カテゴリー「慢性前立腺炎と周辺疾患」の記事

過敏性腸症候群と慢性前立腺炎との密接な関係

Img_1083_24月26日の夜に城南泌尿器科懇話会が開催されました。
特別講演で「排便排尿機能障害ー自律神経と微細炎症の視点からー」というテーマで、公立黒川病院・管理者・東北大学名誉教授の本郷道夫先生が講演されました。

この先生のご専門は、消化管の機能性疾患です。代表的な病気は、最近流行りの過敏性腸症候群です。
今回の講演では、過敏性腸症候群の患者さんにかなりの確率で、下部尿路疾患すなわち慢性前立腺炎・間質性膀胱炎・過活動膀胱・膀胱疼痛症候群・慢性骨盤疼痛症候群などの病気が合併しているというのです。
ー★ー★ー★ー
そこで、過敏性腸症候群について考察してみましょう。
Img_1076
過敏性腸症候群の病態生理(発病の仕組み)のキーワードは次の通りです。
①視床下部(Hs)
②副腎皮質刺激ホルモン(CRH)
③セロトニン
④肥満細胞(Mast Cell)
⑤サイトカイン(Cytokine)
⑥腸内細菌
このフローチャートでは、何が最初の原因が定かではありません。あたかも、精神的ストレスが原因のように思えます。しかし、原因が分からないと短絡的にストレスのせいにするのは、医学会でよくある慣習です。ストレスだけで病気にはなりません。病気があるからストレスになるのです。表面上の症状、うつ病状態を見て、そのように判断するのです。
本郷道夫先生の講演内容から推察すると、次のような仕組みのようです。
ー★ー★ー★ー
①特定の腸内細菌が腸粘膜を微細に傷つけます。
②すると、腸粘膜の樹状細胞や肥満細胞がサイトカインを放出するので、腸に微細な炎症が生じます。
③その結果、腸管が過敏になりコントロールが難しくなるのです。
④この微細な炎症が長期間続くと、脳中枢の視床下部が気づき、副腎皮質刺激ホルモンを分泌します。
⑤すると、肥満細胞が活性化されて、サイトカインの分泌が盛んになり、過敏性腸症候群がますます悪化するのです。

腸内細菌が原因とする裏付けの動物実験があります。
健常者と過敏性腸症候群のヒトの腸内細菌叢を比較すると、細菌の分布が明らかに違います。また、動物実験で、健常者の便と過敏性腸症候群のヒトに便をネズミの腸内に移植すると、過敏性腸症候群の患者さんの便を移植を受けたネズミだけが、過敏性腸症候群のネズミになるのです。

Img_1084セロトニンの関与については、治療薬であるイリボーが、その証明になります。つまり、イリボーは、セロトニンの効果を抑制する作用があるので、効果が出てくるのです。
ー★ー★ー★ー
過敏性腸症候群の原因はともかく、腸の症状の他に様々な症状が発生します。うつ病、不安神経症、腹痛、腰痛などです。さらに、一見無関係と思われる病気、慢性前立腺炎、間質性膀胱炎、過活動膀胱、膀胱疼痛症候群、慢性骨盤疼痛症候群、線維筋痛症、逆流性食道炎などの病気と合併することが多いのです。
線維筋痛症の専門書には、間質性膀胱炎の合併率は10%にも上ります。また、慢性前立腺炎の患者さんで、過敏性腸症候群を以前から治療されている患者が時々おられます。
実際に、慢性前立腺炎の患者さんの中で、私の処方したクスリの他に、内科の医師が処方した過敏性腸症候群の治療薬を併用したら、症状がかなりの軽快したそうです。

過敏性腸症候群といろいろな下部尿路症の病気の間には、発症に関与する共通点があるのかもしれません。それを調べることで、病気の本質が将来に判明するといいですね。

| | コメント (6)

若者の尿失禁

二十歳の男性が、2週間前から寝具を濡らすほどのお漏らしをしたと、近所の開業医の医師から紹介されました。
紹介状には下着が濡れる程度と記載がありましたが、本人の訴えはもっと深刻で敷布団がビッショリだというのです。

Img_0517
右の写真は超音波エコー検査の所見です。
膀胱・前立腺を側面から観察している所見です。膀胱出口から前立腺部尿道にかけて開いている(赤い矢印の間)のが確認できます。前立腺部尿道が開いているのです。膀胱には100mlほどしか尿がたまっていませんから、通常であればこの部分は閉じていなければなりません。

Img_0518
右の写真は、二十歳の別の患者さんの超音波エコー検査の所見です。
上の写真の所見と比較して一目瞭然でしょう。前立腺部尿道が確認できません。排尿時以外は閉じているのが正常なのです。(実はこの写真にも異常所見がありますが、今回のテーマではないので説明は割愛します。)
Img_0519
右の写真は膀胱・前立腺を正面から観察している所見です。1番目の写真の所見と同じく前立腺部尿道(赤い矢印の間)が開いています。
1番目の写真と右の写真の緑の矢印は、拡張した静脈を示しています。排尿障害が存在すると、膀胱・前立腺周囲に排尿時に相当の負担がかかります。すると静脈が圧迫を受け静脈圧が高くなり、次第に静脈が拡張するようになります。
超音波エコー検査で膀胱・前立腺周囲に静脈が拡張した状態で確認できた場合は、「瘀血(おけつ)」や「うっ血」などと悠長なことを言っていないで、排尿障害の治療をすぐに始めなければなりません。
漢方や東洋医学が得意な医師は、「瘀血」や「うっ血」が原因で症状が出現すると誤解して、漢方薬の桂枝茯苓丸などの駆瘀血剤を処方します。しかし、瘀血やうっ血は、「原因の所見」ではなく、「結果の所見」ですから、治療が今ひとつにならざるを得ません。大雑把な診断は、治療の妨げになります。(目の前の結果=原因と誤解する医師はとても多いのです。)

治療として、この患者さんに排尿障害の治療薬であるα-ブロッカー(エブランチル)を処方したところ、薬の服用を続けている間(1ヵ月)は、尿失禁はなかったという結果になりました。しかし、薬を自己中止したら、再び尿失禁をしたので、あわてて薬の処方に来院されました。
尿失禁の患者さんにオシッコを『出しやすく』する薬を処方するのは不思議と思いませんか?この患者さんは、オシッコが出にくいので、前立腺の尿道が緊張して開きっ放しになったのです。医学用語では『奇異性尿失禁』と言います。大きな前立腺肥大症の患者さんに時々認められる所見です。『陰極まって陽となり、陽極まって陰となる』です。


| | コメント (5)

慢性前立腺炎の本態と治療

Bnscppathoこのテーマで、慢性前立腺炎に関して364番目のテーマになります。
思いつくままに記事を書いていますが、全体が大きくなり過ぎると、慢性前立腺炎の正体や本体が見えなくなる欠点が出てきます。
時には、まとめ的に記事を書くことにしています。慢性前立腺炎=膀胱頚部硬化症の病理的本態は、このイラストのようだと考えています。

1.この病気の原因の本質は、排尿機能障害です。
2.排尿機能障害が自覚しないで継続すると、下部尿路に物理的負荷がかかります。
3.その負荷は、機能的には膀胱三角部や膀胱頚部の知覚過敏を作ります。
4.器質的には、超音波エコー検査などで、膀胱頚部の硬化像・膀胱三角部の肥厚・膀胱括約筋の変形・前立腺肥大症・前立腺結石として確認されます。
5.膀胱頚部の知覚過敏は、脊髄神経を常に興奮させ、ついには異常な神経回路を形成します。
6.神経回路で増幅した情報は、直接的には頻尿症状を作り、過活動膀胱・心因性頻尿・間質性膀胱炎と誤診されます。
7.情報は自律神経や免疫システムの中枢である視床下部を興奮させますから、その結果、自律神経症状や免疫興奮症状を作ります。
8.脊髄内を上向する情報は、膀胱や前立腺以外の知覚神経に流れるので、関連痛としてしびれ・痛み・痒みなどの症状が形成されます。

続きを読む "慢性前立腺炎の本態と治療"

| | コメント (122)

原因不明の難治性亀頭包皮炎

7年前から亀頭包皮炎が治らずに、病院を転々とドクターショッピングされた40歳代の男性患者さんです。
亀頭がヒリヒリして不快で、この7年間で泌尿器科を3軒、皮膚科を4軒受診、治療を繰り返しています。診断は「亀頭包皮炎」「カンジダ性亀頭包皮炎」「気のせい」でした。4年前には包茎手術を行いましたが、結果、ヒリヒリ感は治りません。
亀頭を拝見しましたが、肉眼的な所見では異常を認めません。
Balano23245m442d患者さんとの会話の中で、「尿がたまると亀頭がヒリヒリすることがある」という言葉を聞き、排尿障害を疑いました。
超音波エコー検査2D画像で観察すると、御覧のように膀胱出口が膀胱内に飛び出しています。(IPP)膀胱頚部硬化症の所見です。

Balano23245m442d2超音波エコー検査2D画像の正面像です。
うっ血静脈が確認できます。排尿障害による前立腺周囲の静脈拡張を強く疑います。


Balano23245m44flow尿流量率検査(ウロフロメトリー)の所見です。
膀胱頚部硬化症のスパイク状の元気のない排尿曲線を示しています。患者さんは尿の勢いは若い時から変わっていないと言っておられます。
尿量219ml、残尿15mlです。前立腺の大きさは13ccで大きくはありません。

続きを読む "原因不明の難治性亀頭包皮炎"

| | コメント (7) | トラックバック (0)

透析の原因は・・・

60歳の男性が過去の包茎手術の傷痕が気になり、遠く四国から修正手術に来院されました。
実はこの患者さんは50歳の頃から腎不全で週に2回~3回血液透析するようになりました。19歳のころに急性腎盂腎炎にかかかり、その後、幾度か具合が悪くなり、遂には慢性腎炎、腎不全、血液透析になったのです。

ここで疑問が出てきました。患者さんは19歳の急性腎盂腎炎が慢性腎炎の原因で、それが元で腎不全になり、現在の透析をしなければならない体になったと信じています。
しかし、急性腎盂腎炎と慢性腎炎は直接関係はありません。経過を詳細にお聞きすると、主治医の内科医は、血液検査と尿検査だけで慢性腎炎、腎不全と判断しており、腎生検を実施していないのです。つまり組織学的に慢性腎炎と診断しないまま、血液透析に入らせたのです。

今回の来院した目的とは違いますが、真実を探るために超音波検査を無料で行いました。
Rfhd23016m602d【膀胱・前立腺の超音波検査】
腎不全で透析している患者さんですから、膀胱内に尿がたまっていません。尿がたまっていないと画像を読むのは難しくなります。

続きを読む "透析の原因は・・・"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

慢性前立腺炎の原因 「前立腺嚢胞」

慢性前立腺炎の患者さんを診察・検査を行っていると、前立腺に嚢胞が100人に1人~2人くらいの割合で発見できます。(尿流量測定ウロフロメトリー検査の94番目・37番目超音波エコー検査写真)

Pcyst22817netter【CIBAコレクションのイラストから】
前立腺の腺組織の一部が詰まって大きく袋状(嚢胞)になった結果だとされています。嚢胞の中身は前立腺液です。前立腺肥大症の場合、血管梗塞の結果だともされています。若い方で、前立腺の血管梗塞という理由は考えにくいので、腺組織が詰まったという理由を支持したいと思います。

Pcyst22817m402dpp患者さんは40歳男性です。8年も前(32歳)から会陰部痛と左睾丸痛(たまに右睾丸痛)を訴えていました。
今まで、5軒!もの泌尿器科クリニックの受診し、「慢性前立腺炎」と診断されています。しかし、治らないので高橋クリニックを年末(12月29日)に受診しました。
超音波エコー検査(2D画像)で観察すると、膀胱出口のそばに嚢胞が認められます。直径8mm×8mm×6mm程度の大きさです。上の写真は側面像です。

Pcyst22817m402d2pp右の写真は、正面像です。
この画像では、膀胱出口の左側(患者さんから見ると右側)に嚢胞が存在します。一見硬そうな嚢胞が、恐らくは膀胱出口を圧迫しているだろうと想像できます。

続きを読む "慢性前立腺炎の原因 「前立腺嚢胞」"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

患者さんからのレポート#44

拝啓

昨年10月に手術していただきました○○県○○市の○○○○(診察番号・・274)と申します。
先生にめぐり合い最高の手術をしていただいたことを心より感謝をしております。
ありがとうございました。

これまで3回の手術(H17.3月、H18.7月、H19.10月)でお世話になりました。前回の手術からは、1年2ヶ月が経過いたします。

私の場合は、若い頃から数十年にわたり排尿障害(20代後半頃~)が続きました。ブログ相談によくある頻尿や会陰部痛などの関連痛症状は少ないですが、“尿が出にくい”ことでずっと悩み続けてまいりました。

先生に出会うまでに、数ヶ所の病院を転々としましたが原因すら解りませんでした。気のせいとばかりの応対の繰り返しで多くの薬も試しました。しかし、いずれも全く効果がありませんでした。排尿できない、排尿に時間がかかってしまうということは日常生活に大変な苦痛と、消極性をもたらします。このような状態から抜け出そうと、ネットで調べていたときに知ったのが高橋先生のブログでした。

H17年3月にワラをもすがる思いで関西から東京へ飛んで行き、以来、3回の手術でお世話になりました。手術後は排尿状態が好転し、積極的な日常生活に戻れて手術の効果を満喫いたしました。しかし、私の場合、時間の経過(術後4~5ヶ月位)と共に膀胱頚部が硬く再生してしまうのか、手術前の状態に戻って、再び尿が出にくくなってしまいます。これまで3回の手術を繰り返しましたが、今回も1年以上が経過した現在、排尿に随分時間がかかるようになってしまいました。このままでは尿閉塞が心配です。

そのうちに何回も手術を繰り返さなくても完治する日が訪れるものと、ブログを見ながら新しい手術法を心待ちにしている毎日です。

高橋先生の、「努力が報われる訳でもない。しかし努力は惜しまず続けるのが我が信条」との、先生の日々向上しようとする治療方針、信念・情熱が、いつの日か完治への道を切り開いてくれるものと信じています。

とにかく治るまであきらめず、先生についていこうと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ブログを見ていると、先生の治療技術は日々向上し更新しています。3D画像による分析力の向上や、先生の云われる秘密兵器「TURis-V」も登場しているようです。

完治はやってみないと分かりませんので、近いうちに手術のお願いをしたいと思っています。
どうか、その節はよろしくお願いいたします。

今後とも先生のご健康、ご活躍をお祈り申し上げます。
                        敬具
H20.12.28

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「間質性膀胱炎」と誤解された膀胱頚部硬化症の男性

関西から来院された47歳男性です。
寝るまで1日25回の頻尿とその後10回夜間頻尿です。陰嚢掻痒症で皮膚科でも治療を受けています。症状は10年前から続き、地元の大きな病院の泌尿器科で膀胱鏡検査を行った所、「間質性膀胱炎」と診断されました。治療しても頻尿が治らないので当院を受診しました。

Icbns22397m479echo超音波エコー検査で膀胱出口が膀胱内に突出しています。膀胱頚部硬化症の所見です。

Icbns22397m478flow尿流量測定ウロフロメトリー検査では、ご覧のように勢いの全くない典型的な排尿障害の排尿曲線です。
Icbns22397m4773d3D画像で尿道から観察すると、ご覧のように膀胱出口の斜め前後にシコリらしき平滑筋の過形成を認めます。
膀胱出口は開く所ですから、筋肉が強化されれば緩みにくく、当然開きません。

続きを読む "「間質性膀胱炎」と誤解された膀胱頚部硬化症の男性"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

慢性前立腺炎と誤診された・・・「尿管瘤Ureterocele」

患者さんは28歳の大阪の男性です。
彼の悩みは、会陰部痛と排尿中に突如として尿が止まってしまう(尿線途絶)というものです。地元の市立病院で半年前から「慢性前立腺炎」の診断を受け、クラビットを服用していますが改善しません。
会陰部痛は症状に波がありますが、尿線途絶はいつも同じです。
半年も変化がないので、遠路はるばる大阪から高橋クリニックを訪問しました。

Ureterocele22398m283超音波エコー検査を行なうと、右のような丸い物体が2つ観察できます。大きい方は直径2cm以上です。さて何だと思いますか?
会陰部痛があるから慢性前立腺炎?それとも尿線途絶があるので膀胱頚部硬化症?

Ureterocele22398m2853D画像で観察すると、右の写真のようです。
両側の尿管瘤です。尿管口(尿管の出口)が何らかの原因で狭くなり、そのため尿管口の後の組織(管)が風船のように膨らんだ状態をいいます。
尿管と膀胱三角部はもともと同じ組織から発生しています。ですから、尿管瘤の刺激は膀胱三角部の刺激と同じで関連痛を形成します。つまり会陰部痛は、この尿管瘤の伸展刺激なのでしょう。

続きを読む "慢性前立腺炎と誤診された・・・「尿管瘤Ureterocele」"

| | コメント (3) | トラックバック (0)

慢性前立腺炎と前立腺結石

慢性前立腺炎の患者さんの超音波エコー検査で前立腺結石あるいは前立腺石灰を認めることが多くあります。
前立腺結石のできる理由は、以前にブログの中で示しています。
尿道粘膜に取り込まれ前立腺結石になろうとする瞬間の写真も違うテーマで過去に掲載しています。

しかし、掲示板などを拝見すると、前立腺結石・石灰が炎症の原因だと思いこんでおられる人がいます。それを根拠に前立腺結石・石灰に抗生剤注射を実施している無謀な医師も存在するらしいのです。
抗生剤の静脈注射・皮下注射・筋肉注射は投与方法として認められていますが、それでも静脈炎。皮膚炎・筋肉炎を併発することがあります。組織内注射で有名なのが、陰嚢水腫の水腫内溶液穿刺後の抗生剤の水腫内の注射です。これは陰嚢水腫内に抗生剤という化学物質による炎症を起こさせ、水腫内粘膜を癒着させ水が溜まるスペースを消失させることに治療目的があります。つまり抗生剤で組織内に炎症を起こさせるのです。またこの治療で注射後、患者さんがとても痛がるのが特に有名です。前立腺内に抗生剤注射を行い、さらなる炎症を作り、痛める訳ですから、この治療を行っている医師の度胸には恐れ入ります。


内視鏡手術中に前立腺結石を採取することがあります。しかし、前立腺結石周囲に炎症所見を見ることは全くありません。前立腺結石はサイレント・ストーン(沈黙の石=症状のない石)です。前立腺結石=前立腺炎というのは全くの誤解です。慢性前立腺炎の患者さんに大した所見もないので、仕方なしに前立腺結石をスケープゴートにしているだけです。医師も適当で、慢性前立腺炎の原因を前立腺結石があるからと安易に診断することが多いので、このような誤解があたかも真実であるかのごとく流布されるのでしょう。

| | コメント (11) | トラックバック (0)