トップページ | NK細胞の利用 »

代替医療とは

古くはドイツ医学、近年はアメリカ医学を代表とする欧米医学=西洋医学が日本の現代医学の礎(いしずえ)です。国も西洋医学を基本として国民の保健衛生を築いています。
この西洋医学を基本としない伝統医学・伝承治療を代替医療と呼びます。大雑把に次のような医学・治療が含まれます。

●漢方(中国伝統医学)
●東洋医学(日本伝統医学)
●中医(中国現代医学)
●整体術
●気功(中国)
●鍼灸(中国)
●指圧
●カイロプラクティック(ヨーロッパ・アメリカ)
●ヨガ(インド)
●アーユベーダー(インド)
●エネルギー治療(赤外線・紫外線・太陽光・温熱・マイクロ波・微弱放射線)
●温泉
●自然食品を中心とする機能性食品・サプリメント
●その他

現代医療で見放された癌患者さんが代替医療にその救いを求めるのは自然な流れでしょう。その代替医療の世界に、利益が生じる訳ですから中には悪意に満ちた医師や業者が出てきても決して不思議ではありません。蜜に群がるアリのようです。
代替医療をお受けになる方は、この点を心の隅に置いて下さい。非常識な治療・高額な対価に対しては、常に「?」を持ち、いつまでも続けないように注意しましょう。

【注意】私は代替医療を否定している訳ではありません。現に私も代替医療の世界にドップリと浸かっています。でも法外な治療費を平気で請求する輩が存在しますから、このようなメッセージを発信しています。

続く

|

トップページ | NK細胞の利用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/37412/969653

この記事へのトラックバック一覧です: 代替医療とは:

トップページ | NK細胞の利用 »