« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

排尿障害の現代治療と代替医療

人間の体は、「水の許容量」が人それぞれで異なります。
昨今の「水飲み健康法」の流行で多飲される方が多く、漢方で云う「水中毒」の症状で苦しまれる方も多くなりました。

「水中毒」の症状は、間質性膀胱炎慢性前立腺炎、慢性骨盤疼痛症候群、膀胱疼痛症、多汗症、アトピー性皮膚炎、花粉症、ドライアイ、蓄膿症、神経性胃炎、過敏性腸症候群、潰瘍性大腸炎、シェーグレン症候群、幻臭症、舌痛症、線維筋痛症、坐骨神経痛、陰部掻痒症、肛門掻痒症、口内炎、多発性粉瘤、オデキ症、めまい、うつ病、慢性疲労症候群などの病気として認識され、それぞれの病気の専門と考えられる診療科で診察・治療を受けることになります。専門医が一生懸命治療に専念するのですが、結局は対症療法に終始するばかりで、治ったと実感できる患者さんはいないでしょう。

「水中毒」症状が軽症の方の多くは、飲水制限で症状が快方に向かいます。しかし「喉が渇くから水を飲む」と生理的欲求を正当化し、飲水制限を固辞する方が多いのに臨床現場では困惑します。大量の飲水が健康に良いと思い込んでいる医師が存在するのも誤解の一因です。

人の体はホメオスターシス(恒常性)といって体内の内部環境を一定に保とうとする生理的現象が常に働いています。血液も常に「一定の濃さ」で終始できるようにホルモンや腎臓が一生懸命に働いているのです。ですから、いくら水を大量に飲んでも血液は決して薄くはなりません。それどころか逆に血液が濃くなることがあります。
飲んだ水は胃から十二指腸、小腸へ流れ、最終的には大腸で血液に吸収されます。水を飲んでから吸収されるまでの間、2時間以上のタイムラグがあります。ところが体の中の水を感知するセンサーは、水を飲んでからすぐに水分が入ったことを探知します。脳下垂体から抗利尿ホルモンの分泌が極端に制限され、腎臓から大量の水を尿として排泄・排尿します。そのため血液から水分が奪われ、一時的に血液は濃くなるのです。血液をサラサラにするために水分を大量摂取したのに、結果は一時的にしろ血液を濃くしてしまう危険があるのです。この一時的な血液の濃さが血栓や梗塞の引き金になることがあるのです。「水飲み健康法」をいくら実行しても、脳梗塞・心筋梗塞・動脈閉塞症の発症・再発を起こしてしまうのは当然いえば当然でしょう。

先に述べたように、飲水制限で快方に向かれる方はいますが、自覚のない排尿障害(隠れ排尿障害)が存在すると、飲水制限だけではなかなか治りません。「隠れ排尿障害」の治療が「水の許容量」を増し、それら病気の多くを快方に向わせます。

「隠れ排尿障害」として考えられるのは、膀胱頚部硬化症、膀胱出口閉塞症、前立腺肥大症、神経因性膀胱、膀胱頚部機能低下症、膀胱排尿筋内尿道括約筋協調不全などの病気があります。これらの病気の多くがは、機能低下が原因のために、尿検査程度では診断されにくく見逃されてしまいます。それぞれの病態のご説明は割愛しますが、排尿障害を改善させることで、尿とは一見無関係の病気を治療できることは、たとえ現代医療であっても、ある意味「代替医療」「統合医療」と考えられるでしょう。

泌尿器科の隠れた病気を治療し、耳鼻咽喉科の舌痛症、消化器内科の慢性胃痛や整形外科の坐骨神経痛が治るなんて信じられますか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ホルミシス 川嶋朗 先生

2008年11月3日五反田の「ゆうぼうと」で統合医療塾の講演を拝聴しに行きました。
統合医療とは、我々の良く知る西洋医学とそれ以外の伝統医療・自然療法(漢方・中医・気功・カイロプラクチック・アロマセラピィ・呼吸法・サプリメントなど)との共存共栄でより良い医療を目指す実地学問です。
統合医療塾は、そのような統合医療に精通した医師を育成し、できれば医師の用済みの世界を目指すことを目的で設立されました。
Img_kawashima今回の講師は、統合医療塾の設立者でもある東京女子医大の自然療法研究所クリニックの川嶋朗先生です。
今回のテーマは放射線ホルミシスについてです。
ホルミシスとは、歴史が古く1978年ミズーリ大学のトーマス・D・ラッキー教授が提唱した概念で、生物に対して通常有害な作用を示すものが、微量であれば逆に良い作用を示す生理的刺激作用をいいます。

1980年代に入ると、低線量の放射線照射が生物の成長・発育の促進、繁殖力の増進及び寿命の延長などの効果をもたらすこともあるという研究(放射線ホルミシス研究)の中で話題になり注目された。
放射線ホルミシス現象が根拠になる事件が起こりました。いわゆるコバルト団地事件です。
台湾に1982年に完成した1万人が居住する団地があります。建築後10年を経た1992年に、マンション全体が高い放射能汚染されていることが分かりました。発端は住人の友人が遊びでガイカー・カウンターを持参したところ、かなりの放射線レベルであることが分かったのです。その原因はにコバルト60が混入した鋼材で建物が造られたことが判明したのです。さて世間は大騒ぎです。たくさんの放射能に被爆すれば、癌になり易いというのは常識です。
事件が公になってから19年後、団地に居住していた1万人の疫学的調査が当然行なわれました。
「放射線はどんなに微量でも癌を発生させる」という今までの常識からすれば、癌による死亡人数は19年間の間に270人と推測されました。(放射線を浴びていない台湾の他の地域の癌死亡率からすると203人が予想範囲でした。)しかし、事実は小説よりも奇なりです。実際は約1/30のたった7人!だったのです。その7人も団地に入居する以前から癌にかかっていた人たちだったので、実際は19年間で1万人中、放射能被爆による癌の死亡者はゼロだったのです。被爆しなかった人たちよりも癌にかからなかった、それ以上に癌が抑制されたことになるのです。

では、実際に微量の放射線を浴び続ければ、健康を保てる訳です。ところが日常生活を送っていて、健康に役立つ程度の放射線を被爆することができるでしょうか?自然界から受ける放射線は生きていくのに必要な放射線量しかありません。健康を維持できるほどの放射線の恩恵を受けることはできません。
癌の患者さんが集まる秋田県の玉川温泉は、健康を維持あるいは治癒能力のある放射線が出ていることで有名です。地元の北投石からラジウムから放射されるラドンが、その源です。ラドンは空気よりも重いので、訪れた病人の方々は玉川温泉の源泉の近くで皆テントの中に入りゴロ寝状態でラドン効果を少しでも多く得ようと必死です。

健康維持のためあるいは癌治療のために、秋田県玉川温泉まで毎日のように訪れるのは現実的には無理です。そこで考えられたのが、ラジウムを含んだ鉱石を使ったホルミシス健康商品です。ご存知のようにこのご時世です、ホルミシス効果の全くない商品が横行しているのも事実です。
Holmixseatそこで川嶋朗先生が責任を持って企画監修した商品がDr.ホルミックスシートです。医師用に企画した商品でホルミシス効果が確実にでるために、1時間に25マイクロシーベルトの放射能効果が出、イオン発生能力が1cc容積当り8000個のイオンを検出できます。
右の写真は、統合医療塾理事の武内義一氏が持参したDr.ホルミックスシートの上に、ガイガーカウンターを置いて測定した状況を私が写真撮影したものです。計測窓に28.89マイクロシーベルトの放射能が検出されてます。イオン放出量に換算すると1cc当り9200個以上の高レベルです。

【補足】
ただし、この商品はホルミシスに興味を持っていただいている医師からしか購入できません。胡散臭い医師には、川嶋先生が首を縦に振らないので、そのような医師からは購入できません。

放射能というと恐ろしいと思われる方が大勢いらっしゃるでしょう。この実験をお聞きになれば考え方を変えられると思います。
自然界の放射能を完全に遮断するために、鉛の部屋を作り、中にネズミを飼育します。ネズミの飼料は通常の飼料と全く同じものを与えるのですが、ただ一つ全く放射性物質を排除した飼料のみを与えるのです、私たちが口にする食物の中には、放射性同位元素が含まれています。それがカリウム40という同位元素です。食物の中に含まれるカリウムにうち0.012パーセントのわずかなカリウム40が必ず含まれています。そのカリウム40を全く含まない飼料だけをネズミに接種してもらうのです。どうなるとお思いになりますか?・・・放射性同位元素カリウム40を含まない飼料で飼育されたネズミは、普通飼育のネズミよりも早く死んでしまうのです。すなわち、私たち生物は、微量であっても放射能のない環境では生きていけないことが分かったのです。

では微量な放射線・放射能はどういう働きを私たち生命の中で働いているのでしょう?今でこそこの地球の自然界放射線量はわずかです。太古の昔はもっと大量の放射線に私たち生命は被爆していたでしょう。そのため生命の寿命は短く生まれてはすぐに死ぬの繰り返しだったに違いありません。しかし、生命もただ単に被爆しては死ぬだけの繰返しだった訳ではありませんでした。生殖を繰返し子孫を作るたびに被爆に強い種が出てくるようになります。
Image2また、放射線は体内の中を通過するときに物質を電離・イオン化させます。私たち生命は電離・イオン化した物質しか利用できません。この能力は長年の放射線被爆がもたらした負の能力でしょう。
【画像提供先】(霧箱実験:放射性鉱物から放射される放射線が通過した飛跡に雲が生じる。霧箱内の気体を放射線が電離・イオン化したので雲として肉眼的に確認できる。この現象が私たちの体の中で、常に起きていて私たちは生かされている。目に見えるようにした実験だが、
Denri目に見える現象だけがすべてではないという現象でもある。)
さて、時間がたち大気が成熟すると、宇宙からの放射線はオゾン層でほとんど遮断され、わずかな放射線だけが地上に降り注ぐだけになりました。物質の電離・イオン化はそのわずかな放射線だけで十分だったので、生命は次第に長生きするようになるのです。

Yokoro500先ほどのネズミの実験で判明したように、放射能・放射線がなければ私たちは生きてはいけません。私たちの体は、たくさんの物質を入れた炉のようなものとして考えると分かりやすいと思います。炉ですから物質が入っているだけでは役に立ちません。炉の最初の種火が必要です。その種火で着火して初めて炉としての働きが備わるのです。放射線の被曝が、種火として考えれば、放射線被爆はなくてはならないものになります。人体という炉をたゆまなく働かせるために、常に種火が必要だと考えれば、ホルミシス現象も容易に理解できるでしょう。
【写真提供先HP】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »