« 尖圭コンジローマ(性病のイボ)に効くアロマエキス | トップページ

アロマエキスの威力

Aloma22467f65
60歳以上の高齢者になると、身体の至る所にイボができる人がいます。それを老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)と呼びます。多発する方もおられます。服で隠れる場所であれば、気になりませんが、顔や首、手などの人目につく場所であると、気になって仕方がないでしょう。
近所のご婦人が、以前からあったイボが次第に大きくなり、しかも色が濃くなったので来院されました。
拝見すると、写真のような老人性疣贅です。手術で簡単に消すことは出来ますが、以前からのアロマ治療の効果を確認したく、患者さんに承諾を得てアロマエキスの服用と付けていただきました。

Aloma22467f652
1カ月半経過した頃、患者さんが嬉しそうに来院されました。
写真のように、薄くなっています。遠目で見てもほとんど分かりません。アロマエキスおそるべし!

|

« 尖圭コンジローマ(性病のイボ)に効くアロマエキス | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 尖圭コンジローマ(性病のイボ)に効くアロマエキス | トップページ