« 漢方の誤解 | トップページ | Oリングテスト »

癌治療の3割理論

現代医学では、ガン治療分野に外科手術・抗ガン剤治療・放射線治療の三大癌治療があります。
それぞれの治療は完全治癒率は30%(3割)程度と考えます。
もちろん病気によっては100%治る治療も存在しますが、でもその場合でも一時的なものです。
全てのガン治療を全経過から観るとせいぜい30%程度です。
今流行の代替療法で利用される機能性食品や健康食品もどんなに頑張っても治癒率30%程度でしょう。

誇大宣伝で、あたかも100%治るか如くの内容の書籍がちまたには氾濫しています。
私も何冊かの書籍に監修者として名前を出しています。
でも、あのような類の書籍には、効き目があった患者さんのことしか記載されていません。
なぜなら、その健康食品を売ろうとするための広告書籍だからです。
その健康食品が全く効かずに苦しんでいった患者さんのことは一言も記載されていないのです。
文面の行間の中から、それを読み取ってください。

仕事柄、多くの癌患者さんからご相談を受けます。
そんな時には、たとえ私が監修した書籍をご覧になって来院した方であっても、話3割と正直にお伝えしています。
この記事をお読みの方は、「30%(3割)の治癒率?」は、意外に少ないようにお思いでしょう。
でもそれが現実です。しかし、想像してみてください。イチローや松井などのプロ野球選手で3割打者は強打者です。
この強打者を監督は適宜起用してチームを勝利に導く訳です。

ichiro.jpg

しかし、外科手術・抗ガン剤治療・放射線治療は何度も起用できませんから、そこで何度でも起用できる機能性食品や健康食品の出番がくるわけです。

現代医療でさじを投げられた患者さんほど惨めなことはありません。
そんな時に機能性食品を試しては如何でしょう。あれもこれもと手を出さないで、一番気に入った物を一つ選んで、3ヶ月だけ続けて下さい。
効果があればラッキーです。そのまま続けて下さい。効果がなければ、それには見切りをつけて次を選びましょう。
3ヶ月もヒットのないバッターは2軍に落としましょう。
そして新しい可能性のある選手を選んで下さい。
いつまでも効かない高価な健康食品を続けるのだけは止めましょう。
健康食品会社の格好の餌食になるだけです。
数多の健康食品を前にして、ご自分の目で見て、熟慮して、実感して、最後にご自分の勘で選んで下さい。
医師の意見は参考程度にして、貴方の眼力による勘がきっとその時点で最良の選択だと私は思います。

|

« 漢方の誤解 | トップページ | Oリングテスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/971331

この記事へのトラックバック一覧です: 癌治療の3割理論:

« 漢方の誤解 | トップページ | Oリングテスト »