カテゴリー「慢性前立腺炎の症状」の記事

原因不明の痛み症候群の原因

泌尿器科の病気で、原因不明のために、患者さんが苦しむ病気がいくつもあります。痛み症候群(私の造語)として解説致します。

❶膀胱疼痛症

❷前立腺痛症

❸うっ血性慢性骨盤疼痛症候群

❹陰部疼痛症

❺間質性膀胱炎

❻慢性前立腺炎

今、パッと思いつく病気は上記の通りです。どの病気も、原因が明確に確定されず原因治療ができないので、どんな痛み止め(鎮痛剤)を処方しても、当然のように治りません。

Painsynd_1

開業医ななって30年間に、痛みで苦しんでいた上記の患者さんをたくさん拝見しました。私のブログでもいくつも症例をご紹介しました。その患者さんの多くに排尿機能障害が認められました。しかし、多くの患者さん自身が排尿機能障害を自覚してはいないのです。私の造語、いわゆる「隠れ排尿障害」です。

具体的な症例として下記のブログをご覧ください。

①痛みでアメリカから来院したご婦人 http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/2018/06/post-9fc5.html

②痛みで徳島から来院した男性 http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/kobore/2019/04/post-6fa87c.html 

③痛みで苦しむ娘さんをお連れになったお父さん http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/kobore/2018/08/post-3fd3.html 

④1日3回の激痛が大学病院で治らず来院したご婦人(学会報告の症例1) http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/2008/04/2008_4cfc.html

医師は患者さんが訴えなければ、排尿機能障害を調べようとも治療しようとも考えないのです。患者さんの訴える自覚症状だけに注目・固執して治療するので、患者さんは当然治りません。

患者さんが自覚しない程度の排尿機能障害は、検査・治療の「必要なし・問題なし」と医師が勝手に判断してしまうのです。しかし、排尿機能障害の負担を評価するのは、患者さんの意思ではなく、患者さんの「体自身」なのです。患者さんが自覚しない病変を医師が「問題なし」と判断すること自体が「問題」なのです。

例えば失恋しても、次々に恋愛を繰り返す人もいれば、たった一回の失恋で自殺する人もいます。病気の状況を診断基準だけで単純にに判断してはいけないのです。病気の状況を判断するのは、体なのです。医師の常識が誤診や原因不明を生むのです。患者さんが自覚していない=病気の原因ではない、と思い込んでいる医師の誤解が、痛み病気症候群を治せないでいるのです。病気の程度が問題ではなく、それに反応する脊髄神経回路=ソフトウェアの個性の問題なのです。

03f52dac8e55489198f01be2bac2a95d

目の前の患者さんは単純な生命体=単細胞生物=例えばミドリムシではありません。超複雑な精密ロボットだと思って診察しなければならないのです。目の前の表面的な症状だけに惑わされずに、裏の隠れた症状も推理しなければなりません。

 

 

 

| | コメント (1)

痛みで苦しむ徳島の患者さん

私の著書を読み、徳島県から男性患者さんが娘さんと二人で来院されました。陰部と会陰部の強い痛みと肛門の痛みで苦しんでいた患者さんです。

平成30年11月に血尿認められ、地元の内科医で膀胱炎と診断され抗生剤を処方されました。その後、陰部・会陰部の痛みが出てきて、次第に強くなり、12月には救急車で搬送されました。救急病院で精密検査を行いましたが、「異常なし」でした。

その後、地元の市民病院で痛みの原因を調べたところ、超音波エコー検査で膀胱腫瘍(癌)の初期が偶然にも発見され、平成31年1月に手術(経尿道的膀胱腫瘍切除)を行いました。

Pain37115m72ところが、膀胱腫瘍を治療したにもかかわらず、問題の痛みが治りません。主治医に相談しても「分かりません」「貴方の気のせいです」「慢性前立腺炎でしょう?」と冷たく対応されてしまいました。この悩み解決のために、内科、肛門科、泌尿器科合わせて10軒以上も診察・検査したが、痛みの原因は分りませんでした。

たまたま友人に紹介された私の著書を書店で取り寄せ、本の内容と自分の病状が一致したことに驚き、3回も読んでしましました。そして当院に来院されました。

Pain37115m72pp早速、超音波エコー検査を行いました。パット見て分かりにくい所見です。膀胱出口に白く硬化像が確認できます。

一番気になる所見が、膀胱縦走筋と前立腺結石の区別がつきにくい所です。一つの塊に見えます。当然、排尿機能障害の結果です。また、膀胱括約筋も白く肥大しています。これもまた排尿機能障害の結果です。当然、膀胱三角部が肥大・変形しますから、膀胱三角部が過敏になり、この患者さんの苦しみである原因不明の痛みになったのです。

排尿障害治療薬と頻尿治療薬で治療を開始しました。1ヶ月後に症状が軽快したかどうか、連絡を楽しみです。

【備考」

この患者さんが来院したのが4月23日(火)でした。4月25日(木)に電話があり、痛みが50%になったという喜びの電話でした。何と!クスリを服用して3日目には症状が改善したのでした!

| | コメント (0)

陰部の痛みを「歳のせい・気のせい」と言われた高齢者

Cp36485m722
以前からオシッコが近い70歳過ぎのご高齢の患者さんです。ご家族3人でお越しになりました。
昨年の夏頃から陰部がピリピリ痛くて仕方がありません。そこで、診療所や病院を3軒受診しましたが、前立腺肥大症の診断で、ハルナールとセルニルトンを処方されましたが、症状は改善しません。
最近では、肛門まで痛くなり、肛門科を受診しましたが、いぼ痔があるだけで、特に問題なしと診断されたのです。
泌尿器科の医師は、「歳のせい・気のせい」とまで言われてしまいました。
早速、超音波エコー検査を行いました。この写真だけでは分かりにくいので、下にコメントを記しました。

Cp36485m723
すぐに分かることは、膀胱括約筋ふが四方に分裂していることです。これは、排尿障害によって、膀胱括約筋に物理的負荷がかかった結果です。そのため、膀胱三角部が厚くなり、膀胱刺激症状がいくつも作られても不思議ではありません。陰部のピリピリ感も肛門の痛みも膀胱刺激症状の一つと考えられます。
前立腺も大きさは31㏄と若干大きいだけです。治療薬としては、
①ユリーフ
排尿障害を改善させるため
②アボルブ
前立腺を柔らかくすることで、前立腺から膀胱三角部への緊張がゆるませるため
③ベタニス
膀胱三角部の緊張をゆるませるため

| | コメント (0)

自律神経失調症と慢性前立腺炎

Img_1012
原因が不明の病気の診断に「自律神経失調症」という診断名はよく聞く言葉です。
自律神経は、交感神経と副交感神経に分類されるヒトの意識ではコントロールできない神経システムです。ヒトの無意識の生命維持システムなのです。立ち上がった時に、血液が足下に流れて上半身の血流が低下しないように足の血管を収縮させる、寒い時に鳥肌が立つ、明るい場所に出ると瞳孔が小さくなる、目にゴミが入ると涙が出る、酸っぱいものを食べると唾液が出る、冷たい空気を吸うと鼻水が出る等々、全て自動的に起こる生理現象が自律神経の働きです。

ところが、この表に示すように、自律神経失調症の症状はたくさんあります。この病気と診断する医師は、神経作動性のお薬を処方するのが常です。しかし、そのような薬を服用しても「治った!」と感じることはありません。理由は、原因を治療しないからです。

この表をよ〜く眺めると、膀胱関連症状があります。確かに、慢性前立腺尖や間質性膀胱炎の患者さんには、ここに掲げてある自律神経失調症の症状もあります。そして、慢性前立腺尖や間質性膀胱炎を治療すると、自律神経失調症症状が軽快するのです。これから考えれば、自律神経失調症には必ず理由がある筈です。自律神経失調症と診断した医師は、その原因を捜すべきです。

【参考】http://cocoromi-cl.jp/about/autonomic

| | コメント (3)

生理学的観点からの関連痛

Img_0792
膀胱・前立腺からの情報は脊髄内で、脳中枢に上行する脊髄神経にシナップス結合を介してバトンタッチします。
シナップス結合は、固定されたものではなく、必要に応じて神経の枝が伸びて、他の神経とシナップス結合することがよくあります。その原因として、情報量の多さにかかっています。排尿障害で、膀胱や前立腺に慢性的に繰り返し負担がかかれば、膀胱三角部の送り出す情報量は莫大なエネルギーになります。

Ilastkanrentu
すると、定番の1つの上行神経だけでは、十分に脳中枢に情報を伝達することができません。その結果、神経末端から新しい芽が出て来ます(萌芽現象)。新たな神経は、周囲にある他の上行神経とシナップス結合します。その上行神経が陰嚢皮膚知覚神経であれば陰嚢の痒みに、睾丸の知覚神経であれば睾丸痛に、肛門の知覚神経であれば肛門痛になります。
脊髄神経の長さは、40cm〜45cmです。当然、一番下の仙骨の脊髄から脳中枢まで単独では到達出来ません。したがってリレーを繰り返す、つまりバトンタッチを繰り返すことになります。そこには、またシナップス結合が繰り返されます。背の高い人ほどバトンタッチの機会が多くなります。そのため、背の高い人ほど、バラエティに富んだ症状が出る筈です。

なぜならば、本来の上行神経に大量の情報は、上位の脊髄神経に負荷をかけます。すると、上位神経末端から、萌芽現象が起きます。また同じ様に、他の上行神経にシナップス結合を起こすのです。その上行神経が胃の知覚神経であれば慢性胃痛症に、食道の知覚神経であれば逆流性食道炎に、舌の知覚神経であれば舌痛症になります。

バラエティに富んだ症状には、それなりの理由があるのです。さらに、個々の人の神経分布に個性があります。一般的に各神経の分布配分は、人間の80%は、ほぼ同じですが、20%は奇形です。神経は何百何千と存在します。おのおのの神経の20%が奇形とすれば、人類の神経配分で同じ人はいないことになります。それが、関連痛症状のバラエティさの根源です。

| | コメント (5)

関連痛・関連症状

C663fdf9ba444b12aa891601b09be46f医学用語で関連痛という病名があります。
一番有名なのが、心筋梗塞の症状です。心筋梗塞の患者さんの中には、心臓発作の胸が痛くなく、左手の小指が痛かったり、左五十肩や左の歯の痛みが出る人がいます。何故そのような現象が起きるかと言えば、脊髄レベルの心臓の神経支配の近くに、左手の小指・左肩・左歯の神経中枢があり、そこに心臓の情報が流出するために、心臓とは無関係の発作症状が出るのです。
Miattach
そのような現象は、心臓だけではありません。例えば、胃潰瘍の人は背中が痛くなります。膵ガンの人も背中が痛くなります。下顎の歯が虫歯なのに上の歯が痛くなることがあり、間違って虫歯でない上の歯を抜歯されてしまうことがあります。

本題に入りましょう。
膀胱や前立腺の症状は、頻尿や残尿感、尿意切迫感、排尿後の疼痛があります。それが、代表的なオモテ面の症状です。裏面の症状が関連痛・関連症状なのです。陰部の痛み、痒み、痺れ、手足の痛み、痺れ、胃痛、肛門の痛み、痒み、首の痛み、舌の痛み、取れない臭いなどです。

これらの症状を聞いた医師が『この患者さんはストレスが溜まっていて、精神的に病んでいるんだ。』と思われても不思議ではないでしょう。しかし、医師の理解できない事を患者さんの「心の病気」と判断するのは、医師としてふさわしくないと思います。医師の理解できる事だけを病気と認め、理解できない事は「気のせい」とすることに憤りを感じます。当院に来院するたくさんの患者さんは、それまでの医師の診断・検査・治療により、大多数の方が精神的に抑圧状態です。

患者さんは常に正直なこと、常に正しいことを述べていると、腹をくくって真摯に聴き取るべきです。私の大学のモットーである「病気を診ずして、病人を診よ❗️」です。

| | コメント (3)

透析仲間 慢性前立腺炎?

透析クリニックで、同じ時間に透析する患者さんが20人近くもいます。
ロッカーで同じ時間に着替える人も何人かいます。挨拶をしますが、無愛想に返事する人も、また無視する人もいます。病気が病気だけに皆んな暗〜いのです。その中で、会話を交えるご高齢の方がいます。何回か会話を交わしている際に、私が泌尿器科医師であることを告げました。

その方は、腎不全以外にも病気があって、慈恵医大の関連病院の東急病院で治療していたので、慈恵医大出身の私に親近感を覚えたらしいのです。先日、1年前から両鼠径部と肛門がとても痒くて治らないと訴えたのです。透析患者さんの皮膚が痒くなることはよくある事です。ステロイド軟膏やゲンタシン軟膏を塗ってはいるが、全然変わらないのです。そこで、「排尿の有無に関係なく、前立腺の病気があっても、痒みが出ますよ。」と告げると、診てもらいたいと言って別れました。以前にも慢性腎不全でオシッコが一滴も出ない患者さんで頻尿を訴える方がいました。この男性も同じでしょう。

Crf35967m75echo
その翌日、私の通っている透析クリニックの主治医が書いた紹介状を持って、その方が来院しました。ビックリです。お話しをお聞きし、まずはエコー検査を実施しました。「!!!」2度目のビックリです。何と膀胱に尿がパンパンに溜まっているのです。慢性腎不全で尿が出ないはずなのに尿が溜まっているのです。そう、まるで尿閉状態です。

Crf35967m75
早速カテーテルを挿入して膀胱内の尿を排出しました。全部で何と750ml以上で、採取した尿は写真のように、まるでカフェオーレのようです。濃縮した白血球がタップリ含まれた、いわゆる膿尿=腐った尿で向こう側が見えません。随分前(恐らく1年位前から?)から膀胱内に同じ尿が溜まっていたと考えられます。

Crf35967m75echo2
前立腺のエコー所見では、前立腺の中葉部分が突出しており、膀胱の敏感な膀胱三角部を常時圧迫しています。しかし、頻尿がないので、その代わり下半身の痒み症状になったのでしょう。
喜ばしい事が起きました。膀胱内の尿を全部排出したら、何と痒みが全て消失したのです。3度目のビックリです。
この現象は、原因は前立腺肥大症ですが、慢性前立腺炎症状です。

233dbc4036414084bab3959bdbc997ec
この患者さんから帰り際に言われた言葉が、……
「先生は、透析クリニックでお会いする時は、ショボくれて元気がないけれど、診療中は人が変わったみたいに活発で元気ですね?」「医師とはいえ私も病人ですから、趣味同然の診療中は水を得た魚の様に元気ですよ。」と答えました。
『……そうなんだ、……私は診療している時だけが、元気で居られるんだ!』と心の中で思いました。

透析クリニックの私の主治医が、私の報告書をお読みになってビックリの感想でした。

| | コメント (3)

慢性前立腺炎の症状♯24「幻臭症、尿臭に悩む若者」

遠方から、お母さんと一緒に若い男性が来院しました。
3か月前に突然尿漏れと頻尿(1日16回)が発症しました。その後、症状は軽快しましたが、その代わりに、今の悩む症状が出現したのです。
排尿後、しばらくしてから、自分の尿臭を強く自覚し、気になって授業に出れなくなりました。そのため、現在、保健室登校していました。地元の医師を受診しましたが、特に異常を認めませんでした。

Cp35833m17urinesmellps
超音波エコー検査の所見です。
❶赤い矢印で示す部分が、前立腺周囲の静脈瘤です。排尿障害を示唆する所見。
❷青い矢印は膀胱括約筋の方向を示す。本来は黄色の矢印に向かっていなければならないのに、尿道括約筋の方向に向かっている。これも排尿障害を示唆する所見。
❸その結果、膀胱三角部が厚くなる。その結果、頻尿になる。

しかし、現在は、1日5回と頻尿は消失しています。超音波エコー検査所見と矛盾します。つまり、出現すべき頻尿症状が出なくなり、その代りに頻尿情報が、脳中枢の臭い中枢を刺激したために、自分が尿臭がするようになったのです。いわゆる「幻臭」です。幻臭は鼻の嗅神経で感じているのではなく、中枢そのもので感じているので、臭いが消えないのです。

続きを読む "慢性前立腺炎の症状♯24「幻臭症、尿臭に悩む若者」"

| | コメント (0)

女性になっても慢性前立腺炎?

Cp35887mf40
一年前から頻尿が時々出現していた40代の女性です。
その後、陰部がムズムズしたり、熱く痛い感じ、さらには肛門も重く熱い感じが出現しました。
インターネットで病気を調べているうちに、慢性前立腺炎では?と思うようになったのです。そこで、当院を受診しました。この写真は前立腺の側面の所見です。

Cp35887mf40m
女性なのに「前立腺?」とお思いでしょう。
実は、この女性は、元は男性で、性同一性障害Gidのため苦しみの末、性転換手術・性別適合手術を行い、戸籍も女性になったのでした。しかし、その手術の際に前立腺は手付かずだったので、今では、それを悔やまれていました。エコーは、膀胱括約筋を拡大像です。鉛筆のように先が細くなるのですが、この写真ではホウキのように広がっています。排尿障害の所見です。

Cp35887mf40tiangle
膀胱出口の拡大像です。出口付近が白く光っています。膀胱頚部硬化症の所見です。
膀胱三角部が厚くなっていて、膀胱刺激症状や関連症状(ムズムズ感)を連想させます。

Cp35887mf40vx
前立腺前面部では、石灰と静脈(黒い丸)が見えます。これも排尿障害の所見です。
性器や睾丸を除去して女性ホルモンを月に2回注射しても、膀胱や前立腺の症状は取れません。仮に前立腺を手術しても、膀胱三角部の過敏症が本質ですから、場合によっては、慢性前立腺炎症状が出現したかもしれませんね。逆に、前立腺が残っていたからこそ、慢性前立腺炎と考えて病気を見つけることが出来たと考えれば、ラッキーだったかもしれません。

| | コメント (0)

慢性前立腺炎・間質性膀胱炎・排尿障害の多彩な症状

慢性前立腺炎や間質性膀胱炎を訴える患者さんの症状をまとめると下記の如くです。
●頻尿
●尿意頻拍感
●残尿感
●会陰部(陰嚢と肛門の間)の疼痛
●恥骨部疼痛
●尿線の分裂・噴水状
●尿道の痛み・しびれ・痒み(先端・全体・奥など)
●睾丸が引っ張られる
●睾丸がお腹にくっ付く
●陰嚢がベタベタする
●大腿(太もも)の不快感(しびれ・痛み)
●足の裏の不快感(しびれ・痛み)
●腰痛
●坐骨神経痛
●背部痛
●射精時の痛み・射精後の痛み
●精液がゼリー状
●睾丸の痛み
●陰嚢の痒み
●膣の痛みと痒み
●尿漏れ感覚
Hanabi
●尿臭過敏
●水刺激(水の音・水に触れる)で尿意切迫
●ED(インポテンツ)
この症状からは、下半身であればなんでもありの症状ですね。一見、脈絡のない症状ですが、それなりの明確な理由があります。この状態は、下部臓器から放出されたエネルギーが脊髄を登って行き、花火のように他の神経を刺激しているのです。

続きを読む "慢性前立腺炎・間質性膀胱炎・排尿障害の多彩な症状"

| | コメント (39)

より以前の記事一覧