« 便秘の解消 | トップページ | 更年期障害のサプリメント:大豆イソフラボン »

喘息とアトピー性皮膚炎の療養

先日、ある幼稚園の卒園18年後の同窓会に参加しました。
当時園児だった子供たちが、今や24歳~25歳の立派な社会人です。本人を始めお母さんやお父さんも参加してのにぎやかな総勢70人以上の同窓会でした。今は大人の彼らが、一人ひとり当時の思い出と、現在の状況を詳しく自己紹介してくれました。自分の意見をしっかり持った子供たちを見て、親御さんはもちろんのこと、幼稚園児を指導して下さった先生方も大喜びです。

Jasminethai同窓会は午後2時から午後4時だったのですが、久しぶりに集った子どもたちは、そのまま2次会に流れました。親御さんたちも、このままお別れするのも寂しいので、有志だけの2次会を急遽設けました。
たまたま妻が知っている六本木のタイ料理のお店を、会場にしました。入店した5時過ぎは空いていたのだけれど、7時ごろには広い店内が満席の賑わいようでした。たくさんのご馳走をたらふく食べ、定番の生春巻きをはじめ、トムヤンクン・ラーメンが絶品でした。

さて、ワイワイ話しをした中であるママが昔、タイに長期滞在していたことを語られました。
彼女の友人がご主人の仕事の都合でタイに派遣されていました。ご家族も一緒にタイに住んでいらしたそうです。その間に、喘息やアトピー性皮膚炎を持病に持っていたご子息が、治ったというのです。そして、薬も必要なくなり完全治癒したのでした。
その友人が、彼女の息子さんの喘息とアトピー性皮膚炎についてたまたま知り、「だまされたと思って夏休みにタイに長期間滞在してみて」と言うのです。

当時、タイは3週間以上の滞在にはビザが必要だったので、わざわざビザを申請してタイにご子息と一緒に行かれたそうです。
タイに滞在して1週間経過して、ご子息が薬を飲み忘れたほど体調が良くなりました。そして1ヵ月経過した頃には、薬を全く必要としなかったそうです。日本に帰国してからも、薬の必要はなくなり、喘息とアトピー性皮膚炎は完治してしまいました。
当時のタイは排気ガスで空気はとても悪く、現地の水や屋台の食事をそのまま摂取すると下痢するくらいで、衛生状態も悪かったのでそのようなものは口にしなかったそうです。にもかかわらず、タイに1ヵ月滞在していただけで喘息とアトピー性皮膚炎が治ったのです。医学的にはとても不思議な内容です。

Ige【イラスト】
喘息やアトピー性皮膚炎は、「IgE抗体」という免疫が絡んだ病気です。衛生状態の悪い環境では寄生虫がたくさん存在し、この「IgE抗体」が寄生虫を攻撃し、体の健康を維持します。ところが日本のような環境が良い国では寄生虫が駆逐されてしまい、「IgE抗体」が必要なくなりました。そのため余った「IgE抗体」が攻撃相手を無理やり探し、花粉やダニの死骸やハウスダストなどを仮想の敵として結局は自分の体を攻撃するのが喘息・アトピー性皮膚炎とされています。
しかし、治ってしまったご子息は、滞在中に不衛生なもの(寄生虫)などを食している訳でもなく、原因が分かりません。

|

« 便秘の解消 | トップページ | 更年期障害のサプリメント:大豆イソフラボン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/51984205

この記事へのトラックバック一覧です: 喘息とアトピー性皮膚炎の療養:

« 便秘の解消 | トップページ | 更年期障害のサプリメント:大豆イソフラボン »