新しい治療

マナーズサウンド#4 「観音」

Kannonbosatsups
仏教の世界では、お釈迦様のように悟りを開く前の修行の段階を菩薩といいます。
菩薩で一番有名なのが「観世音菩薩」いわゆる「観音様」です。観音様は世の中の苦しんでいる人々の声を観ることができるといいます。そうです、音を観ることがができるのです。まるで、音源を可視化したマナーズサウンドのサイマティクスのようです。
もしかすると、観音様は音を観ることが出来るように、音で人を治すことが出来るのかも知れません。

観音様には色々な側面があり、その側面を表現することにより、様々な観音像があります。とても有名な千手観音は40本の手をお持ちになり、その一つ一つが25本の機能を持っているので千手と呼ばれています。色々な音源、1200種類(千手より多い)を持つマナーズサウンドは千手観音の化身ともいえます。

| | コメント (2)

マナーズサウンド#3 「細胞は楽器」

Mscell
私たち人間の生命活動の基本は細胞です。
この細胞は動物細胞に属し、ブドウ糖をエネルギー源として酸素を利用して化学エネルギーATP(アデノシン三リン酸)を獲得します。
この化学エネルギーを利用して、様々な複雑な生命活動を営んでいるのです。そのためには、細胞内、いわゆる細胞質には複雑な仕組みや装置が備わっています。
これから、各装置について解説しましょう。

続きを読む "マナーズサウンド#3 「細胞は楽器」"

| | コメント (0)

マナーズサウンド#2 「宇宙は世界は細胞は踊る」

Mannerselectroncloud
原子は中心に原子核が存在し、その周りを電子がある一定の距離で飛んでいます。
電子が飛んでいるといっても、人工衛星のように一定の軌道を一定の速度で動いている訳でもなく、速度を変化させ軌道を変化させて移動しています。
量子力学の世界では、電子の位置と速度を同時に定めることは出来ないとされています。位置が判明すれば速度は確定できず、速度が確定した時には位置が判明しないという訳の分からない現象が、極微の世界では起きているのです。
この電子の軌道を化学では雲のように見ています。原子核から一定の距離にあるまとまった雲が電子の存在・移動する場所なのです。ですから、電子は振動しているようです。

すべての元素の原子が同じ状態であり、原子核の周囲の雲が一部重なる程度の距離で、付いたり離れたりして分子を形成します。
分子は一定の法則で集合し、ミネラル・アミノ酸・タンパク質・酵素・ビタミン・ホルモン・細胞・組織・臓器・器官を形作り、集合体になって生命、人間が出来上がるのです。したがって、人間は髪の毛の一本に至るまで認識できないような振動の渦の中に存在するのです。

Mannersonsa
理科の実験で二つの音叉を離し、片方を鳴らすと、空気中を音叉の振動が伝搬し、もう片方の音叉が鳴り出します。この現象を共鳴といいます。両方の音叉が同じ形をしているから起きる現象です。音叉の形が異なれば起きない現象です。

人間の細胞・組織・臓器・器官は、人間の本来持っている「巧みな仕組み」によってコントロールされています。
それは、神経、免疫、ミネラル、ホルモン、血液、リンパ液、体液などです。

続きを読む "マナーズサウンド#2 「宇宙は世界は細胞は踊る」"

| | コメント (0)

マナーズサウンド・セラピー

Mannersdr【マナーズ博士】
数年前、たまたま代替医療のある会合で、隣の席に座られたご婦人が、音響による治療で世界的に有名なイギリスのマナーズサウンドの日本代表の平田さんでした。音と病気の治療に興味を持っていた私にはドンピシャリで、話が弾み、高橋クリニックにお越しいただき、プレゼンテーションをしていただきました。

Merodyic実は、以前に泌尿器科学会の発表で、メロディ(振動・周波数・音)と過活動膀胱についての仮説について報告したことがあります。学会場の聴衆は目が点になっていましたが・・・。そんな私にとって音響治療の存在はストライクゾーンでした。

Mannersyuhobika日本では創世記のマナーズサウンドは、当時はそれほど知られてはいませんでしたが、平田代表の信念とたゆまぬ努力で治療機器も洗練されたものになりました。会員数も増え、治療効果のある音源の含まれた環境音楽CDがAmazonで発売され、会員でない一般の方にも聴けるようにまでなりました。マナーズサウンドを実践する会員も増え、現在ではかなり有名な代替医療です。健康雑誌「ゆほびか」にマナーズサウンドのCDが付録につくほど有名になりました。

続きを読む "マナーズサウンド・セラピー"

| | コメント (2)

蜂蜜が傷の治りを促進? m3.comの記事から

蜂蜜の創傷治癒効果を実証
線維芽細胞の遊走を促進

2014年8月5日 化学工業日報

 山田養蜂場はイタリア・東ピエモンテ大学のエリア・ランツァート博士と共同で、完熟蜂蜜が皮膚の内部に存在する線維芽細胞の遊走(組織内での移動)を引き起こし、創傷治癒(傷の治り)を促すことを確認した。古くから用いられてきた蜂蜜の創傷治癒効果に対する科学的な裏付けの一端となる成果といえる。このほど学術誌「Burns&Trauma」に発表した。

 蜂蜜は古来から創傷治癒やスキンケアを目的として世界各地で伝承的に用いられてきた天然素材で、医療現場への応用を目指した研究が行われている。一方、治癒にいたるまでのメカニズムや蜂蜜の種類による効果の違いといった基礎的な知見について不明な点が多い。

 山田養蜂場は2010年からエリア・ランツァート博士らの研究グループを助成し、完熟蜂蜜が皮膚の表面に存在する角化細胞に作用して創傷の治癒を促すことを明らかにしている。そこで今回、蜂蜜が創傷治癒の際に皮膚の内側に存在する線維芽細胞に作用するか、蜂蜜の種類によって効果やメカニズムに違いがあるかを調べた。

 シート状に培養したヒト線維芽細胞に引っかき傷をつけ、蜂蜜を添加しない状態、アカシア蜂蜜、ソバ蜂蜜、マヌカ蜂蜜をそれぞれ0・1%の濃度で添加した状態で24時間培養。傷口が塞がった割合を算出した。

 その結果、すべての蜂蜜が無添加よりも著しく高い創傷閉鎖率を示した。とくにアカシア蜂蜜とソバ蜂蜜は傷口を塞ぐ作用が強く、マヌカ蜂蜜の1・5倍以上の活性が確認できたという。研究グループは「日常的な怪我などの傷の治療に役立つことが期待される」としている。

| | コメント (0)

オゾン療法とプラズマ療法

オゾン療法という治療が存在します。イギリスでは保険診療として認められている治療です。日本では代替医療の専門の先生たちが行っています。別名、「血液クレンジング療法」としても有名です。この治療法の研究会もあります。

オゾン療法の方法は以下のように行います。
患者さんから血液を100cc~200cc採血します。その採取した血液にオゾンガスを封入・暴露・暴気処置してから、再度患者さんの体に戻します。

Ozon血液中のオゾンO3は、図に示すように様々な変化・反応をして体に有益な作用をもたらします。
その結果、下記のような疾患の治療に応用されます。
(研究会資料より)
1.がん、悪性リンパ腫
2.自己免疫疾患(慢性関節リウマチ、多発性硬化症、クローン病、アトピー性皮膚炎、エリテマトーデス)
3.線維筋痛症
4.ウィルス性疾患(B型,C型肝炎、HIV、パピローマウィルス、帯状疱疹)
5.慢性腎不全
6.慢性疲労症候群
7.脳神経退行性疾患(アルツハイマー病、パーキンソン病、痴呆)
8.呼吸器疾患(肺気腫、COPD )
9.真菌感染症
10.眼科疾患(白内障、緑内障、加齢性黄斑変性症)
11.動脈閉塞性疾患(心筋梗塞、脳梗塞)
12.下肢静脈瘤
13.糖尿病(糖尿病性末梢神経障害、糖尿病性壊疽)

続きを読む "オゾン療法とプラズマ療法"

| | コメント (5)

若返り プラズマ療法 患者さんの体験談

高橋 知宏 様

いつもお世話になっております。

9月14日(金)に、包皮裂傷の修正手術をしていただいた〇〇です。
再三再四にもかかわらず、快く引き受けてくださり誠にありがとうございました。

今回は別件で相談させて頂きたいことがあります。

術後1ヶ月が経ちましたのでSEXしたところ、「中折れ」してしまいました。
入れた状態でしばらく動いていると、次第に小さくなってしまいます。
硬さや反りも以前より悪くなっています。

亜鉛サプリ、レバニラ炒め、エナジードリンクを摂取しましたが効果ありませんでした。

おかげさまで痛みは軽減されているのですが、それでも挿入時にまだ痛みがあり、それも萎える要因のひとつです。

ぜひ改善したいのですが、どのような手順を踏めばよろしいでしょうか?
教えてください。宜しくお願い致します。

【返信】

お答えします。

サプリメントや食事では改善しません。
時間が治療です。
どうしても改善しないのなら、プラズマ療法があります。
説明が難しいので希望であればお越しください。

続きを読む "若返り プラズマ療法 患者さんの体験談"

| | コメント (4)

若返り プラズマ療法

還暦を過ぎると、健康をどんなに気遣っても、体力の衰えは避けて通れません。いわゆる老化現象です。
筋力は低下するし、大臀筋(お尻の筋肉)は痩せたので固い物の上に座ると坐骨が痛くなるなどの経験を通して、日々進む加齢を否が応でも自覚します。

以前に紹介したプラズマ療法は、間質性膀胱炎や慢性前立腺炎の患者さんの辛い症状を軽快させるために、現在実施していますが、その効果は今ひとつです。
Musclebeautyman元々は癌患者さんのための代替療法ですから、いろいろな病気の患者さんに試しています。
マイナス電子を放出するパッドを体の4か所に装着し、30分間治療します。大量のマイナス電子は体の中に浸透し、血液中の水分子・酸素・窒素を電離させ、プラズマ状態にします。その間に電離した酸素と窒素は生物活性を持った一酸化窒素に変化し、血管拡張作用などの作用で体内の内部環境を改善させます。
同時に器械内で純水をマイナス電子過飽和状態(プラズマ水)にし、治療後に服用してもらいます。また、作成中のプラズマ水からはマイナス電子が空気中に放出され、空気をプラズマ状態に変化させ、それを治療している患者さんが呼吸吸入するシステムになっています。
私も5年前から右手の薬指と小指がしびれていて、何かと不自由です。また、網膜黄斑変性症の持病もあるので、自分を実験台にして治療を体験しています。

続きを読む "若返り プラズマ療法"

| | コメント (8) | トラックバック (0)

プラズマ療法

平成24年5月20日(日)に日本プラズマ療法研究会に出席しました。
プラズマ療法・・・初めて耳にする治療法です。懇意にしている水上先生が症例報告をなさるというので、興味本位に出席しました。

プラズマとは、原子が結合して分子とならずに独立して均一に存在する状態を意味します。例えば酸素O2であれば、O-の状態で存在している状態だそうです。
純水を一定の周波数の強い磁場の中に置くと、純水の中にたくさんの電子e-が生まれます。時間が経過すると、純粋中の電子は過飽和状態になります。純水にマイナス極、純水直上の空気中にプラス極の回路を作ると、純粋中の電子が空気中に飛び出します。飛び出した電子は空気の窒素分子N2や酸素分子O2と衝突して、N+やO-の電離状態になります。つまりプラズマ状態になるのです。そこで生成されたプラズマ状態の空気を患者さんに吸入していただきます。

また、空気中でプラズマ状態になった窒素Nと酸素Oは、特殊な形で結合し、一酸化窒素NOが生成され、純粋中に混入し、一酸化窒素が大量に含まれた純水ができます。通常、一酸化窒素NOは不安定なので短時間で消滅してしまいますが、このプラズマ状態で生成された一酸化窒素NOは、長時間に渡って純粋中に存在します。この高濃度に一酸化窒素NOが含まれた純水を1週間かけて少しずつ患者さんに服用していただきます。
以前に解説したように、一酸化窒素は血管平滑筋の緊張をやわらげ弛緩させるので、血管は拡張し血流が改善し体内の内部環境を改善させます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)