« 慢性前立腺炎と慢性膀胱炎の見方 | トップページ | 原因不明の慢性胃痛症の正体 »

慢性前立腺炎すなわち、自覚しない「排尿障害」

慢性前立腺炎と診断され、なかなか治らない患者さんが、無料相談の電話やブログのコメント相談や実際に来院される患者さんがたくさんおられます。

その患者さんたちの症状は、陰部の痛み・不快感・カユミ・シビレ・頻尿・尿意切迫感・尿道分泌液の過剰・肛門の痛み・カユミなどさまざまです。人によっては、胃の痛み、首の痛み、手足の痛み・シビレ・震えなどさまざまです。……症状だけで判断すると、自律神経失調症?ストレス?うつ病?と診断されてしまうのです。症状に振り回されることなく、本質を見極めなければ、永遠に続くのです。

8393085240294b878549fa5bb13de338
以前に解説したように、排尿障害がベースにあり、何年も何十年も排尿障害で負担を受けた膀胱括約筋や膀胱三角部か、肥大し過敏になり、脊髄神経回路を振り回すために、さまざまな症状が出るのです。
一般的な医師は、その症状に注目して本質を考えないで治療するために、なかなか治らないのです。

Img_1412
治療標的で一番重要なのが、過敏になっている膀胱三角部です。
膀胱三角部が過敏になったのは、排尿障害が原因ですから、排尿障害の治療薬であるα1ブロッカーを先ず、処方します。
症状がα1ブロッカーだけでは不十分であれば、膀胱三角部の興奮を抑えるβ3作動薬であるベタニスを併用処方します。
さらに、もう1つという状態であれば、抗コリン剤であるベシケアを併用処方します。
前立腺が大きくなって、膀胱括約筋に負担を掛けているようであれば、前立腺を軟らかくするアボルブわや併用します。
したがって、重症度に応じて、
❶α1ブロッカー単独
❷α1ブロッカー+ベタニス 2剤併用
❸α1ブロッカー+ベタニス+抗コリン剤 3剤併用
❹α1ブロッカー+ベタニス+アボルブ 3剤併用
の4通りの処方があります。

これらの薬で十分な効果が得られなければ、手術を選択しなければなりません。
事前に膀胱括約筋と膀胱三角部の腫れ具合を調べて、そこを内視鏡手術で切開あるいは切除するのです。通常、その腫れた部分が症状を作る感覚装置・センサーですから、それを破壊すれば症状は軽快するのです。

|

« 慢性前立腺炎と慢性膀胱炎の見方 | トップページ | 原因不明の慢性胃痛症の正体 »

コメント

高橋先生、昨日ブログで相談させて頂いたものです。
今日の記事を読ませて頂きました。
情報、ありがとうございます。

自分の中では手術ありきで考えていたのですが、③か④の処方を担当医に伝えてみます。
ちなみに③+アボルブという組み合わせが無いのですが、禁避なのでしょうか?
【回答】
OKです。
医師としても患者さんとしても、服用する薬は少なくしたいだけです。

投稿: | 2018/11/13 16:25

早々のご回答、ありがとうございます。
飲む薬が多くて大変そうですが、処方して頂こうと思います。
ちなみに効果はどの程度で現れますでしょうか?(逆にどの位の期間飲んで効果が無ければ諦めればいいのでしょうか)

質問攻めで恐縮です・・・
【回答】
ひとそれぞれです。
3か月で効果が得られなければ、断念です。

投稿: | 2018/11/13 17:20

お忙しいところ申し訳ございません。1年前から、陰茎部に違和感、不快感が常にあり、排尿後一定の時間で違和感、不快感が強くなって切迫したような尿意感になり、膀胱に尿は溜まってなくても、頻繁にトイレに行く頻尿になってしまいました。自宅近くの泌尿器科で診察を受けたら非細菌前立腺炎と言われ、セルニルトン、エビプロスタット、ベタニス、ステーブラを処方されたのですが、まったく効果なく、最後は気のせい考えすぎと言われ、途方にくれてます。先生のブログなどを拝見させていただき、一筋の光が見えた感じです。近いうちに診察を受けたいと思っていますが、現段階でもまだ自分にあう排尿障害薬はあるでしょうか?宜しくお願いします。
【回答】
慢性前立腺炎は、炎症ではなく、排尿障害が原因です。
ですから、排尿障害の治療しなければ治りません。
α1ブロッカーの服用が必須です。

投稿: ○○学 | 2018/11/15 13:44

お忙しいところ失礼します。
尿道口の違和感(むず痒さ)と金タマが時々むずむずする自覚症状があり、泌尿器科を受診したところ、
慢性前立腺炎との診断を受けました。
尿道の粘膜を培養検査したところ、エンテロコッカスという菌が陽性でした。
セルニルトン2週間とファロム錠1週間服用し、症状は少しはマシになりましたが、完治はしません。薬が切れると症状が顕著に現れます。
エンテロコッカスについて、調べてみたところ、ウィキペディアでは、エンテロコッカスは前立腺にバイオフィルムを形成することができ、その根絶は困難であると記載がありました。
これって、完治はしないってことですか?
それともエンテロコッカスに効果のあるファロム錠を長期で1ヶ月ほど服用し続ければ完治するのでしょうか?
ウィキペディアの記述が真相か分かりませんが、エンテロコッカスと慢性前立腺炎の関係について、どのようにお考えでしょうか?ご意見を頂ければ幸いです。
また高橋先生なら完治させることができるのでしょうか?
その場合はそちらに通院したく思います。
慢性的に症状が続いているためとても辛いです。
以上よろしくお願いします。
★回答
エンテロコツカスは、おそらくは、前立腺の常在菌でしょう。
前立腺に物理的な負担がかかると、エンテロコツカスも増えるだけでしょう。
排尿障害を治さない限り、治りません。
表面的な細菌の出現に左右されてはいけません。

投稿: さっしー | 2018/12/02 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慢性前立腺炎と慢性膀胱炎の見方 | トップページ | 原因不明の慢性胃痛症の正体 »