« 慢性前立腺炎に対する大豆イソフラボンの臨床治験募集 | トップページ | シアリスが排尿障害改善剤として承認されました!その名は「ザルティア」 »

大豆イソフラボンと一酸化窒素NOとの関係

排尿障害の治療薬としてのシアリスの登場で、一酸化窒素NOに対する考え方を改めた思いです。
大豆イソフラボンのアグリマックスの会社から、下記の文献を提供していただきました。
これを読むと、アグリコン型イソフラボンの平滑筋に関する作用機序にも一酸化窒素NOが関与している事が分かります。
Noisoflavone2summary
1. The aim of the present study was to assess the effects of isoflavone aglycones (IFA), containg 32.9%IFA,on the production of nitric oxide (NO) and systoric blood pressure (SBP) in stroke-prone spontaneously hypertensive rats (SHRSP).

2. twelve male SHRSP rats, aged 5 weeks, were used. Rats were devided into two groups: (ⅰ) the IFA group (n=6) ; and (ⅱ) the control group (n=6). Administration of IFA (20mg/kg equivalent of isoflavones) resulted in a significant decrease in SBP in the IFA-treated group compared with the control group.

3. Nitric oxide levels in the urine and serum were also significantly higher in the IFA-treated group than in the control group. Significantly higher levels of endothelial NO synthase with control group.

4. Isoflavone aglycones could decrease SBP significantly by increasing the formation of NO.

Noisoflavone【要約】
1. 本研究の目的は、卒中体質の本態性高血圧ネズミ(SHRSP)中の一酸化窒素(NO)の産生、および収縮期血圧(SBP)を介して、32.9%のIFAを成分としたイソフラボン・アグリコン(IFA)の影響を評価することであった。

2. 5週齢の12匹のオスの本態性高血圧SHRSPネズミが使用されました。ネズミは2つのグループへ分けられ
(ⅰ) IFAグループ(6匹)、(ⅱ)対照群(6匹)である。
IFA(イソフラボン20mg/kg相当量)の投与によって、対照群と比較して、IFA治療グループ中の収縮期血圧SBPの著しい減少という結果が得られた。

3. 尿中と血清中の一酸化窒素NOレベルは、対照群と比較して、IFA治療グループでさらに著しく高かった。また、対照群と比較して、内皮細胞のNOシンターゼ酵素活性が著しく高いレベルであった。

4. イソフラボン・アグリコンは、NOの産生を増加させることにより収縮期血圧(SBP)を著しく減少させることができた。

Nosynthetase【備考】
この図は、アミノ酸アルギニンから一酸化窒素を合成する模式図です。
カルシウムイオンの刺激により、NOシンセターゼ(シンターゼ)酵素が、アミノ酸アルギニンをアミノ酸シトルリンと一酸化窒素NOを合成することを示しています。
今回の研究論文の結果からは、大豆イソフラボン中のアグリコン型イソフラボンは、このNOシンセターゼ活性を高めて一酸化窒素NOの合成能力を高めるのです。
一酸化窒素NOは、平滑筋の緊張を緩め、さらに弛緩させますから、膀胱三角部や膀胱頚部、前立腺の平滑筋の興奮も抑えてくれるのです。
したがって、大豆イソフラボンが排尿障害が原因の慢性前立腺炎や間質性膀胱炎の治療に利用できる根拠になります。

これから短絡的に思いつくことは、アルギニン・大豆イソフラボン・シアリスの組み合わせ効果です。

|

« 慢性前立腺炎に対する大豆イソフラボンの臨床治験募集 | トップページ | シアリスが排尿障害改善剤として承認されました!その名は「ザルティア」 »

コメント

高橋先生
この論文からシアリスと大豆イソフラボンをあわせて服用したらより効果があるということになりますか?
【回答】
はい。

投稿: | 2014/01/10 12:15

いつもベタニス処方でお世話になっている20代のものです。この病気のせいか立ちが悪い時があり、とあるクリニックでシアリス10mgをいただいてますが、飲んだ後排尿すると明らかに出が違うことが多々ありました。勃起改善する薬だからと自己完結してましたが謎が解けました。しかし如何せん1錠が高額(医師の処方で1200円~)なんで気軽に手が出せないのが難点ですね。
こういう論文が発表されていけば数年後にはシアリスも処方が可能になるということに繋がるのでしょうか?
【回答】
今年の秋頃には、前立腺肥大症の排尿障害の薬剤として承認・認可される予定です。
薬剤の値段も、保険薬になって下がるらしいです。
規格も恐らく5mg錠になるでしょう。
ただし、若い方には保険では処方できないでしょう。
漢方製剤で外国では、Licarrinというサプリメントがシアリスと同じ作用(PDE5阻害作用)を持っているといいます。
アマゾンで個人輸入で購入できます。

投稿: | 2014/01/11 11:58

高橋先生のブログにもあります高気圧酸素カプセルによる治療は慢性前立腺炎症状の改善につながりますか?
【回答】
可能性はあります。』

近くのスポーツジムにあります 少し高いですが効果があるならチャレンジしたいです

投稿: | 2014/01/14 19:59

初めまして。現在31歳の女性です。
1歳半の子供がおります。

5年ほど前に細菌性の急性膀胱炎を発症したのをきっかけに1年ほど膀胱炎を繰り返しておりました。
症状は排尿後の痛むような感覚と常にある膀胱付近の違和感です。
定期的に泌尿器科にいき、尿検査をしましたが菌が出たり出なかったり。出ても微量でした。
エコーを一度しましたが問題なし。

色んな病院へ行き、間質性膀胱炎を診てくださる泌尿器科へも行きました。しかし、私の症状は弱いらしく特に頻尿の症状が無いため、それは否定され、膀胱粘膜が過敏になっているか冷えやホルモンが関係しているのだろうと漢方や念のために抗生剤やIPDカプセルも処方されました。
が、なんとなく痛むような感覚が消えることはありませんでした。

その後、結婚を機に仕事を辞めたのと同時に新たな泌尿器科へ行き安定剤のセルシンを処方されストレスと冷えに注意するように言われ様子を見ていたら症状が緩和しました。
薬は1ヶ月ほどで止めてみようと言うことで中止。
数ヵ月後、主人の仕事で海外(インド)に赴任することになったのですが1回も痛みが出ることはなかったです。

帰国後も妊娠出産を経て今まで症状が出ることはなく私も忘れていました。
そして去年1年間また海外へ。(ブラジル)
昨年末に帰国しました。

しかし、年明けに何年かぶりに風邪をひいたのをきっかけにあの膀胱付近が痛むような感覚が出てきたのです。
子供もまだ小さいため、遠方に赴くことが出来ず近くの内科婦人科で診ていただいたのですが
尿も綺麗で腟炎の検査も以上なし。
風邪で抵抗力が落ちていたり冷えたりのせいでは?と漢方のチョレイトウゴウシモツトウをいただきましたが現在服用後4日ですが変化なし。

年明けの流れとしては
1日、、発熱と喉の痛み
7日、、耳鼻咽喉科にて診察
    (グレースビット、ボンタール、ガストール処方される)
    この日から膀胱に違和感でる。
10日、再院。薬の副作用も視野に薬中止。
11日、内科婦人科にて尿検査。以上なし。
    併せて腟炎の検査。
13日、腟炎検査の結果出る。以上なし。
    漢方処方される。


そして現在に至ります。

私自身の変わったことと言えば

・ずっと無かった生理が3ヶ月前から再開した。
・海外から帰国。
・風邪をひいた。薬服用。
・日常的にとれない疲れ。ここ数週間疲労感をすごく感じる。
・現在、実家に居候中。主人はまだ海外で別々の生活。
・ストレスをすごく感じやすい。

これは以前の症状を振り返してしまったのでしょうか。
もしくわ慣れない育児や環境での生活によるストレスや体力の低下で弱い部分に症状がでたのでしょうか。

お恥ずかしながら、すごく心配性で気にしすぎる気質があります。痛みを感じてから常にそれが頭にあり他のことを考える余裕がなくなっています。気にしすぎでしょうか。


直接お伺いしご相談させていただきたいのですが
子供が小さいため、なかなか厳しい状態です。

宜しければ先生にご意見頂ければと
長々失礼いたしました。
【回答】
恐らくは、貴方が自覚しない排尿障害が存在し、その症状として慢性膀胱炎症状になるのでしょう。
排尿障害の治療をすれば、改善します。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cc/
をご覧下さい。

投稿: | 2014/01/16 09:37

長文、乱文の失礼なメールに関わらず
早速のお返事ありがとうございます。

やはり自覚を伴わないなにかがあるんでしょうか。
【回答】
はい。』

私のように通快したと思われても再び現れることもあるのでしょうか?
【回答】
はい。』

以前改善されたのは何故で、今回また現れたのはどうしてなのでしょか。
【回答】
慢性疾患だからです。』

排尿障害とのことですが
泌尿器科での診察では発見されることは難しいのですか?
【回答】
排尿障害の検査をすれば発見できます。』

いくつかの病院にて診察していただきましたが今まで指摘されたことはありませんでした。
やはり膀胱鏡検査でないとわからないのでしょうか。
【回答】
内視鏡検査をしなくても診断できます。』

症状が重くなく、生活に支障をきたすほどでないため、どうしても育児に追われ足が遠のいてしまいます。

先生ではないとやはり発見、治療は容易ではないのでしょうか。。
【回答】
泌尿器科医の基本的検査です。

投稿: | 2014/01/16 15:23

度々申し訳ありません。

ご解答内で、泌尿器科医の基本的検査とありますが何件かの泌尿器科では問診、排尿回数と1回量の記録観察、腹部エコーのみでした。
中には間質性膀胱炎を専門に、と診てらっしゃる医院も二軒ほどありました。

そのいずれにも問題なしと診断されたのですが検査が不充分だったのでしょうか?
何の検査をすれば発見していただけるのでしょう。
【回答】
尿流量測定検査(ウロフロメトリー)と残尿量測定検査です。』

高橋先生の元に赴きたいのですが
検査で原因がわかるのであれば近隣の泌尿器科にてすぐにでもして原因を知りたいです。

医師に相談してください、と思われるかもしれませんが
今まで診ていただいた中で排尿障害を指摘された事は一度もなく先の見えない状態に不安でいっぱいです。

投稿: | 2014/01/17 12:57

Licarrin Amazonでいくら検索しても出てこないのですがサイトを教えていただけませんでしょうか。
【回答】
以前は検索できたのですが、海外サプリメントなので出来ないようにされたのかも知れません。

投稿: | 2014/03/08 05:50

高橋先生こんにちは。
排尿障害があり、先生にベタニス、エブランチルを処方していただき大変調子が良く感謝している者です。

お薬と併用して昨年末から、アグリマックスを飲み不思議に体調も良く風邪引かなくなり、継続して飲んでいます。

そこで質問なのですが、夫(42歳)が先日健康診断にて、脂肪肝の指摘を受けました。食事に気を付けて、減らして行こうと思います。
同時に、アグリマックスも動脈硬化等にも効果(駄洒落じゃないです(>_<))があるようので、服用させ様と思うのですが、先生のご見解を教えて頂きたくメール致しました。

お忙しい中すみません。全く急ぎませんので
先生のご都合が良い時にでも、お返事下されば嬉しいです。
【回答】
動脈硬化に対しては男女関係なく大豆イソフラボンは効果的だと考えます。
ただ、患者さんによっては、大豆イソフラボンで血圧が高くなる方がいます。
理由が分かりませんが、1週間ほど服用してみて血圧に異常が出なければOKでしょう。

投稿: | 2014/09/21 09:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 慢性前立腺炎に対する大豆イソフラボンの臨床治験募集 | トップページ | シアリスが排尿障害改善剤として承認されました!その名は「ザルティア」 »