療をお受けします。

| | Comments (271)

膣前庭乳頭症を尖圭コンジローマと誤診しないために

【注意】
女性性器に関する病気は全て婦人科の診療範囲の病気です。ですから、女性性器の病気でお悩みの時には、始めに必ず婦人科を受診して下さい。婦人科を受診しても尖圭コンジローマのように治りが悪い場合には、高橋クリニックでもご相談を受けます。


Slideplease膣前庭乳頭症を尖圭コンジローマと誤診されるご婦人が後を絶ちません。
始末に負えないのが、病理診断で尖圭コンジローマと診断される場合です。組織診断を行う病理医の能力にもよりますが、「膣前庭乳頭症」に関して無理解で誤診してしまう場合がほとんどです。
これは、尖圭コンジローマ特有の空胞細胞(コイロサイトーシス)とグリコーゲンを豊富に含んだ膣壁細胞とを区別できないためです。また、粘膜固有層の発達度合いの見方も不十分です。
病理組織標本スライドを持参していただければ、私の目で改めて診断可能です。スライドを借用しやすくするために、上の用紙を作成しました。この画面をクリックして、大きく表示された画面を印刷して、主治医にお渡しし、借用願って下さい。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

尖圭コンジローマと誤診

「尖圭コンジローマ」と他の医療機関で診断された患者さん多くが、いろいろ悩んだ末にお越しになり、私が再検査すると9割の患者さんが「膣前庭乳頭症」でした。
この誤診のために、身に覚えない浮気を疑われ、離婚間近のご夫婦が来院されます。尖圭コンジローマではなかったと診断しても、一度入った夫婦間の心の亀裂は修正できずに、離婚されたご夫婦もおられました。

「尖圭コンジローマ」は、ヒトパピローマウィルスHPVの感染による性行為感染症の「イボ」です。いわゆる性病です。
「膣前庭乳頭症」は、膣の細胞が何らかの原因で、外陰部の皮膚から芽が出て来た状態です。中年以降のご婦人がたまに性行為をすると、外陰部に微細な傷ができて、そこに膣細胞膜が自家移植されたのが原因と思われます。

ほとんどの患者さんが、病理組織検査の結果、ヒトパピローマウィルスHPVの感染細胞であるコイロサイトーシス(空胞細胞症)の発見を根拠に、尖圭コンジローマと診断されています。
患者さんの多くが、婦人科の医師に「肉眼的には違うと思うけれど、念のために組織を調べましょう。」と言われ病理検査に出すと、結果が出て、「残念ながら、コイロサイトーシスが発見されたので尖圭コンジローマでした。」と診断されています。
ここに病理学の専門医の誤診があるのです。その原因がワンパターン認識です。

Cond19960f315
この顕微鏡写真は尖圭コンジローマのコイロサイトーシス空胞細胞です。空胞に見える部分にHPVウィルスがパンパンに詰まっています。その他の特徴としては、細胞内の核が歪(いびつ)に変形しています。
Koilo
空胞細胞には、写真のように4タイプに分類できます。見た目は違いますが、全て同じ細胞で成熟度が違うだけです。

Koilocyte20099f3722
この顕微鏡写真は膣前庭乳頭症の空砲細胞です。空胞に見える部分に膣内の乳酸菌を育てるためのグリコーゲンがパンパンに詰まっています。その他の特徴としては、細胞内の核が小さく丸くなっています。
どちらの空胞細胞も、一見して同じように見えるので、病理学の専門医が、膣前庭乳頭症の空胞細胞を尖圭コンジローマのコイロサイトーシスと誤診してしまうのです。

Koilovpv_2
それぞれの空胞細胞の発生過程・工程をイラストにして示しました。
上の列が、膣前庭乳頭症、下の列が尖圭コンジローマです。

【膣前庭乳頭症の病理組織像の観察法】
①外陰部の扁平上皮に自家移植された膣組織は、次第に成長し大きくなります。
②膣組織の基底細胞は、膣の常在菌である乳酸菌(デーデラン桿菌群)を飼育するために、グリコーゲンを作る細胞です。膣細胞内の核が活発になり、細胞内にグリコーゲンを作ります。
③作られたグリコーゲンは細胞内で空胞として観察できます。その姿が、尖圭コンジローマのコイロサイトーシス空胞細胞症と誤診されるのです。違う点は、グリコーゲンを作り終えた核が変形せずに、相似的に小さく(廃用性萎縮)なるだけです。
④グリコーゲンは細胞内でタップリ蓄えられ完全な空胞細胞になります。核は、細胞端で扁平になるか消失します。
⑤顕微鏡の同一視野の中に、これらの時間的流れのほぼほぼ2タイプが確認できたら、膣前庭乳頭症です。

【尖圭コンジローマの病理組織像の観察法】
❶HPVウィルスが、皮膚の扁平上皮の基底細胞に感染します。
❷ウィルスは、細胞の核に侵入して、ウィルスを合成します。
❸合成されたウィルスは、核の外に放出されます。それが、空胞に見えます。これをコイロサイトーシス空胞細胞症と呼び、HPVウィルス感染の特徴的な細胞です。
❹細胞内でウィルスの詰まった空胞部分が次第に大きくなります。自然な現象ではないので、本来の細胞構造の影響を受けます。核は、細胞膜といくつかの支持線維で宙に浮いた状態です。その複数の支持線維え区画されたスペースにウィルスが補充されるので、様々な方向から圧迫された核はイビツに変形し小さくなり、細胞の奥の片隅に追いやられて、空胞細胞の完成型が出来上がります。
❺顕微鏡の同一視野の中に、これらの時間的流れの4タイプの空胞細胞が確認できたら、尖圭コンジローマです。

それぞれの空胞細胞の発生過程を勉強すれば、空胞細胞の微妙な違いが明確に分かりますよね?パターン認識の空胞細胞=コイロサイトーシスという思い込みが誤診を招き、患者さんを悩ませるのです。
誤診の経緯には、婦人科の医師にも問題があります。
「尖圭コンジローマとは思えませんが……」と言っておきながら、病理組織検査の依頼書に「尖圭コンジローマの疑い」と記載します。
病理の専門医は、依頼書を見ながら、顕微鏡所見を検討します。『婦人科の医師が、肉眼的に尖圭コンジローマを疑っている……』と思いながら、「尖圭コンジローマ」と診断するのです。
婦人科の医師は、「病理の専門医が『尖圭コンジローマ』と診断したから、間違いありません。」と言うのです。……無責任ですよね?された理由

|

«膣前庭乳頭症を尖圭コンジローマと誤診しないために