« 外来患者さんの内訳 | トップページ | 患者さんからのレポート#51 »

アミノ酸:グリシンの不思議な振舞い

2012年11月28日ベタニス発売1周年記念講演が、丸の内の東京会館で開催され参加しました。
その講演の講師の菅谷公男先生のお話に興味を引かれました。『膀胱の機能進化とその破綻による過活動膀胱』というテーマで、動物実験を中心に膀胱機能と病態生理に関して詳細な知見を得ることが出来ました。
膀胱の排尿抑制回路には、『GABAニューロン』と『グリシンニューロン』の2つの抑制回路が存在し、中枢神経回路と膀胱神経回路の間に介在し、複雑に影響しているとのこと。特にグリシンニューロンは膀胱の興奮を抑えるのに重要な働きをしているらしい。
膀胱に関連した病気、前立腺肥大症・過活動膀胱・間質性膀胱炎の患者さんの脊髄や血液中のグリシン濃度が健常人に比較して明らかに低下しており、動物実験で脊髄中にグリシンを投与すると、傷害された膀胱の機能が回復するのです。

動物実験と同じようにグリシンを人間の脊髄に頻繁に投与することは現実的ではありませんが、食事としてグリシンを十分に摂取すれば、血中・脊髄中のグリシン濃度が高くなり、膀胱(や前立腺)の興奮は抑えることが出来るかも知れません。
人間の体内タンパク質の3分の1がコラーゲンで、コラーゲンの3分の1が話題のグリシンというアミノ酸です。アミノ酸プリメントでグリシンは通販で容易に購入できます。慢性前立腺炎・前立腺肥大症・間質性膀胱炎・過活動膀胱の患者さんに「グリシン」というアミノ酸サプリメントは効果があるかも知れません。

もしも効果があるとすれば、これらの病気はある種の栄養失調(特定のアミノ酸欠乏症)ということにもなります。慢性の炎症・正体不明の感染症・心因性・アレルギー・原因不明の病気と思われていた病気が、単なる栄養失調だったとすれば、今までの医学は何だったのでしょう。

Epiduralpse動物実験のように脊髄中にグリシンを注入することは現実的には無理があります。しかし、仙骨神経ブロックの手技でグリシンを注入することは可能です。麻酔としての仙骨神経ブロックは、硬膜外麻酔の範疇に入ります。硬膜外麻酔は、脊髄膜の外側にある硬膜のさらに外側の硬膜外腔というスペースに麻酔薬を注入する手技です。硬膜は脊髄と直接は連絡してはいませんが、脊髄膜であるクモ膜が細かい枝状に分布していて硬膜外に注入した薬剤が少量ですが脊髄内に浸透していきます。ですから、外来処置として可能な仙骨神経ブロックの手技で脊髄内にグリシンを少量浸透させることは可能だと考えます。

【参考文献】
「脊損ラットにおけるグリシン経口投与の下部尿路機能に及ぼす影響」
著者名:宮里実, 菅谷公男, 西島さおり, 安次富勝博 (琉球大 医 泌尿器科)
資料名:日本脊髄障害医学会雑誌 Vol.17, No.1, Page146-147 (2004.04.01)
抄録:脊損ラットにおけるグリシン経口投与の下部尿路機能に及ぼす影響について検討した。ハロセン麻酔下に下部胸髄を完全切断した,Sprague-Dawley系メスラットを対象とし,膀胱の残尿,及び等容量性膀胱内圧測定を行った。その結果,0.1-1%グリシン添加食では残尿の増加はなかったが,3%では残尿が有意に増加した。このことは,0.1-1%では膀胱収縮と尿道収縮の両方を抑制し,3%では膀胱収縮をより強く抑制したことを示している。また,1%グリシン添加食では普通食と比較して,尿道基線圧が低く,グリシンの陰部神経核への関与も示唆された。以上のことより,グリシン経口投与による頻尿や排尿筋括約筋協調不全の改善効果が示された。

|

« 外来患者さんの内訳 | トップページ | 患者さんからのレポート#51 »

コメント

先生 グリシンとは薬局などで買えますか?

投稿: 患者 | 2012/11/28 12:53

大変興味がありますね。
高橋先生 この慢性前立腺炎という病気は外国人でも多いでしょうか? 世界的に多い人種などありますか?
【回答】
欧米人に多いことは分かっていますが、具体的には分かりません。
病名的には、慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群(CP/CPPS)で検索できます。

投稿: 薬剤師 | 2012/11/28 14:38

案外こういうのは当たってるかもしれないですね。何らかの影響でグリシンの吸収がよわいとか。できないとか…。(CP/CPPS)の患者の血液をとれば不足しているか否かわかるのでしょうか?
【回答】
分かるでしょう。』

また医療用のグリシンなどはありますか?
【回答】
ありません。』

ぐっすり寝れるアミノ酸っていうイメージはありますが。CP/CPPS が原因で睡眠障害だと思っていましたけど。どちらが先か不明ですが睡眠障害は愁訴としてたしかにあります。また詳しい解説期待しています。

投稿: スイカ | 2012/11/28 21:36

先生、さっそく最寄りのドラッグストアでグリシンのサプリメントを買ってきました。僕が買った物は1日1包でグリシンの成分が3000㎎摂取できるものです。そこで質問です。1日、3000㎎はチョッと多いでしょうか?それともOKですか?
【回答】
まだ分かりません。

投稿: 東京タワー | 2012/11/28 23:10

まだブログで紹介していただいて間もないのにいろいろ質問して恐縮ですが、いわゆる排尿障害患者のグリシンの血中濃度などは今まで測られたことはあるのでしょうか?
【回答】
ありません。』

そのような論文やデータはありますか?
【回答】
紹介した研究者の論文ではあります。』

また先生は今後血中濃度を調べたりされますか?
【回答】
研究施設ではないので出来ません。』

血中濃度が仮に低い場合、体内での生成ができない。あるいは外部から吸収ができない。
単純に摂取が少ない?など考えられますが、体内の生成に関してはどのような作用で生成されるのでしょうか?葉酸が関係しているというはいくつか読みました。
【回答】
この研究者の文献では、膀胱の異常な状態が続くことによりグリシン濃度が低下し、それが回復しなくなるというデータです。
摂取が少なくなったからではないでしょう。
グリシンニューロンが何らかの機能障害でグリシンを必要としなくなったので濃度が低下したのかも知れません。』

以前盲腸炎の患者の脊椎麻酔の相関関係を取り上げられていましたが、盲腸除去したそのこと、あるいは麻酔の後遺症でグリシン欠乏になることは考えられるでしょうか?
【回答】
脊椎麻酔は機能性排尿障害の原因であって、その状態が続いたためにグリシンニューロンが機能低下してグリシンが必要なくなったと考えられます。』

いろいろ検索してみるとグリシンと膀胱の論文は過去にも結構あるのだなとおもいました。現在まで、ほとんど無視されている状況をみると、あまり効果がなかったのかなとも思いますが、、、一喜一憂は疲れますが、この病気の解明につながってほしいと願っています。
【回答】
この講演会に参加した泌尿器科医のほとんどがグリシンについてほとんど知りません。
この研究自体は「オタク」的研究で見向きもされなかったのでしょう。
また、この研究者が東大ではなく琉球大学出身ということも影響しているかも知れません。

投稿: スイカ | 2012/11/29 19:20

排尿障害が原因でグリシンが低下するというのはどういう状況でしょうか?膀胱がグリシン生成に関係しているわけではないですよね?ストレス、不眠が続くと生成が少なくなるようですが、そう言う意味合いなのでしょうか?だとすると。この病気は単にグリシン不足、栄養失調という訳ではないということですね。あくまでも排尿障害が先だと。
【回答】
排尿障害で興奮した膀胱や前立腺を鎮めるためにグリシン抑制ニューロンは働きます。
しかし、排尿障害が長期間繰り返し継続すると、グリシン抑制ニューロンは疲弊(疲れ切る)し、ついにはグリシン抑制ニューロンは減少・消滅します。
グリシン抑制ニューロンがなくなれば、グリシンを作る必要はなくなり、グリシン濃度が低下します。
あるいは、グリシン産生システムが疲弊しグリシン濃度が低下するのかも知れません。』

ちなみに今日から私もグリシンを摂取し始めます。効果についてはここで報告しますね。

投稿: スイカ | 2012/11/30 22:22

高橋先生
頸部硬化症の状態が個人差あるとは思いますが 内視鏡手術とカテーテルバルーンでは 硬化が酷い場合が内視鏡手術 まだ軽いからカテーテルバルーンとはならないんでしょうか? 硬化の状態ではなく 患者さんの選択でしょうか?
【回答】
カテーテルで効果がなければ、内視鏡手術にという選択肢です。
治療する側も、できるだけ後遺症のない治療方法を選択したいです。

投稿: 渡辺 | 2012/12/03 13:02

先生、先生のカテーテルバルーンに期待してる患者さんは沢山いると思います。 気になるところは内視鏡手術だと例えば頸部出口が2ミリ以下のところが電気メスで軽く5ミリ以上に広がってますが
カテーテルバルーンでは内視鏡手術くらいの例えば5ミリ以上の出口の広さを確保できるのでしょうか?
【回答】
まだ治療を始めていません。

投稿: | 2012/12/03 19:20

先生、デパスを朝、夕、一日2回服用しております。調子が良い場合、1回にしてもいいのですか?
【回答】
もちろん。

投稿: | 2012/12/04 16:10

先生、早速のご回答有難うございます。リーゼというお薬の薬効はデパスとよく似ておるのでしょうか?何度もすみません、宜しくお願い致します。
【回答】
同じ系統の薬剤です。
リーゼの方がマイルドです。

投稿: | 2012/12/04 16:39

先生のデパスのブログの中に シャクヤクカンゾウトウの記述がありますが関連痛には効きますか?
【回答】
全ての治療はやってみなければ分かりません。

投稿: | 2012/12/04 19:05

慢性前立腺炎で膀胱頸部硬化症と先生に診断されて、現在は遠方に引越し、ハルナールを処方して頂いている者です。
お世話になる前より症状が半分くらいになり、現在もその程度が続いているといった感じです。
先生の記事と関係なく、某大手メーカーの通販でグリシンの試供品を数百円で購入し、続けて飲むか考えているところでした。
ですが、記事を読んでこの偶然に驚いております。
何かの縁と思い定期購入する事にします。
ちなみに月々5000円程度です。
【回答】
偶然ではなく必然かも知れませんね。

投稿: 遠方患者 | 2012/12/05 04:42

先生、ご回答ありがとうございます。

投稿: | 2012/12/05 07:34

先生、慢性前立腺炎=膀胱頸部硬化症だと夜間はとくにおしっこがでにくいですか?(昼間と比べて)
【回答】
症状は千差万別です。

投稿: | 2012/12/06 15:08

先生、有難うございます。

投稿: | 2012/12/07 11:44

グリシンを飲んで、2週間くらいでセッカチですが報告させて下さい。グリシンを飲む前がオシッコの勢いが70%だとすると、飲んでみて100%くらいに、なったように思います。もちろん、aブロッカー,デパス,ベタニスを飲んでの事です。先生、有益な情報発信をしてくださって、ありがとうございます。これからも、グリシンを継続して飲んでみようと思います。ちなみに、僕が飲んでいる物は、ファインのグリシン3000㎎、1日1包です。

投稿: 東京タワー | 2012/12/13 08:15

先生 ハルナールを飲んでますが 胃が痛くなる 荒れたりすることはありますか?
【回答】
人によってはあるでしょう。

投稿: | 2012/12/22 11:47

お世話になります
ハルナールは1日いつ服用してもよろしいですか?
私は昼食後にハルナール服用と言われました。
【回答】
1日1回であれば、いつでもOKです。

投稿: | 2013/01/23 09:31

お世話になります
先生が難治の間質膀胱炎に痛みが強い患者さんにステロイドを定期的に注射したら改善したケースをみました
慢性前立腺炎の患者さんで痛みが強い患者さんにはステロイド注射は効かないんでしょうか?
【回答】
間質性膀胱炎の患者さんの場合、明らかに膀胱粘膜に免疫過剰反応所見があったので治療可能でしたが、慢性前立腺炎症状の場合には、それがないので効かないでしょう。

投稿: よし | 2013/01/25 18:01

間質性膀胱炎と慢性前立腺炎は同じ膀胱頸部硬化が原因だから、ステロイドは効くのではないのですか?
【回答】
その考えは間違いです。
原因は同じでも、症状の発展具合が異なります。
間質性膀胱炎の膀胱粘膜の劇症型炎症症状の場合、明らかに免疫システムの暴走です。
ですから免疫抑制剤のステロイドが効果的なのです。
しかし、慢性前立腺炎の患者さんで内視鏡手術中の所見で、膀胱や前立腺粘膜に極端な炎症所見を認める患者さんに遭遇したことはありません。
つまり、免疫システムの暴走所見がないのですから、ステロイドを投与しても意味がありません。
例えば、転倒したことが原因で、すりむいた傷の人の治療と骨折の人の治療が同じである訳がないのと同じです。

投稿: | 2013/01/26 17:57

 なるほど、非常に納得しました。ありがとうございます。

投稿: | 2013/01/27 23:24

慢性前立腺炎症で煎じ漢方を処方してもらってます
一つお聞きします
漢方は煎じ薬でもツムラでも効果を感じるまである程度時間がかかりますか?
かかるとするならどのくらいで感じることが多いでしょうか?
【回答】
1ヵ月~3ヵ月です。
それで効果が出なければ、効果はありません。
漢方は体質改善だから時間がかかるというのは、夢物語です。
急を争う病気に対しては漢方薬が無力だということになってしまいます。
漢方薬の発祥の中国4000年前の時代は、慢性病にかかって苦しむ人はわずかで、ほとんどの人が急性の病気で亡くなられていました。
当時の平均寿命は30歳にもなっていません。
ですから、当時の漢方薬は一刻一秒を争う治療薬に他なりません。
そんな歴史のある漢方薬が「体質改善だ」といって悠長に時間がかかる薬剤である訳がないのです。

投稿: 漢方初心者 | 2013/01/29 07:54

ありがとうございました。
先生慢性前立腺炎で頸部硬化症以外の原因は何があるんでしょうか? あれば教えて下さい
【回答】
ないと信じています。

投稿: ゆし | 2013/01/30 14:51

先生神経因性骨盤臓器症候群をご存知でしょうか? 慢性前立腺炎と同じ症状ですが1【回答】
病名だけはいくらでも作ることは可能です。
この「神経因性骨盤臓器症候群」という病名を始め、慢性前立腺炎・間質性膀胱炎・慢性膀胱炎・慢性骨盤疼痛症候群・陰部神経症・前立腺症・前立腺疼痛症候群・下部尿路症・過活動膀胱・心因性頻尿・骨盤内静脈鬱血症候群・神経因性膀胱など全て同類だと私は考えます。

投稿: | 2013/01/31 11:24

高橋先生のブログに排尿障害があれば認知機能低下はよく知られたエビデンスだとあります 実際多くの自覚しない排尿障害のある人は将来的に認知症になりやすいでしょうか? また若い排尿障害の患者ほど将来認知症になりやすいでしょうか?
【回答】
お問い合わせのような明確なエビデンスはありません。

投稿: 中年男 | 2013/02/01 07:16

先生のブログの若い人の排尿障害の題の中学生二年生から会陰部痛がある人は一年半前はまだ一進一退だったそうですが未だに一進一退でしょうか?
時間的経過により痛みが緩和されることはないんでしょうか?
【回答】
どのページですか?

投稿: | 2013/02/03 08:15

先生のカテゴリーの慢性前立腺炎の手術の中の 若い人の排尿障害 という題の中学生二年生の慢性前立腺炎の方 一進一退の状態から未だに一進一退でしょうか?
【回答】
どのブログのテーマでしょうか?

投稿: | 2013/02/03 14:30

慢性前立腺炎のブログ⇒カテゴリー慢性前立腺炎の手術⇒題名 若い人の排尿障害2008年11月20日

の中にある当時中学生二年生の難治の方
先生が一進一退とおっしゃった方です

未だにやはり難しいんでしょうか?
【回答】
この患者さんは内視鏡手術も含めて、私が考えられるあらゆる治療法を行いましたが、改善しませんでした。
その間、大学病院にも行かれ、ドクターショッピングもされましたが治りませんでした。
現在、患者さんの希望で大学病院のペインクリニックに通院中です。

投稿: | 2013/02/04 12:55

先生 αブロッカーの飲み方ですがある程度コントロールできた場合は一日おきに飲むとか 2日おきに飲むとか自分で調整してもよろしいですか?
【回答】
OKです。

投稿: | 2013/02/07 07:49

上のものです 早い解答ありがとうございます
まだ少し痛みありますが実は私の主治医がハルナールはきが向いたときに飲めばとおっしゃったので 増悪しない範囲というのは最長高橋先生の経験上どのくらいまでありえますか?
【回答】
治る病気ではないので、生きている範囲です。

投稿: | 2013/02/07 13:23

先生αブロッカー エビランチルやハルナールは効き目ははやく出ますか?波はありますがハルナールを一日一錠服用して22日目で足付け根の痛み尿道痛若干エ陰部痛で全体的に20パーセントくらいしか改善してませんが 効果があると判断してよろしいですか?
【回答】
わずか22日間服用して効果が出ているではないですか。
2ヵ月、3ヵ月と続けるうちに、さらに効果が出ると思います。』

主治医は首をひねっていますαブロッカーはよく効くはずとおっしゃったので不安に思って
【回答】
全員が直ぐに効くとは限りません。
個人差があります。

投稿: | 2013/02/08 19:57

私はハルナールを服用して1ヶ月半くらいですが 日によってまだ症状ぶりかえしたりしますが 不安定な状態もありながら改善傾向にいくものでしょうか? よろしくお願いします
【回答】
可能性はあるでしょう。

投稿: | 2013/02/10 11:10

ハルナールを数カ月飲んでる者です。
頻尿症状・下腹部(たぶん膀胱あたり)の重い感じは、かなり軽減したのですが、最近、妙な癖がついてしまいました。
夜寝るときに、ふっと膀胱から尿が出てくる(降りてくる)ような感覚になるときがあるんです。
もちろん実際には出てきません。そのうち寝てしまってます。
日中はそんなことあんまり意識しないのですが、寝るときはどうしても気になる膀胱に意識がいってしまうせいかなと思うのですが、先生、どう思われます?
【回答】
関連痛と同じ錯覚です。
治療により症状が変化することがあります。
それまで存在しなかった症状が出現する事があります。
そのまま治療を続けると消えることもあります。
このブログにも治療中の症状の変遷について記載があります。
http://hinyoukika.cocolog-nifty.com/cp/2011/08/post-98ba.html#more
をご覧下さい。

投稿: CBX | 2013/02/17 09:19

ご返信ありがとうございます。

1、神経回路1番手が消えて抑え込まれてた神経回路による症状2番手が出てきてる
2、他の神経回路が出来て新しい症状が出てる
このどちらか、であろうということですね。

どっちかというと上記1、の方がありがたい感じがします。

ハルナールを続けて様子を見たいと思います。

投稿: CBX | 2013/02/17 15:42

先生、こんにちは。

最近、時間治療なる言葉を知りました。薬を飲む時間により効果が上がるというものですが、私が飲んでいるハルナールやアグリマックス(これはサプリメントですが・・・)なども、服用に最適の時間帯があるものですか?
【回答】
私には、そのような知見はありません。
現在は気にしないで結構です。

投稿: CBX | 2013/02/19 15:35

ご返信ありがとうございます。

了解であります。

投稿: CBX | 2013/02/20 23:19

先生のブログに 関連痛再発のしくみ にある理論で 臨床上先生の特殊な内視鏡手術でも再発を防ぎきれていないのでしょうか?
【回答】
経験上は総です。』

頸部に硬化組織が発生してしまうのはとめようがないのですか?
【回答】
傷が治る当たり前の過程では、仕方がない現象です。

投稿: 医療関係 | 2013/02/21 14:09

高橋先生の説明では、慢性前立腺炎の原因は、排尿障害とのことですが、逆に前立腺が炎症をおこし、浮腫んでいるから排尿障害がおこるということはないのでしょうか?
【回答】
急性前立腺炎の場合は明らかに浮腫を起こし、尿道を取り囲む前立腺が大きく圧迫するので排尿障害を起こします。
しかし、それは膀胱頚部硬化症による機能障害よる排尿障害とは異にするものです。

投稿: マッキー | 2013/02/22 11:53

高橋先生 内視鏡手術の後の尿道からカテーテルを抜く時に麻酔をして頂けませんでしょうか?
内視鏡経験者の方々が異口同音に死ぬほど痛いとおっしゃいます
【回答】
私の治療スタイルを変えるつもりはありません。
この程度のことで心配なら、私の治療を受けてはいけません。

投稿: 患者 | 2013/02/24 20:24

はじまして。お忙しいなかすいません。 慢性前立腺炎と診断されはや4ヶ月 別の泌尿器科にかかりやっとαブロッカーを処方されましたが ミノマイシンが出ましたが ミノマイシンは服用通常一週間でしょうか?どのくらいの期間だと効果は期待できますか? 長期だと副作用などがあるとききました
【回答】
抗生剤としてではなく、免疫調節剤として服用するなら月単位で服用を続けます。

投稿: Joe | 2013/02/28 07:41

高橋先生の内視鏡手術を受けたい患者です。
一週間近くのホテルに泊まって内視鏡手術を受けるのですが手術当日の夜間など急な痛み出血などの対応もされてるのでしょうか?
【回答】
近くのホテルに泊っていただく意味を考えてください。

投稿: 匿名 | 2013/03/24 07:10

宜しくお願いします

高橋知宏先生
ずはり典型的な慢性前立腺炎のエ陰部痛や尿道のピリピリ感 頻尿で診察にきた患者さんのうち頸部硬化症以外の患者さんはいますか?
【回答】
いません。

投稿: 中山 | 2013/03/27 17:21

ブログ文中の、グリシン注射を仙骨神経ブロックの要領で行うことは高橋クリニックで可能ですか?もしくはその予定はありますか?
【回答】
まだ行っていません。
ご希望があれば実施します。

投稿: | 2013/04/03 21:32

先生 αブロッカーのみで治療していますが 治療経過中に症状が悪化することもあるそうですが αブロッカーを飲みはじめてどの位の期間ででる傾向にありますか? 例えば2ヶ月後など
【回答】
特に決まっていません。

投稿: | 2013/04/06 17:29

3ヶ月して悪化した場合は様子見がいいのでしょうか? 薬を変えてみるほうがいいでしょうか?
【回答】
どちらもOKです。

投稿: | 2013/04/09 10:30

先生何度もすいません
αブロッカーのみで3ヶ月して悪化したことは治療経過中の一時的悪化だとしてもう少し半年とかのみながら経過観察してよろしいですか?
【回答】
OKです。

投稿: | 2013/04/09 20:56

グリシンの脊髄注射をした場合は費用はいくらかかりますか?
【回答】
治験ですから無料です。

投稿: | 2013/04/09 20:57

グリシン脊髄注射はどの位の頻度でどのくらいの期間うてばよろしいですか?
遠方の場合は先生のところの注射は無理でしょうか?
【回答】
週1回です。

投稿: | 2013/04/10 12:33

 高橋クリニックで可能なのですか?
【回答】
なにがですか?

投稿: | 2013/04/11 12:43

グリシンの脊髄注射の治験治療を始められたのでしょうか?以前バルーンで膀胱出口を広げる試みを紹介されていましたが、その後経過はどうでしょうか?またレポートしていただければ励みになります。
【回答】
件数が少なくてレポートできません。

投稿: スイカ | 2013/04/11 13:52

 すいません、グリシン注射のことです。やった方はいますか?
【回答】
まだいません。
あなたが第一号になりませんか?

投稿: | 2013/04/13 08:38

 グリシン注射の治験をやってもいいかなと思うのですが、何か副作用は考えられますか?
【回答】
思いつきません。

投稿: | 2013/04/22 22:15

グリシン注射の頻度は週に何回でしょうか?
【回答】
まずは週1回です。

投稿: | 2013/04/23 10:52

もう1つお聞きしたいんですが、僕ら患者の脊髄や血中のグリシン濃度を測ることは出来ますか?
【回答】
研究機関であればできるでしょう。
当院ではできません。

投稿: | 2013/04/23 13:29

 注射するグリシンは医療用のものですか?
【回答】
歯科の研磨剤として医療用のグリシンがあります。』

医療用のグリリンがそもそもあるのか疑問ですが。注射を頼む場合は事前に予約すればいいですか?
【回答】
はい。

投稿: | 2013/04/25 14:31

高橋先生こんにちは。お願いします。慢性前立腺炎患者さんブログには症状の変遷で盛り上がってますがアルファブロッカー治療のみで新しい症状が次々に出て来て結局はどれか一つ症状が残るんでしょうか?
【回答】
残る場合も消える場合もあります。

投稿: 桜庭 | 2013/05/30 08:32

サプリメントでグリシンの服用1ヶ月ですが 効果があらわれるのはどのくらいですか?
【回答】
1ヵ月服用して効果が得られなければ、効果は出ないでしょう。

投稿: | 2013/07/01 13:59

先生のブログでグリシンを紹介してから随分過ぎましたがグリシンの効果はどうでしょうか? だいたいどのくらいの患者さんに効果ありましたか?
【回答】
まだ誰一人実施していません。

投稿: | 2013/07/04 06:56

カテーテルバルーンはあまり効果がなかったそうですが先生膀胱頚部をバルーンで広げるだけでは痛み症状軽減しないが内視鏡手術で削らないと結局は改善しないということですか?
【回答】
20歳前後までの患者さんの場合は、膀胱頚部が比較的軟らかいのでバルーン治療が有効ですが、それ以上の場合は、膀胱頚部が硬くなるのでバルーン拡張では歯が立ちません。

投稿: | 2013/10/25 07:31

先生
慢性前立腺炎症にIPD治療薬は有効でしょうか?
【回答】
効果のある人もいるかも知れません。

投稿: | 2013/11/18 13:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 外来患者さんの内訳 | トップページ | 患者さんからのレポート#51 »