« 磁気刺激装置 | トップページ | 前立腺結石 »

磁気刺激装置とファラデーの法則

Faladylaw前回解説した磁気刺激装置の作用効果で私が勘違いをしていたので、ここで詳細に原理・効果を解説しましょう。

磁力線が生体(骨盤底筋・神経)に直接作用して生物活性を促すものだと思っていましたが、実はそうではありませんでした。
Hatsudenki学生時代に勉強した物理学の知識でファラデーの法則というものがあります。伝導体の近くで、磁場に方向性や強弱に変化を与えると、渦電流(うず電流)が発生するという原理・原則です。この原理を利用して発電機が電気を作っています。水力発電も火力発電も原子力発電もガスタービン発電も、すべてこの原理の発電機を利用しなければ電気を作れないのです。

Falady1患者さんの椅子の下に仕掛けられたコイルから強い磁力線が発生します。しかし、この磁力線は、方向(ベクトル)と強さに絶えず変化しています。
【図:コイルから外側の基盤に磁力線が流れている(緑の線)場合と、外側の基盤から中心のコイルに磁力線が流れている(赤い線)場合とでは、下部尿路・膀胱に流れる渦電流は交互に逆方向に流れ刺激する。】

Falady2骨盤底筋や神経は電線と同様に伝導体ですから、磁力線に直角に渦電流(うず電流)が流れます。この渦電流は磁力線の方向に変化し、電流の向きが交互に変化します。つまり、皮膚を通さずに深部の生体組織に、直接電気が流れ刺激されるのです。
磁気刺激装置の「うたい文句」の骨盤底筋を刺激して、過活動膀胱の頻尿を改善させる理由には、かなりの論理の飛躍があります。骨盤底筋は骨格筋であって膀胱などの内臓の筋肉ではありませんから、鍛えても頻尿の治療には役立ちません。腹圧性尿失禁には効果があるかも知れませんが・・・。もしもこの理論が正しいのなら、腹直筋を電気刺激すると、急性胃炎や胃潰瘍の痛みが治ると言っているようなものです。
もう一つは陰部神経などに磁気誘導の電気が流れて刺激されて、その結果、脊髄レベルの尿意中枢が刺激されて頻尿が改善するというものです。ところが、この理論にも疑問を感じます。磁気誘導された無機質の電気刺激が、それなりの意味を持った生理的な神経刺激と同じ振舞いをして、膀胱の過敏を抑制するという考え方に・・・、そんな都合のよいことがなぜ起きるのか?という疑問です。

ところが、この磁気刺激装置が厚労省から認可を得たということは、臨床治験を実施して過活動膀胱の治療に有為に効果が得られたということです。膀胱や尿道を含めた下部尿路に電気を通すと、尿失禁を伴うような強い頻尿が軽減するというのは、論理的に不思議な現象です。下部尿路の平滑筋や神経が電気刺激で今までの興奮を納めてくれるというのです。

表の理論にはない、本質的な理論が隠れて存在するのでしょう。膀胱平滑筋の緊張を緩める、α‐ブロッカーやβ3刺激剤や抗コリン剤やPDE5阻害剤(ザルティア)などの薬理作用・効果と同じ過活動膀胱を治療できる訳ですから、磁気刺激装置の作用も膀胱・前立腺の平滑筋の緊張を緩める効果があると考えても間違いないでしょう。

恐らく、あくまでも恐らくですが、磁気刺激で誘導された渦電流が、この病気で過剰反応している膀胱・前立腺の平滑筋を一時的に麻痺させているのかも知れません。そうすると、神経という正規のルートで入力侵入した病的電気刺激パルスが、膀胱・前立腺の平滑筋に拒否されるので、病的症状が改善するという論理です。私が実施している仙骨神経ブロックによる治療と似ているかも知れません。

Kura4ファラデーの法則だけが磁気刺激装置の治療根拠なのか?と考えながら、いろいろ調べてみると、磁力線による活水装置の解説を発見しました。
磁力線に直角に水流を流すと、水分子が細かくなるという原理です。化学で教わった水分子はH2Oは、それ単独フリーの状態で存在している訳ではなく、集団の塊で存在しています。その塊が大きい分子量であると、溶媒としての水の働きが低下します。水分子の大きな集団を細かい塊にしてあげるのが磁力線活水器なのです。
血液は、そのほとんどが水ですから、その水の分子が細かくなればなるほど、生体内の毛細血管内の血液本来の役目は十二分に発揮されるでしょう。すると膀胱や前立腺の内部環境は改善され、それが原因の症状も薄皮を剥ぐように改善するでしょう。

Jikiionさらに活水装置で水流内の様々な物質はイオン化し、水道管の状態を安定させます。
毛細血管内も同様の現象が起き、血流の改善と、生体にとって必要な物質のイオン化で活性化するでしょう。

今回の日本光電の磁気刺激装置は10Hzで磁力線の方向が逆転しています。10ヘルツは1秒間に10回ですから、0.1秒間に1回の間隔で磁力線の方向が変化しています。
血管内での血液の流れは、毎秒60cmですから、0.1秒に6cmの血流に磁場が掛かることになります。

この治療器の1回の治療時間は25分間ですから、25分×60秒×60cm=90000cm=900mの血流を活性化していることになります。0.1秒6cmの血流が約1ccの血液量と換算して、900m÷6cm=15000cc=15㍑という相当な量の血液を活性化しています。一人の人間の血液量は4㍑~5㍑ですから、1回の治療時間で全身の血液を3回~4回活性化していることになります。

|

« 磁気刺激装置 | トップページ | 前立腺結石 »

コメント

よろしくお願いいたします
3ヶ月前まで高橋クリニックにお世話になっていたものです お陰さまでだいぶ楽な生活を送っております。 今現在ペインクリニックにてソラナックスを飲んでいますがデパスより楽になります デパスより鎮痛作用が高いのですか?
【回答】
効果は人それぞれです。

投稿: | 2014/07/27 00:14

先生
大豆イソフラボンの治験結果はどうだったのでしょうか?
【回答】
大豆イソフラボンの治験を目的に来院される患者さんは皆無でした。
また長年苦しまれている方がほとんどなので、マイルドな大豆イソフラボンの投与だけの治療は医師として出来ませんでした。
よって、治験は中止しました。

投稿: 慢前 | 2014/08/07 13:47

高橋先生 宜しくお願いします
先生の治療を受けていましたがえ陰部や膀胱痛が常時復活していて とりあえず痛みを抑えたいのですが デパスは飲んでます心療内科でトリプタノールりリカなど処方してもらったほうがよいですか? それかペインクリニック受診など
【回答】
それぞれ試してみる価値はあると思います。

投稿: 慢前 | 2014/08/11 11:47

お忙しいなかすみません
どうぞよろしくお願いいたします

慢性前立腺炎の治療において
低周波 や 高周波 などの治療は
効果の期待はありますか?
【回答】
低周波治療はツボ刺激程度でしょう。
高周波治療は聞いた事がありません。」

今回導入された椅子の治療器具で
改善を感じられる方々の存在をしり
ご質問させて頂きました

投稿: | 2014/11/04 18:05

日頃からお世話になっている患者です。
高橋先生、2014年4月に開催された第102回泌尿器科学会の報告はないのでしょうか?
【回答】
予定はありません。

投稿: 患者 | 2014/12/03 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 磁気刺激装置 | トップページ | 前立腺結石 »