« 漢方の真実 | トップページ | 若返り プラズマ療法 患者さんの体験談 »

若返り プラズマ療法

還暦を過ぎると、健康をどんなに気遣っても、体力の衰えは避けて通れません。いわゆる老化現象です。
筋力は低下するし、大臀筋(お尻の筋肉)は痩せたので固い物の上に座ると坐骨が痛くなるなどの経験を通して、日々進む加齢を否が応でも自覚します。

以前に紹介したプラズマ療法は、間質性膀胱炎や慢性前立腺炎の患者さんの辛い症状を軽快させるために、現在実施していますが、その効果は今ひとつです。
Musclebeautyman元々は癌患者さんのための代替療法ですから、いろいろな病気の患者さんに試しています。
マイナス電子を放出するパッドを体の4か所に装着し、30分間治療します。大量のマイナス電子は体の中に浸透し、血液中の水分子・酸素・窒素を電離させ、プラズマ状態にします。その間に電離した酸素と窒素は生物活性を持った一酸化窒素に変化し、血管拡張作用などの作用で体内の内部環境を改善させます。
同時に器械内で純水をマイナス電子過飽和状態(プラズマ水)にし、治療後に服用してもらいます。また、作成中のプラズマ水からはマイナス電子が空気中に放出され、空気をプラズマ状態に変化させ、それを治療している患者さんが呼吸吸入するシステムになっています。
私も5年前から右手の薬指と小指がしびれていて、何かと不自由です。また、網膜黄斑変性症の持病もあるので、自分を実験台にして治療を体験しています。

驚くことに、少しずつ手のしびれが改善したのです。諦めていたのでとても嬉しくなりました。また筋力トレーニングを全く行っていないにもかかわらず、不思議と全身の筋肉が付いてきました。固いもの上に座ってもお尻が痛くありません。体力の向上、つまり少し若返ったのです。目の状態は定期的な大学病院での検査でも改善し安定しています。

さらに喜ばしいことが起きました。60歳男として何年も前から「朝立ち」という現象が無かったのにもかかわらず(・・・お恥ずかしい)、その現象が起きるようになったのです。いざという時の硬さも当然増してきました。そうなると、自慢できるものではない粗末なものですが、それなりに大きくもなってきました。とうに忘れていた『これだ!』という「感覚」も蘇えってきたのです。「棚からボタ餅」です。

ED治療でバイアグラやシアリスを使って無理やり勃起させることは可能でしょうが、その感覚を正常に戻すことは一般的に不可能です。なぜなら、それらの薬剤は血管拡張薬であって神経の薬ではないからです。プラズマ療法は血管拡張作用だけではなく、神経や神経回路に直接作用しているようです。その細かい作用機序は不明ですが、プラズマ療法で発生する活性物質の一酸化窒素の作用だけでは説明困難です。一酸化窒素、すなわちニトログリセリンの変換物質は、狭心症や心筋梗塞の治療薬ですが、ニトロ系を投与された患者さんがマッチョになったり若返るという事実を聞いたことがありません。

私の体験から、プラズマ療法は「アンチエイジング・抗加齢」に期待が持てます。様々なサプリメントを試してみて、今ひとつ結果が得られない人には朗報でしょう。

|

« 漢方の真実 | トップページ | 若返り プラズマ療法 患者さんの体験談 »

コメント

お忙しいところ申し訳ありません。
父が末期の舌癌で自宅療養中です。
毎日ラクテックを点滴をしていたのですが、最近急に状態が悪くなってきています。貧血があるということで1週間前より鉄剤のフェジン2Aを点滴と一緒に注射しはじめたからではないかと思っているのですが
何か関係はありますでしょうか?
よろしくお願いします。
【回答】
可能性はあります。
下記に最近の情報を記載します。
★★★★★★★★

鉄分過剰「がんの一因」
名大グループ「制御で発生予防期待」
読売新聞 8月31日(金)

 名古屋大医学系研究科の豊国伸哉教授と赤塚慎也助教の研究グループは、体内の鉄分が過剰になるとがんを引き起こすリスクが高まる可能性があることを、ラットを使った実験データなどで明らかにした。研究成果は、29日付の米科学誌「プロスワン」電子版に掲載された。

 豊国教授らのグループは、体内にある鉄分は生きるために不可欠だが、細胞が傷つくなどすると鉄分がたまり、過剰になると病気を引き起こす悪性の鉄分が発生する点に注目。鉄分の過剰が発がんに関わっているのではないかと考えた。

 実験では、鉄分を過剰に投与し、ラットの腫瘍を最新の解析方法で調べた。その結果、腫瘍細胞内の染色体の異常な変化が、腎臓がんなど人のがんと似ていることを発見。鉄分過剰が人のがんの一因と推測できるデータという。

 がんの多くは、腫瘍内で染色体の数が増減するなどの異常な変化が見られるが、こうした染色体数の異常と発がんの関係はいまだに解明されておらず、がん発症の原因はいまだ不明なものが多い。

 豊国教授は「鉄を制御することでがんの発生を予防したり、遅らせたりする効果が期待できる有用なデータであり、今後も研究を進めたい」と話している。

投稿: ミルミル | 2012/09/02 14:55

先生いつもお世話になります、[若返りプラズマ療法]のブログ読みました!以前に増してお元気になられてなによりです、プラズマ療法ですが、この機器は販売されてるのでしょうか、(価格?)それとも医療用でドクターが使うものなのでしょうか?
【回答】
医療用ですが、交渉次第では自家用が可能かもしれません。
値段は300万円くらいです。』

先生の目のサプリでの回復具合といいプラズマ若返りに感銘しました!できるならぜひあやかりたいですね、素人考えですが排尿機能障害でも膀胱の細胞にプラズマが働きかけ細胞が柔軟になり・・効きそうですが・・
【回答】
慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の症状のひどい人を選んでプラズマ療法を行いましたが、効果は今ひとつでした。
アンチエイジングには効き目があっても、全ての疾患には無理かも知れません。

投稿: けんじ | 2012/11/24 13:24

先生,回答有難うございます、先生の体をはった治験で、先生の手の痺れが緩和された、おちてたおしりの筋肉がついた、朝に元気!先生がまず、よりお元気になられる事が私どもお世話になってる患者の願いです、アンチエイジングで皮膚なども艶が出たり、しみが消えたり髪の毛が生えたりしたら良いですね、癌患者を救えるといいですね、内視鏡型でプラズマを患部に直接当てる方法など開発されると応用範囲も広くなると思います(素人考えの願望ですお許しください)
何よりも先生の目の具合が良くなったのがうれしいです!
先生、体をはった治験続けてぜひブログで特集報告をお願いします

投稿: けんじ | 2012/11/28 21:34

高橋先生

初めてメールをさせて頂きます。
現在、膀胱炎という診断をもらい治療をしております。以前より、年間何回か繰り返し膀胱炎をしております。昨年夏より、それが毎月になり、3週間前から、残尿感、痛み、頻尿があり、今週末からはさらにひどくなり、現在は一時間に1回トイレに通い、夜中は2回ほど通う感じです現在は中医を取り入れた内科を受診しています。
体質がかなり特異なようで、薬によるアレルギーがあります。特に経口薬によるものが多いのですが、それが一定していません。いまわかっているのは、乳糖、アルコール、ペニシリン、ロキソニンはいつのんでもダメなようです。あとは、一定期間飲むと効かなくなってしまうものがあるようです。例えば、抗生物質も飲み続けると、発疹、下痢などの症状がでてしまうといった体質です。
膀胱炎の薬も同じでした。現在は、漢方も、乳糖が使用されているものは使えないため、煮出しのものを処方されて、飲んで1週間たちますが、症状は悪化していくような感じです。
仕事が幼稚園に勤務しているため、残尿感がある状態では集中できなかったり、トイレにいけなかったりと困難な状態です。
ホームページから先生のブログをよませて頂きまして、この治療が膀胱炎にも効くとのことで、メールをしたしだいです私のような体質でも治療は可能でしょうか?
【回答】
排尿障害が原因の膀胱症状です。
排尿障害を治せば改善します。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/
をご覧下さい。

投稿: 〇〇〇ともみ | 2013/03/03 10:59

本日二度目のプラズマ療法をしていただきました患者です。
プラズマ治療中から今日は麻酔のききが悪いかな?(いつもなら麻酔を打つと残尿感が和らぐ)と感じていたのですが、帰宅後、息が苦しくなるほど残尿感の悪化を感じました。
ちなみに、一度目の治療後は気分こそ悪くなかったものの、いつもより麻酔が切れるのが早いと感じました。
このような症状にプラズマ療法との関連性は考えられますか?
私の体質には合っていないということでしょうか?
【回答】
様子をみましょう。

投稿: 千葉 | 2014/02/05 14:24

高橋先生ご無沙汰しております。
昨年診察して頂いた、診察カード33307です。
2013年3月はじめから左足に麻痺を感じ始め、4月下旬に岩手医大で診察の結果「脊髄硬膜動静脈瘻」と診断され、すぐに入院しましたが左足は神経麻痺で全く動かすことができない状態になり、入院・手術・リハビリと合計4ヶ月の病院生活を送りました。その間に排尿障害の症状も現れ神経因性膀胱と診断され、薬を処方されましたが効果はありませんでした。昨年ネットで高橋先生を知り盛岡から上京して診察して頂き、処方して頂いた薬のおかげで症状はとても楽になりました。現在はかかりつけの脳神経外科に併設の泌尿器科で高橋先生の処方にベタニスを加え飲んでいます。

先生がお書きになっている『代替医療の光と影』の若返りプラズマ療法のブログの中で、「プラズマ療法は血管拡張作用だけではなく、神経や神経回路に直接作用しているようです」とありましたが大変興味があります。というのは、私はいまだ足に麻痺が残っていて歩行にも支障をきたしている状態です。ぜひプラズマ療法法を試してみたいのですが10月14日(金)の午後の診療は可能でしょうか。また、仕事を休んで盛岡から参りますので15日の土曜日午前・17日の月曜日午前・午後と連続しての診療は可能でしょうか。
よろしくお願いいたします。
【回答】
可能です。

投稿: 広昭 | 2016/10/03 17:08

高橋先生

早速のお返事ありがとうございます。
よろしくお願いいたします。

投稿: 広昭 | 2016/10/04 17:07

先週の金曜日に診察して頂いた、診察カード33307です。
私の手術日程のご相談ですが、お電話では診察中ご迷惑かと思いメールしました。
手術日程ですが、2月1日(水)・2日(木)のどちらか先生のご都合の良い日でお願いできますでしょうか。もしダメであれば、2月15日・16日・17日のうちでお願いできればと思います。

また、手術の際に注意すべき点や準備するものなどあれば教えてください。ホテルの宿泊予約は4泊でよろしいでしょうか。

お忙しい中恐縮ですが、よろしくお願いいたします。

投稿: 広昭 | 2017/01/25 13:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/55377692

この記事へのトラックバック一覧です: 若返り プラズマ療法:

« 漢方の真実 | トップページ | 若返り プラズマ療法 患者さんの体験談 »