« 慢性前立腺炎から前立腺肥大症になる | トップページ

慢性前立腺炎の本当の原因

Image_20231011115701 Image_20231011120201

若い男性から中年男性に、慢性前立腺炎と診断されてしまいます。一般的な医師は、慢性前立腺炎と診断します。前立腺を触診すると痛がるので。前立腺が炎症を起こしていると認識します。症状は前立腺周囲疼痛、下腹部痛、腰痛、会陰部痛、鼠蹊部痛、尿道痛、太もも痛などです。

原因は前立腺の血液不足、自己免疫疾患、前立腺の尿の逆流、ホルモン不足などと言われています。いろんな治療されていますが、なかなか治らないのです。

困った患者さん達が、日本全国から当院に来院します。本当の原因は、若い時から水分を多く摂取するので、膀胱出口に負担がかかり、膀胱括約筋が肥大して排尿障害になるのです。そのため膀胱三角部が肥厚して過敏になり、脊髄に多くの電気情報を流すために、脊髄の他の神経に流すために色々な症状感覚になるのです。また排尿障害で前立腺に負担がかかるので、前立腺が炎症を起こすのです。

Image_20231011134001 ですから、1日の水分摂取を1リットルに制限して、排尿障害の治療薬と膀胱三角部を鈍感にするクスリで症状は無くなります。

一般的にはクラビット抗生剤を処方するのですが、治る訳がないのです。

|

« 慢性前立腺炎から前立腺肥大症になる | トップページ

コメント

京都在住者です。ハルナールと一日おきにベオーバを服用しています。頻尿は軽快してきています。日中の排尿は楽に出来ます。ただ夜間は少し出しづらいです。先生のコメントでザルティアを服用すれば良くなるとありましたが、掛かりつけ医からはザルティアの処方が出ません。高橋先生から処方を頂く上で電話受診は可能でしょうか。平成18年に先生の診察をお受けして以来、ご無沙汰をしており、ご無理をお願いして申し訳ございません。
回答 どうぞ。

投稿: 京都在住者 | 2023/10/25 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慢性前立腺炎から前立腺肥大症になる | トップページ